103件中 81 - 90件表示
  • 西口文也

    西口文也から見た和歌山県立和歌山商業高等学校

    市立西和佐小学校から市立高積中学校までは遊撃手、外野手としてプレーしていたが、和歌山県立和歌山商業高等学校から投手を兼任し、立正大学入学後は投手に専念して活躍。1992年春季の東都2部リーグで最優秀投手賞を受賞している。以降準エース格の働きを見せ、1993年の秋季リーグで立正大学が2部優勝し、東京農業大学との入れ替え戦を制して東都1部に昇格している。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たIBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞

    IBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞:1回 (1997年)西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たプロ野球選手

    西口 文也(にしぐち ふみや、1972年9月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(投手)。現役時代21年間全て西武に所属したフランチャイズ・プレイヤー。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たジョージア魂賞

    は開幕当初6人目の先発要員となり、試合数の少ない週はしばしば登板機会を飛ばされた。前半戦は不安定な投球で負け越していたが8月以降は7勝1敗防御率2.00と不調の先発陣を牽引し、終盤には最終戦まで中5日での登板が続けられるように優先して先発ローテーションが組まれるほどになった。8月28日には2006年以来となる完投勝利を2005年以来の完封で飾り、自身の先発登板連続無完投記録(102試合で当時の日本記録)に終止符を打った。この試合により、ジョージア魂賞も受賞。10月12日には2005年以来、実に6年ぶりの2桁勝利を挙げ、迎えた10月18日の最終戦に先発、8回2失点140球の熱投で勝利しチームを最下位からのクライマックスシリーズ進出へと導いた。最終的に規定投球回には4イニング足らず僅かに届かなかったもののチームトップの11勝を挙げ、防御率も2.57と数年の不調から復活したシーズンとなった。日本ハムとのクライマックスシリーズ1stステージ第2戦では7回0/3を1失点に抑える快投を見せ、ポストシーズン通算10試合目にして念願の初勝利を挙げると共に、チームの2ndステージ進出を決めた。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た完全試合

    西口は、「完全試合またはノーヒットノーラン達成まであと一歩」のところで安打を打たれて完封・完投どまりになった事が3度ある。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た福岡ドーム

    初登板:1995年8月16日、対福岡ダイエーホークス18回戦(福岡ドーム)、5回裏に2番手として救援登板、3回0/3を2失点西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たハンファ・イーグルス

    2016年1月、2016年3月から4月の間、台湾の統一ライオンズ臨時コーチ就任が発表される。その前の同年2月、韓国プロ野球のハンファ・イーグルスで臨時コーチを務める。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た横浜DeNAベイスターズ

    また、西口は1996年の近鉄戦に8者連続三振、2006年には通算1500奪三振を記録し、要した投球回数1729イニングは史上48人の達成者の中で石井一久、江夏豊、川口和久に次ぐ4番目のスピード記録であり、右投げでは歴代1位である。1997年4月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)の2回裏に、史上4人目の1イニング4奪三振を記録している。2006年6月18日の対横浜ベイスターズ戦では12個の三振を奪い、1996年から11年連続で2桁奪三振試合を達成するというパ・リーグ新記録を樹立した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たスーシティ・エクスプローラーズ

    にアメリカの独立リーグ「ノーザンリーグ」のスーシティ・エクスプローラーズに野球留学し、後の決め球となるチェンジアップを習得。後半戦で初完投・初完封勝利を記録。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た防御率

    防御率十傑入り連続:7年(1996年 - 2002年) ※史上8人目西口文也 フレッシュアイペディアより)

103件中 81 - 90件表示

「西口文也」のニューストピックワード