73件中 31 - 40件表示
  • 月岡雪鼎

    月岡雪鼎から見た西宮神社西宮神社

    「武者と比丘尼図」 板地着色 西宮神社所蔵 明和3年月岡雪鼎 フレッシュアイペディアより)

  • おかめ

    おかめから見た西宮神社西宮神社

    「おふく」は、室町時代(14世紀 - 16世紀)にはすでに出現していた大道芸、新春の予祝芸能を行う門付芸「大黒舞」で、大黒天を中心に、えびすの面を覆った人物とともに、同様に覆面で、連れ立って現れたキャラクターである。「おふく」という名称は、とくに江戸時代初期(17世紀)に大坂(現在の大阪府大阪市)で生まれた文楽でとくに使用されるもので、文楽人形の首(かしら)の一つの名称でもある。下女、あるいは下級・端役の女郎役のものである。近松門左衛門の浄瑠璃『傾城反魂香』(1708年)にも、「姫君はさて置き、たとへ餅屋の御福でも」というフレーズで、姫君と「餅屋の御福」を比較し、つまり餅屋の店員の不細工な女であっても、という扱いで登場している。1712年(正徳2年)の銘がある『七福神戯遊之図』には、七福神に加えて、布袋に酌をする8体目の女神が描かれており、これが「お福」または「乙御前」であるとの説明書きが付随しているという。文化年間(1804年 - 1817年)に発表された『街談文々集要』によれば、「お福」は父を「福寿」、母を「お多福」とし、「西ノ宮夷」(現在の西宮神社、兵庫県西宮市)支配下の「叶福助」の妻だという設定が記載されている。宮田登によれば、近世に流行する、福助、お多福、福太郎、福太夫、そして「お福」は、狂言の世界には先行して登場しているという。同じころ、京都の陶芸家・仁阿弥道八が、「お福」の土人形をつくっている。おかめ フレッシュアイペディアより)

  • 富岡八幡宮 (横浜市)

    富岡八幡宮 (横浜市)から見た西宮神社西宮神社

    建久年間(1190年?1199年)源頼朝が摂津国難波の蛭子神(恵比寿神。西宮神社の末社のものと言われる。)を勧請して創建、安貞年間(1227年?1229年)に八幡神が合祀されたという。八幡宮の山が応長の大津波から富岡地区を守ったことから「波除八幡」の別名を持つ。なお、東京深川の富岡八幡宮は分社である。富岡八幡宮 (横浜市) フレッシュアイペディアより)

  • 乙馬氏

    乙馬氏から見た西宮神社西宮神社

    乙馬家は、摂津国西宮村の発足と同時に出来た姓である。戦国時代、安土桃山時代、慶長、元和、寛永までは、西宮市如意寺過去帳で確認出来る。寛永以降から現在までは他寺で記されているが、文禄4年(1595年)以前の家系図などは不明である。西宮神社成立後、兵庫岬(輪田岬)へ御神幸をお迎えして西宮神社:「えびす総本社」(西宮のえべっさん)・廣田神社に御祭りする御祭日(夏祭御神幸)に騎馬で御供奉するのが乙馬家の役目であった。乙馬氏 フレッシュアイペディアより)

  • 門前町

    門前町から見た西宮神社西宮神社

    西宮 - 兵庫県西宮市 - 西宮神社、廣田神社門前町 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮郵便局

    西宮郵便局から見た西宮神社西宮神社

    西宮神社(西宮えびす)西宮郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • エビスタ西宮

    エビスタ西宮から見た西宮神社西宮神社

    西宮神社のえべっさんと、駅のステーションからエビスタと名付けられた。エビスタ西宮 フレッシュアイペディアより)

  • 門戸厄神東光寺

    門戸厄神東光寺から見た西宮神社西宮神社

    1月の厄除大祭の際には阪急伊丹から国道171号上の阪急門戸停留所まで、阪急バスの臨時路線が運行される(この他1月は川西バスターミナル・阪急伊丹と西宮戎を結ぶ臨時バスもあり、こちらも阪急門戸停留所に停車する)。門戸厄神東光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮北口駅

    西宮北口駅から見た西宮神社西宮神社

    開業時から戦中にかけては、西宮神社および廣田神社の最寄り駅として、西宮戎臨時駅が隣の夙川駅との間に設けられていたことがあった。西宮北口駅 フレッシュアイペディアより)

  • 戎神社 (三木市)

    戎神社 (三木市)から見た西宮神社西宮神社

    西宮神社から勧請されて創建された神社であるが、創建年はは不明であり、当初は極楽寺境内に位置していたのが、1878年3月18日に現在の場所に移築されたが、移築当初は空き地に小さな建物程度であった。戎神社 (三木市) フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「西宮神社」のニューストピックワード