前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 是枝裕和

    是枝裕和から見た西川美和西川美和

    主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。『誰も知らない』はカンヌ国際映画祭で柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞するなど高い評価を受けた。是枝裕和 フレッシュアイペディアより)

  • 滝本憲吾

    滝本憲吾から見た西川美和西川美和

    『female』『女神のかかと』(西川美和監督・2005)滝本憲吾 フレッシュアイペディアより)

  • 日本インターネット映画大賞

    日本インターネット映画大賞から見た西川美和西川美和

    監督賞 西川美和 (「ゆれる」)日本インターネット映画大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 夢売るふたり

    夢売るふたりから見た西川美和西川美和

    小料理店を営む夫婦が火事で店を失い、再び店を構えるという夢を叶えるために独身女性をターゲットに結婚詐欺を繰り返す姿を描いた作品。監督は『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』の西川美和。西川監督の長編映画第4作目となる本作では初めて女性を主人公に据え、夫婦の物語そして女性の生き方をテーマに描いている。夢売るふたり フレッシュアイペディアより)

  • 真木よう子

    真木よう子から見た西川美和西川美和

    ルックスとは裏腹に性格は完全に本人曰く「男兄弟の中で育ったせいか、男っぽい」「男(オス)」と自認している。その性格を表すエピソードとして、映画『ゆれる』のオーディションにて控え室で待っていると若くて可愛い子が入ってきたので「来やがったな、この野郎!」と睨みつけたら監督の西川美和だったというものがある。大久保佳代子からは真木の印象について「近寄りがたい雰囲気はあるが、実はとてもチャーミング」と語られている。真木よう子 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た西川美和西川美和

    日本映画脚本賞 西川美和(『ゆれる』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • ディア・ドクター

    ディア・ドクターから見た西川美和西川美和

    『ディア・ドクター』は、2009年に公開された西川美和監督の日本映画。笑福亭鶴瓶の初主演映画。ディア・ドクター フレッシュアイペディアより)

  • 武正晴

    武正晴から見た西川美和西川美和

    工藤栄一監督を筆頭に、崔洋一、石井隆、中原俊、井筒和幸など数々のベテラン監督に師事する一方、その豊富な経験を買われ、西川美和、李相日、伊勢谷友介ら新人・若手監督の目付役として起用されることも多い。異名…鬼軍曹。武正晴 フレッシュアイペディアより)

  • 湊谷恭史

    湊谷恭史から見た西川美和西川美和

    1996年よりフリーランスとして映画の製作現場に関わるようになる。伊丹十三監督、黒沢清監督、是枝裕和監督、西川美和監督、廣木隆一監督、林海象監督の作品に参加。2005年より主にプロデューサーとして活動。2009 年、テレビ愛知発テレビ東京系「トミカヒーロー レスキューファイアー」のプロデューサーを務める。湊谷恭史 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の映画

    2006年の映画から見た西川美和西川美和

    監督賞 - 西川美和(『ゆれる』)2006年の映画 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「西川美和」のニューストピックワード