103件中 51 - 60件表示
  • 西口文也

    西口文也から見た福岡ソフトバンクホークス

    初登板:1995年8月16日、対福岡ダイエーホークス18回戦(福岡ドーム)、5回裏に2番手として救援登板、3回0/3を2失点西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た広島市民球場 (初代)

    初安打・初打点:2005年5月6日、対広島東洋カープ1回戦(広島市民球場)、3回表にトム・デイビーから中前2点適時打西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た和歌山市

    和歌山県和歌山市出身。愛称は「オツ」で、「(体型が)ジョセフ・オツオリに似ている」と現役時代に先輩に言われたことから。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た日本野球機構

    2015年は開幕二軍スタートとなったが、5月28日の巨人戦で一軍初登板を果たし、2年ぶりに先発したが4回4失点でKOされた。結局この1試合で二軍落ちとなった。9月23日に現役引退を表明した。フランチャイズ・プレイヤー歴21年は伊東勤の22年に次ぐ記録。11月5日に日本野球機構(NPB)より任意引退公示された。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た阪神タイガース

    初ホールド:2009年5月28日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に3番手として救援登板、1回無失点西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た阪神甲子園球場

    初ホールド:2009年5月28日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に3番手として救援登板、1回無失点西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た最優秀バッテリー賞

    最優秀バッテリー賞:3回 (1996年 - 1998年、いずれも捕手は伊東勤) ※3回は投手の最多記録。同一バッテリーでは史上最多・史上最長の3年連続受賞西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た2009年

    西武時代のかつてのチームメイトだった清原和博(なお、西口と清原は1995年と1996年の2年間チームメイトだった。)の死球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、清水隆行にスライダーを右翼席に本塁打されて快挙を逃した。1安打1死球、6-1の完投勝ち。清水を抑えて達成していたら交流戦初、西武ドーム初の達成者だった(のちにリック・ガトームソンが、日本人では杉内俊哉が交流戦初の達成者となった。ちなみに、西口と清水は2009年の1年間だけチームメイトになっている。)。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た西武ドーム

    に松坂がボストン・レッドソックスへ移籍し、層が薄くなった投手陣の中でリーダーとして期待され、5度目の開幕投手を務めて1999年以来の白星を記録。3・4月の月間MVPを初めて獲得した他、8月17日の対オリックス・バファローズ戦(グッドウィルドーム)に先発して、史上46人目の通算150勝を達成。9月18日の対オリックス戦では史上83人目の2000投球回を達成した。しかし6月以降の失速が響いて勝ち星は前年と同じ9勝(11敗)となり、プロ入り以来初めて負け越したシーズンとなった。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たフランチャイズ・プレイヤー

    西口 文也(にしぐち ふみや、1972年9月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(投手)。現役時代21年間全て西武に所属したフランチャイズ・プレイヤー西口文也 フレッシュアイペディアより)

103件中 51 - 60件表示

「西口文也」のニューストピックワード