73件中 11 - 20件表示
  • 阿部祐二

    阿部祐二から見た西宮神社西宮神社

    2011年1月10日に西宮神社で行われた福男選びの抽選で赤のくじを当て、見事最前列の108人枠からスタートを切った。阿部祐二 フレッシュアイペディアより)

  • JR神戸線

    JR神戸線から見た西宮神社西宮神社

    沿線には生田神社や西宮神社などの社寺がある。アーバンネットワークエリアでは一部の線区・区間をのぞいて大晦日から元日にかけて終夜運転が実施されている。2011年度では西明石駅 - 京都駅間で普通を約20 - 30分間隔で、西明石駅 - 姫路駅間で普通を約60 - 90分間隔で運転していた。1999年度までは京都駅から奈良線を経由して奈良駅まで運転されていたが、2000年度から奈良線への乗り入れを終了している。西明石駅 - 姫路駅間の終夜運転は、2001年度から行われている。JR神戸線 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮戎神社

    西宮戎神社から見た西宮神社西宮神社

    西宮戎神社 フレッシュアイペディアより)

  • えびす総本社

    えびす総本社から見た西宮神社西宮神社

    えびす総本社 フレッシュアイペディアより)

  • 柳原蛭子神社

    柳原蛭子神社から見た西宮神社西宮神社

    西宮神社と同じく毎年1月10日の前後の3日間行われる。柳原蛭子神社 フレッシュアイペディアより)

  • 箕借り婆

    箕借り婆から見た西宮神社西宮神社

    旧暦の12月8日や2月8日は民俗行事の事八日にあたり、かつては物忌みとして仕事をせず、家に籠もっている地方が多かった。千葉県南部では、旧暦11月26日から約10日間を「ミカワリ」または「ミカリ」という物忌みの期間として、夜の外出や山に入ることを忌み、家の中での大きな音、点灯、結髪、入浴などを避けて静かに過ごす。関東ではないが兵庫県の西宮神社や徳島県木頭村(現・那賀町)でも、祭りの前の物忌みをミカリと呼ぶ。このように祭事のための家籠もりや物忌みが、化け物が現れるから家に籠もると解釈されるようになり、その化け物が箕借り婆や一つ目小僧と解釈されたと考えられている。また「ミカリ」は、祭事にあたって通常とは異なる状態をもって物忌みに服すことを意味する「身変わり」が由来ともいわれる。箕借り婆 フレッシュアイペディアより)

  • 中世日本紀

    中世日本紀から見た西宮神社西宮神社

    『太平記』によるとヒルコは西宮大明神であるという。この説は代々『日本書紀』の解釈を家業とした卜部氏の卜部兼員が語ったものだとされている。また、『平家物語』、『源平盛衰記』、『古今和歌集序聞書三流抄』、『神道集』などでは、摂津国に流れ寄り「夷三郎殿」となった、天照大神により西宮を与えられたなど、ヒルコ=えびす説が広がりを持って語られている。中世日本紀 フレッシュアイペディアより)

  • 事代主神社 (新上五島町)

    事代主神社 (新上五島町)から見た西宮神社西宮神社

    明和8年(1771年)に社殿を造営し、摂津西宮神社より事代主神(恵美須神)を勧請した。この頃より、社号を恵美須神社とするようになったと思われる。文化3年(1806年)に社殿が風波にさらわれ流出し、再建するも文久元年(1862年)火災により全焼した。事代主神社 (新上五島町) フレッシュアイペディアより)

  • 堀川戎神社

    堀川戎神社から見た西宮神社西宮神社

    大阪市内および近畿一円では、大阪市内南部の今宮戎神社および兵庫県の西宮戎神社などと共に商売繁盛の神様として知られている。「堀川のえべっさん」として知られ、毎年1月9日から11日にかけて十日戎(とおかえびす)が開催される。堀川戎神社 フレッシュアイペディアより)

  • どこでもパス

    どこでもパスから見た西宮神社西宮神社

    阪神全線と神戸高速鉄道の全線で有効な一日乗車券である。また年末年始に発売されるどこでもパスは西宮神社、生田神社、湊川神社、長田神社の初詣祈念品授与券が付いている。またこの乗車券を提示する事でホール・オブ・ホールズ六甲と六甲山人工スキー場の入場料が割引される。どこでもパス フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「西宮神社」のニューストピックワード