103件中 61 - 70件表示
  • 西口文也

    西口文也から見た千葉マリンスタジアム

    また、西口は1996年の近鉄戦に8者連続三振、2006年には通算1500奪三振を記録し、要した投球回数1729イニングは史上48人の達成者の中で石井一久、江夏豊、川口和久に次ぐ4番目のスピード記録であり、右投げでは歴代1位である。1997年4月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)の2回裏に、史上4人目の1イニング4奪三振を記録している。2006年6月18日の対横浜ベイスターズ戦では12個の三振を奪い、1996年から11年連続で2桁奪三振試合を達成するというパ・リーグ新記録を樹立した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たベストナイン (日本プロ野球)

    は初の開幕投手を務める。9月には連投から中4日で登板するなど大車輪の活躍を見せ、最多勝・最多奪三振・最高勝率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・沢村賞・MVPを受賞した。しかし、日本シリーズでは好投するも2敗を喫した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    にはリーグ2位の16勝・173奪三振と最多完投を記録。オールスターにも監督推薦で初選出された。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た最高勝率 (野球)

    は初の開幕投手を務める。9月には連投から中4日で登板するなど大車輪の活躍を見せ、最多勝・最多奪三振・最高勝率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・沢村賞・MVPを受賞した。しかし、日本シリーズでは好投するも2敗を喫した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た東京ドーム

    2006年6月4日の対読売ジャイアンツ6回戦(東京ドーム)で8回2/3を2失点完投して(この試合は9回サヨナラ負け)以降、2011年8月28日の北海道日本ハムファイターズ17回戦(西武ドーム)で後述する「幻の完全試合」となった2005年8月27日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦以来の完封勝利を挙げるまで、先発での登板時に102試合連続で完投がなかった。この数字は、従来ケビン・ホッジスが持っていた81を大幅に更新する日本記録(当時)であった。後日、この記録について西口は、「おそらく、この記録は抜かれることはないと思いますから。どんなことでも記録として名前が残るのは、うれしいことです」と振り返っていたが、翌2012年には藤井秀悟が先発登板時に103試合連続完投なしとなり、西口の記録は1年あまりで更新された(藤井は2013年4月27日に完投勝利を挙げ、現在の日本記録は107試合である)。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た最多勝利

    は初の開幕投手を務める。9月には連投から中4日で登板するなど大車輪の活躍を見せ、最多勝・最多奪三振・最高勝率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・沢村賞・MVPを受賞した。しかし、日本シリーズでは好投するも2敗を喫した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たフォークボール

    キレの良いスライダーを代名詞としている。変化の大きいものから小さいもの、横変化の強いものや縦変化の強いものと様々な種類のスライダーを投げ分け、特に2ストライクに打者を追い込んでからは、時にフォークボールと見間違えられる程に鋭く縦に変化し、打者にスライダーを空振りしたのではなくフォークを空振りしたかのようなスイングをさせることがある。好調時には高い確率で打者の空振りを誘い、早いカウントの時は小さな変化でストライクを稼ぐというように使い分けている。速球はかつて150km/h以上(最速152km/h)を計測することもあったが、晩年は平均球速約138km/hに収まっていた。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た立正大学

    市立西和佐小学校から市立高積中学校までは遊撃手、外野手としてプレーしていたが、和歌山県立和歌山商業高等学校から投手を兼任し、立正大学入学後は投手に専念して活躍。1992年春季の東都2部リーグで最優秀投手賞を受賞している。以降準エース格の働きを見せ、1993年の秋季リーグで立正大学が2部優勝し、東京農業大学との入れ替え戦を制して東都1部に昇格している。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た京セラドーム大阪

    本塁打が出やすいと言われている東京ドームでは、1996年8月3日の対日本ハムファイターズ戦から2007年6月24日の読売ジャイアンツ戦(交流戦)まで11年間勝ち星から遠ざかっていた。その後2012年6月8日の読売ジャイアンツ戦でも5回1/3を1失点で勝利投手となったが、これが西口にとって東京ドームでの現役最後の勝利となった。逆に大阪ドームでは1997年の開場以来、先発登板した試合では2003年5月20日まで敗戦投手にはなっていなかった。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た「ジョージア魂」賞

    「ジョージア魂」賞:1回 (2011年度第10回)西口文也 フレッシュアイペディアより)

103件中 61 - 70件表示

「西口文也」のニューストピックワード