91件中 21 - 30件表示
  • どこでもパス

    どこでもパスから見た西宮神社西宮神社

    阪神全線と神戸高速鉄道の全線で有効な一日乗車券である。また年末年始に発売されるどこでもパスは西宮神社、生田神社、湊川神社、長田神社の初詣祈念品授与券が付いている。またこの乗車券を提示する事でホール・オブ・ホールズ六甲と六甲山人工スキー場の入場料が割引される。どこでもパス フレッシュアイペディアより)

  • 桐生ゑびす講

    桐生ゑびす講から見た西宮神社西宮神社

    桐生市の中心部に位置する西宮神社で、毎年11月19日から20日にかけて行われる。参道(恵比寿通り)や、山手通り・本町通りの一部が歩行者天国となる。19日が宵祭り、20日が本祭りであり、西宮神社本社から献幣使を迎えて祭典を執り行う。桐生ゑびす講 フレッシュアイペディアより)

  • 乙馬氏

    乙馬氏から見た西宮神社西宮神社

    乙馬家は、摂津国西宮村の発足と同時に出来た姓である。戦国時代、安土桃山時代、慶長、元和、寛永までは、西宮市如意寺過去帳で確認出来る。寛永以降から現在までは他寺で記されているが、文禄4年(1595年)以前の家系図などは不明である。西宮神社成立後、兵庫岬(輪田岬)へ御神幸をお迎えして西宮神社:「えびす総本社」(西宮のえべっさん)・廣田神社に御祭りする御祭日(夏祭御神幸)に騎馬で御供奉するのが乙馬家の役目であった。乙馬氏 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮戎駅

    西宮戎駅から見た西宮神社西宮神社

    兵庫県西宮市にある阪神本線西宮駅の通称。西宮神社で十日戎の祭事がある際、同駅がその最寄り駅であることを強調するため、このように駅名案内などで呼ばれることがある。西宮戎駅 フレッシュアイペディアより)

  • 箕借り婆

    箕借り婆から見た西宮神社西宮神社

    旧暦の12月8日や2月8日は民俗行事の事八日にあたり、かつては物忌みとして仕事をせず、家に籠もっている地方が多かった。千葉県南部では、旧暦11月26日から約10日間を「ミカワリ」または「ミカリ」という物忌みの期間として、夜の外出や山に入ることを忌み、家の中での大きな音、点灯、結髪、入浴などを避けて静かに過ごす。関東ではないが兵庫県の西宮神社や徳島県木頭村(現・那賀町)でも、祭りの前の物忌みをミカリと呼ぶ。このように祭事のための家籠もりや物忌みが、化け物が現れるから家に籠もると解釈されるようになり、その化け物が箕借り婆や一つ目小僧と解釈されたと考えられている。また「ミカリ」は、祭事にあたって通常とは異なる状態をもって物忌みに服すことを意味する「身変わり」が由来ともいわれる。箕借り婆 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮中央通商店街

    西宮中央通商店街から見た西宮神社西宮神社

    普段は静かな商店街であり、買い物客は同商店街内のグルメシティやエビスタ西宮に流れたりしている。また、この商店街の西側には、西宮神社があることから祭りの屋台が出たり、店が祭りに参加したりとにぎやかである。その時の人通りは、身動きがとれないほどである。商売繁盛、招福、人形芝居のまちとしても様々なイベントをおこなっています。ご当地ゆるキャラの「ふくみみ福ちゃん」など商店街を盛り上げるために日々、がんばっています。西宮中央通商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 戎神社 (三木市)

    戎神社 (三木市)から見た西宮神社西宮神社

    西宮神社から勧請されて創建された神社であるが、創建年はは不明であり、当初は極楽寺境内に位置していたのが、1878年3月18日に現在の場所に移築されたが、移築当初は空き地に小さな建物程度であった。戎神社 (三木市) フレッシュアイペディアより)

  • 新聞記事 (落語)

    新聞記事 (落語)から見た西宮神社西宮神社

    「盗人がパッと切り込んで来たとこをオッサンが……そう、西宮かわしよったんや」「あんなもンかわせるかィ」「ほれ、西宮に有名なもンがあるやろがな」「えべっさんか?」「えべっさんの手ェに持ったある……」「釣り竿や」「釣り竿の先の方」「テグスか?」「テグスのまだ先や」「浮き?」「まだ先や」「重り?」「もうちょっと先」「針か?」「針に付いてるもンや」「餌か?」「どつく(=殴る)で、ホンマに。餌に食らいついとる、赤い大きい魚が」「そら、鯛やろ」「……体をかわしよったんや。ほんで、盗人を土間へダーンと叩き付けて、仰向けにひっくり返ったとこ、オッサン、盗人のとこへ夜這いに行たんや……ところが盗人、懐へ手ェ突っ込むと、かねて用意のガマ口で……下から、おやっさんのシンネコついたんや。いや、そやあらへん。シントラでもなし、シンサルでもなし……ああ、お前、鼻の長いの知ってるか」「鼻の長いのなら天狗さんじゃろ」「シンテング。こらちゃうわ。それ、あの動物園におる」「あんじょう物言え。そら象やろが」「ああ。そうそう。心臓。ああ、シンゾ(=しんど)。この話、聞いたか?」新聞記事 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 戎座人形芝居館

    戎座人形芝居館から見た西宮神社西宮神社

    西宮神社の境内には、人形操りの祖神が祭られている。「えびすかき(夷かき)」というのは、箱の上で、一人で人形を操るもので、文楽や淡路人形浄瑠璃の祖形とされている。また、傀儡師たちは、人形芝居を行いながら、全国を行脚したが、その源流は、えびす信仰の中心であった西宮神社にあった。戎座人形芝居館 フレッシュアイペディアより)

  • 森村宗市

    森村宗市から見た西宮神社西宮神社

    生前 えべっさんの本家である西宮神社の吉井宮司とも親交が深く、著書「宇宙の年輪を読む」に吉井宮司より寄与された挿絵がある。森村宗市 フレッシュアイペディアより)

91件中 21 - 30件表示

「西宮神社」のニューストピックワード