前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • 西宮市

    西宮市から見た西宮神社西宮神社

    プロ野球・阪神タイガースの本拠地である阪神甲子園球場や毎年1月9日から11日の十日戎で「福男選び」の神事を行うことでも知られる西宮神社が所在している。西宮市 フレッシュアイペディアより)

  • さくら夙川駅

    さくら夙川駅から見た西宮神社西宮神社

    駅名が「さくら夙川」に決まる前には、近隣にある大学の学識者からはえびす宮総本社の西宮神社が近くにあることから「戎前」という候補が挙げられた。実際に十日戎や初詣では乗降客が多い。さくら夙川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神バス

    阪神バスから見た西宮神社西宮神社

    阪神西宮南口 → 浜松原町 → 白鹿博物館 → 泉町 → 戎神社前 → 阪神西宮南口(循環)阪神バス フレッシュアイペディアより)

  • 阪神本線

    阪神本線から見た西宮神社西宮神社

    尼崎駅から武庫川駅までは1990年代に高架化された区間であるが、旧来の線路に沿って高架化したため、この区間も北へ南へと蛇行しながら進む。武庫川橋梁に設けられた駅である武庫川駅の手前で漸く初めて踏切を通過、そして武庫川駅(橋梁)を過ぎると、かつては地上区間だった名残で一旦地平に下りる。2017年に武庫川駅から甲子園駅まで高架化されたが、武庫川線との連絡線が分岐する武庫川信号場だけは高架化されなかったためこの僅かな区間のみ地平で、武庫川信号場を過ぎると再び高架線を上る。鳴尾駅は高架化され、新しいホームへと移った。甲子園駅も高架化に併せて大掛かりな駅改良工事が行われ、ホーム幅は従来のほぼ倍となるなど大きく変貌を遂げた。甲子園駅を過ぎると、甲子園球場を南側に見つつ、名神高速道路を潜るため一旦地平に下りて久寿川駅を通過、その後は急勾配で再び高架線を上り、阪急今津線との接続駅である今津駅に着く。線路は廃止された西宮東口駅のホーム遺構を横目に西宮駅へと続き、西宮戎神社の最寄駅でもある西宮駅に着く。そのまま香櫨園駅を過ぎて、西宮市と芦屋市の市境にある堀切信号場まで高架線が続く。阪神本線 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急バス伏尾台営業所

    阪急バス伏尾台営業所から見た西宮神社西宮神社

    兵庫県西宮市の「西宮戎」こと西宮神社で、毎年1月10日前後に行われる例祭「十日えびす」への参拝客向けの臨時路線の一つ。2010年から、川西バスターミナル発着分を担当している(同年は11往復)。2013年以降は運行されていない。阪急バス伏尾台営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 桐生西宮神社

    桐生西宮神社から見た西宮神社西宮神社

    明治34年(1901年)11月20日に、えびす総本社である兵庫県西宮市の西宮神社から分霊勧請される。桐生西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急バス伊丹営業所

    阪急バス伊丹営業所から見た西宮神社西宮神社

    西宮市内にある西宮戎や門戸厄神東光寺において、毎年1月に大祭が行われる日に限り、伊丹方面から臨時のバスが運行される。経路は、1998年12月まで運行されていた伊丹西宮線(86系統)のものを引き継いでおり、国道171号上では豊中西宮線(96・97系統)と並行する。阪急バス伊丹営業所 フレッシュアイペディアより)

  • えびす

    えびすから見た西宮神社西宮神社

    「えびす」の最初の記録は平安時代末期の『伊呂波字類抄』(三巻本)である。そこには広田神社の末社として10社が列記される中に「夷 毘沙門」「三郎殿 不動明王」の2社があり、夷と三郎はまったく別の神であった。少し時代が下がって鎌倉時代初頭の『諸社禁忌』には「衣毘須 不動」「三郎殿 毘沙門」とあり、両者の本地仏が入れ替わっているが、これはどちらかが単なる誤りなのか、新説として後から修正されたということなのか、もとから両説が併存していたのかはわからない。が、次第に両者が混同されて「夷三郎」という神格ができていく過程が窺われる。この広田神社の末社という2社が統合されたのが現在の西宮神社の前身と考えられている。また、これらの記述から、初期にはその本地仏は毘沙門天や不動明王とされていたことがわかる。古代では「荒々しい神」として信仰されていたのである。えびす フレッシュアイペディアより)

  • 門松

    門松から見た西宮神社西宮神社

    兵庫県西宮市の西宮神社では、十日えびすの宵宮で市中を巡幸するえびす様に葉先があたらないよう、松を下向きに付け替えて「逆さ門松」にする。地域の言い伝えにより松を使わない所もある。東京都府中市の大國魂神社では、「待つ」に通じることから、境内には松の木が1本もなく、府中では門松に松を用いない慣習が残っている。千葉県市原市の姉埼神社やその氏子も同様に松を嫌って「門榊」を飾る。兵庫県神戸市の生田神社では、水害で倒れた松の木が社殿を壊したとの言い伝えがあり「杉盛り」を飾る。門松 フレッシュアイペディアより)

  • 廣田神社

    廣田神社から見た西宮神社西宮神社

    廣田神社を中心とする神社群は、京から西国方向を目指す街道上にある神社ということで「西宮」(にしのみや)とも呼ばれていた。「西宮」の語は、後に廣田神社の神郷一帯(現在の神戸市東部から尼崎市西部まで)を指すようになったが、行政区画では廣田神社が武庫郡大社村、戎社(現・西宮神社)が西宮町となり、現在は町村合併により西宮市に含まれている。えべっさんで有名な西宮神社は元は広田の摂社、浜南宮で、西宮神社境内の南宮神社がその原型といえる。廣田神社 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「西宮神社」のニューストピックワード