63件中 11 - 20件表示
  • 西川美和

    西川美和から見た新潮社

    『その日東京駅五時二十五分発』(新潮社、2012年。新潮文庫、2014年)西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た講談社

    『名作はいつもアイマイ 溺レル読書案内』(講談社、2008年) - 編著西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た文藝春秋

    『ゆれる』( ポプラ社、2006年。ポプラ文庫、2008年。文藝春秋〈文春文庫〉、2012年) - 同名映画のノベライズ。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見たディア・ドクター

    2009年6月にオリジナル脚本・監督による長編3作目『ディア・ドクター』(主演:笑福亭鶴瓶)が公開。キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位、2度目のブルーリボン賞監督賞、芸術選奨新人賞など数多くの賞を受賞した。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た清水くるみ

    2010年、NHK-BS2で放送された『太宰治短編小説集』のうち、『駆込み訴え』(主演:清水くるみ)の脚本・監督を担当。ユダとキリストの関係を、ボランティア活動に携わる現代の女子高生に置き換えて表現している。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た実業之日本社

    『映画にまつわるXについて』(実業之日本社、2013年。実業之日本社文庫、2015年)西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た衣笠祥雄

    広島出身のため、幼少期から広島市民球場に通っていたが、母親が巨人ファンで、子どもの頃はアンチカープだった。ところが上京して広島カープの小さな赤い帽子を見ていると、それが遠く離れて暮らす父親のように愛おしくなり、それからカープを熱心に応援するようになった。特に衣笠祥雄のファンで『永い言い訳』の主人公に「きぬがささちお(表記は衣笠幸夫)」と命名した。本人に許可がいるだろうと衣笠に連絡したところ、快諾され「限りなき挑戦」と書いたサイン色紙をもらったという。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た乃南アサ

    2005年、監督5名の競作によるオムニバス『female』では、乃南アサ原作の短編小説を脚色・演出した「女神のかかと」(主演:大塚寧々)を発表。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た東京スポーツ映画大賞

    2006年、再びオリジナル脚本・監督した『ゆれる』が公開。カンヌ国際映画祭の監督週間に、日本映画で唯一正式出品。2006年度、キネマ旬報ベスト・テン2位、及び脚本賞、朝日ベストテン映画祭日本映画1位、毎日映画コンクール日本映画大賞、東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)作品賞、おおさかシネマフェスティバル日本映画1位、ブルーリボン賞監督賞などを受賞。これらの映画賞で、作品賞・監督賞部門での受賞は女性監督では史上初。また、同作の脚本は、2007年2月に読売文学賞の戯曲・シナリオ賞も受賞する。2006年、9月創刊の男性誌『月刊キング』に、コラム「モノゴト(名作)はいつもアイマイ」を連載。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た広島東洋カープ

    広島出身のため、幼少期から広島市民球場に通っていたが、母親が巨人ファンで、子どもの頃はアンチカープだった。ところが上京して広島カープの小さな赤い帽子を見ていると、それが遠く離れて暮らす父親のように愛おしくなり、それからカープを熱心に応援するようになった。特に衣笠祥雄のファンで『永い言い訳』の主人公に「きぬがささちお(表記は衣笠幸夫)」と命名した。本人に許可がいるだろうと衣笠に連絡したところ、快諾され「限りなき挑戦」と書いたサイン色紙をもらったという。西川美和 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「西川美和」のニューストピックワード