91件中 51 - 60件表示
  • 大垣祭

    大垣祭から見た西宮神社西宮神社

    1679年(延宝7年)、戸田氏西公が恵比須神を祀るにあたり、摂津の広田神社に祀られている西宮の恵比須神に、人を派遣し祈願したといわれる。大垣祭 フレッシュアイペディアより)

  • えびす講

    えびす講から見た西宮神社西宮神社

    兵庫県 - 西宮神社(西宮市)、柳原蛭子神社、福海寺(柳原大黒)、長田神社、海神社(神戸市)、射楯兵主神社(姫路市)えびす講 フレッシュアイペディアより)

  • 傀儡子

    傀儡子から見た西宮神社西宮神社

    西宮神社近くに傀儡師故跡があり、首から箱を下げた傀儡師の半身像が建てられている。傀儡師が人形芝居の元祖であると言われていることから、西宮市内に戎座人形芝居館もある。傀儡子 フレッシュアイペディアより)

  • おかめ

    おかめから見た西宮神社西宮神社

    「おふく」は、室町時代(14世紀 - 16世紀)にはすでに出現していた大道芸、新春の予祝芸能を行う門付芸「大黒舞」で、大黒天を中心に、えびすの面を覆った人物とともに、同様に覆面で、連れ立って現れたキャラクターである。「おふく」という名称は、とくに江戸時代初期(17世紀)に大坂(現在の大阪府大阪市)で生まれた文楽でとくに使用されるもので、文楽人形の首(かしら)の一つの名称でもある。下女、あるいは下級・端役の女郎役のものである。近松門左衛門の浄瑠璃『傾城反魂香』(1708年)にも、「姫君はさて置き、たとへ餅屋の御福でも」というフレーズで、姫君と「餅屋の御福」を比較し、つまり餅屋の店員の不細工な女であっても、という扱いで登場している。1712年(正徳2年)の銘がある『七福神戯遊之図』には、七福神に加えて、布袋に酌をする8体目の女神が描かれており、これが「お福」または「乙御前」であるとの説明書きが付随しているという。文化年間(1804年 - 1817年)に発表された『街談文々集要』によれば、「お福」は父を「福寿」、母を「お多福」とし、「西ノ宮夷」(現在の西宮神社、兵庫県西宮市)支配下の「叶福助」の妻だという設定が記載されている。宮田登によれば、近世に流行する、福助、お多福、福太郎、福太夫、そして「お福」は、狂言の世界には先行して登場しているという。同じころ、京都の陶芸家・仁阿弥道八が、「お福」の土人形をつくっている。おかめ フレッシュアイペディアより)

  • 阪急バス石橋営業所

    阪急バス石橋営業所から見た西宮神社西宮神社

    池田・豊中・尊鉢以外の停留所には時刻表が掲出されないので、利用の際は注意が必要。この点は、阪急伊丹などから臨時運行される西宮戎・門戸厄神方面系統と共通する。阪急バス石橋営業所 フレッシュアイペディアより)

  • ヒルコ

    ヒルコから見た西宮神社西宮神社

    流された蛭子神が流れ着いたという伝説は日本各地に残っている。『源平盛衰記』では、摂津国に流れ着いて海を領する神となって夷三郎殿として西宮に現れた(西宮大明神)、と記している。日本沿岸の地域では、漂着物をえびす神として信仰するところが多い。ヒルコとえびす(恵比寿・戎)を同一視する説は室町時代からおこった新しい説であり、それ以前に遡るような古伝承ではないが、古今集注解や芸能などを通じ広く浸透しており、蛭子と書いて「えびす」と読むこともある。現在、ヒルコ(蛭子神、蛭子命)を祭神とする神社は多く、和田神社(神戸市)、西宮神社(兵庫県西宮市)などで祀られているが、恵比寿を祭神とする神社には恵比寿=事代主とするところも多い。ヒルコ フレッシュアイペディアより)

  • 今宮町

    今宮町から見た西宮神社西宮神社

    今宮の地名は、西宮戎神社から分霊してこの地に今宮戎神社を創設した際、西宮戎に対する新しい神社の意で今宮と称されたことが由来とする説や、もともと今村と呼ばれていた地域に西宮戎の分社ができたため「今村の宮」略して「今宮」となったとする説などがある。しかしいずれの説も伝承にとどまり、地名の由来についてははっきりとは確定されていない。文献の上で確認される今宮の地名は、戦国時代の1522年の文書にあるものが最古となっている。今宮町 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮市立図書館

    西宮市立図書館から見た西宮神社西宮神社

    西宮市立中央図書館(にしのみやしりつちゅうおうとしょかん)は、4館7分室で構成される西宮市立図書館の本館に当たる図書館である。1985年(昭和60年)7月10日、夙川のほとりに新築された教育文化センター内に移転開館した。郷土資料、特に灘五郷の清酒や西宮神社の祭神であるえびす神に関する文献・資料を重点的に収集しているのが特徴で、開館当初から視聴覚資料の充実を図っている。秋山コレクション(明治、大正、昭和の雑誌創刊号コレクション)などに特色があり、一例として『暮しの手帖』を1946年(昭和21年)の創刊号から全号所蔵している。西宮市立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 白仁田寛和

    白仁田寛和から見た西宮神社西宮神社

    の大学・社会人ドラフト会議で、阪神タイガースから1巡目に指名。当初は大場翔太を指名したが、他球団との指名が重複した末に抽選で交渉権を獲得できなかったことから、「長身の即戦力投手」として評価していた白仁田の指名に至った。なお、入団当初の背番号は47。入団決定後には年末年始に阪神電気鉄道・阪急電鉄の駅構内へ掲示される西宮神社への初詣PRポスターで、モデルとして着物姿を披露している。白仁田寛和 フレッシュアイペディアより)

  • 吉兆

    吉兆から見た西宮神社西宮神社

    創業者・湯木貞一は神戸の料理屋「中現長」の息子であったが家を出て、1930年11月21日、大阪市西区新町にて「御鯛茶處吉兆」を開業した。「吉兆」とは、西宮神社や今宮戎神社などで毎年1月10日を挟んで前後3日間に行われる十日戎(とおかえびす)に授与される福笹につける子宝のことで、また福笹自体も吉兆笹と呼ばれており、店名はそれに由来する。湯木貞一と縁故のあった画家須磨対水により縁起を担いで付けられた。当初は「きっきょう」というルビがふられていたが、お客が「きっちょう」と読んだために「きっちょう」となった。吉兆 フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示

「西宮神社」のニューストピックワード