63件中 31 - 40件表示
  • 西宮神社

    西宮神社から見た西宮市

    西宮神社(にしのみやじんじゃ)は、兵庫県西宮市にある神社である。日本に約3500社ある、えびす神社の総本社(名称:「えびす宮総本社」)である。地元では「西宮のえべっさん」と呼ばれる。西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮神社

    西宮神社から見た西宮北口駅

    なお、十日えびすの時期には、阪急伊丹駅・JR西日本西宮駅・阪急西宮北口駅から臨時バスが運行される。西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮神社

    西宮神社から見た神人

    神人として人形繰りの芸能集団「傀儡師」が境内の北隣に居住しており、全国を巡回し、えびす神の人形繰りを行って神徳を説いたことにより、えびす信仰が全国に広まった。境内に祀られる百太夫神は傀儡師の神である。中世に商業機構が発展すると、海・漁業の神としてだけでなく、商売の神としても信仰されるようになった。江戸時代には、徳川家綱により本殿が再建され、また、全国に頒布していたえびす神の神像札の版権を幕府から得て、隆盛した。西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮神社

    西宮神社から見た日本

    西宮神社(にしのみやじんじゃ)は、兵庫県西宮市にある神社である。日本に約3500社ある、えびす神社の総本社(名称:「えびす宮総本社」)である。地元では「西宮のえべっさん」と呼ばれる。西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮神社

    西宮神社から見た太鼓

    有馬温泉の商売繁盛を願う献湯式で毎年1月9日に有馬温泉から金泉を樽で西宮神社に運び、その温泉と湯文字を奉納する行事で、1995年(平成7年)からはじまった、献湯式では湯女に扮した芸妓が湯もみ太鼓のお囃子にあわせて湯もみ(木の板で温泉をかき回して湯温を下げる)を行い、その温泉と湯文字を神前に奉納している。奉納された金泉に1円玉を浮かべて拝むと福を招くとされている。西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮神社

    西宮神社から見た大黒天

    えびす大神は商売繁盛の神として七福神の一人に数えられており、大国主大神も「大国」の読みから、同じく七福神の「大黒天」と同一視されている。つまり、当社には七福神のうち2神が祀られていることになる。西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮神社

    西宮神社から見た大阪市消防局

    2004年(平成16年)には大阪市中央消防署の署員が一番福となったが、後日この男性が同僚とともに他の参加者を妨害したことがマスコミやネット上で話題になり、同僚達が妨害を認め謝罪し、一番福を返上(繰上げはなし)する騒動になった(本人からの謝罪は一切なかった)。西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮神社

    西宮神社から見たリットル

    一番福:認定書、木彫りのえびす様(大)・副賞 えべっさんのお米1俵(60kg分)・日本酒菰樽4斗(72?分)、ヱビスビール1年分、特製法被西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮神社

    西宮神社から見た菟原郡

    境内末社の式内社・大国主西神社は、延喜式神名帳では菟原郡となっており、西宮神社がある武庫郡とは一致しない。(なお、武庫郡と菟原郡の境界は、西宮神社の約200m西側を流れる夙川とされているが、河道の変遷により古代は菟原郡に所属したとの説もある。)西宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮神社

    西宮神社から見た梁塵秘抄

    西宮神社は成立において「南宮社」との関わりが深いとされる。これは、現在も西宮神社境内にある、廣田神社の摂社である南宮神社から戎信仰が興ったとの説による。西宮神社は、廣田神社を篤く信仰する神祇伯の白川伯王家との関係から頻繁にその参詣を受けており、また、梁塵秘抄には、諏訪大社、南宮大社、敢国神社と共に、廣田神社の末社が南宮とされている。「西宮」という名称の起源については諸説あるが、えびす神を最初に祀ったと伝わる鳴尾や古代の先進地域である津門から見て「西の方の宮」という説や京都から見て貴族の崇敬篤き廣田神社を含む神社群を指して「西宮」と称していたが、戎信仰の隆盛と共に戎社を「西宮」と限定して呼ぶに至ったという説などが有力である。なお、戎信仰については、西宮神社の「蛭子系」の他にもいくつかの系統が存在する。西宮神社 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「西宮神社」のニューストピックワード