1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示
  • 西川美和

    西川美和から見たゆれる

    2006年、再びオリジナル脚本・監督した『ゆれる』が公開。カンヌ国際映画祭の監督週間に、日本映画で唯一正式出品。2006年度、キネマ旬報ベスト・テン2位、及び脚本賞、朝日ベストテン映画祭日本映画1位、毎日映画コンクール日本映画大賞、東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)作品賞、おおさかシネマフェスティバル日本映画1位、ブルーリボン賞監督賞などを受賞。これらの映画賞で、作品賞・監督賞部門での受賞は女性監督では史上初。また、同作の脚本は、2007年2月に読売文学賞の戯曲・シナリオ賞も受賞する。2006年、9月創刊の男性誌『月刊キング』に、コラム『モノゴト(名作)はいつもアイマイ』を連載。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見たキネマ旬報

    2006年、再びオリジナル脚本・監督した『ゆれる』が公開。カンヌ国際映画祭の監督週間に、日本映画で唯一正式出品。2006年度、キネマ旬報ベスト・テン2位、及び脚本賞、朝日ベストテン映画祭日本映画1位、毎日映画コンクール日本映画大賞、東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)作品賞、おおさかシネマフェスティバル日本映画1位、ブルーリボン賞監督賞などを受賞。これらの映画賞で、作品賞・監督賞部門での受賞は女性監督では史上初。また、同作の脚本は、2007年2月に読売文学賞の戯曲・シナリオ賞も受賞する。2006年、9月創刊の男性誌『月刊キング』に、コラム『モノゴト(名作)はいつもアイマイ』を連載。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た広島県

    広島県広島市安佐南区出身。浄土真宗(安芸門徒)の根強い地域に生まれ育つ。しかし、中学・高校はカトリックのノートルダム清心中学校・高等学校に通う。早稲田大学第一文学部美術史学専修卒業。卒論の題名は「地獄絵の東西比較」だった。学生時代より、映画製作を志し、映画制作会社などの就職面接を受けるも、ことごとく落ちるが、テレビマンユニオンの面接担当だった是枝裕和監督に意気込みを見出され、映画『ワンダフルライフ』にフリーのスタッフとして参加する。以後、諏訪敦彦監督の『M/OTHER』など、様々な日本映画の現場で活動した。西川美和 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示

「西川美和」のニューストピックワード