1003件中 91 - 100件表示
  • 三越

    三越から見た西日本鉄道西日本鉄道

    三越初のターミナルデパート。西日本鉄道が駅の再開発を行うパートナーとして三越を選定し、合弁会社を設立した(三越8:西鉄2)。一旦直営化された後、2010年10月1日より、HDS地域分社の方針の則り岩田屋と経営統合した(岩田屋再建がセット)。三越 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車カード

    乗車カードから見た西日本鉄道西日本鉄道

    ★nimoca(株式会社ニモカ(西日本鉄道・昭和自動車・筑豊電気鉄道・佐賀市交通局))...裏面の記号は、NR。乗車カード フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎交通

    宮崎交通から見た西日本鉄道西日本鉄道

    21世紀に入ってから収支が悪化し、2005年1月18日に産業再生機構の支援を受けることが決定。雲海酒造、宮崎空港ビル、宮崎ガス、宮崎銀行、宮崎太陽銀行、全日本空輸、九州電力、西日本鉄道、ニッポンレンタカーサービスなどの私企業の支援も受けたグループ8社の統括持株会社「宮交ホールディングス」の経営下に入り、2006年10月27日に弁済が完了した。この支援期間中に路線の見直しが行われ、減便や廃止が多くあった。宮崎交通 フレッシュアイペディアより)

  • 連接台車

    連接台車から見た西日本鉄道西日本鉄道

    日本における最初の採用例は、1934年の京阪電気鉄道「びわこ」号60型とされている。この車両は路線の都合上路面電車に近い規模(10m級車体2両の連接)であったが、1941年に通常の電車規模(16m級車体2両、1944年からは中間付随車つきで合計全長が45mに拡大。)の西日本鉄道500形(鉄道線)で採用されたが、これ以外は1950年代中頃までは鉄道法で営業している所でも江ノ島電鉄300形のように路面電車規模の車両に使用されていた。連接台車 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た西日本鉄道西日本鉄道

    また首都圏各社や九州の大手民鉄である西日本鉄道の鉄道ファン向けイベントでも積極的に出店し、PRを行っている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 陸上交通事業調整法

    陸上交通事業調整法から見た西日本鉄道西日本鉄道

    1942年(昭和17年)9月に九州電気軌道を母体として福博電車・九州鉄道・博多湾鉄道汽船・筑前参宮鉄道を統合した西日本鉄道が誕生した。これ以前に福岡県南部の中小私鉄は九州鉄道に吸収合併されており、筑豊を除く県内全地域の鉄道・バス事業者がほぼ統合された。一方、石炭や石灰石などの資源産出地である筑豊に路線を持っていた小倉鉄道(現在の日田彦山線の一部)、産業セメント鉄道(現在の後藤寺線、糸田線)、鞍手合同自動車(現在のJR九州バス直方線)は統合対象から外れ、1943年(昭和18年)に国有化された。なお、筑後の堀川自動車は統合に参加せずにそのまま残り、糸島地区は陸運統制令に基づき、隣接する佐賀県の昭和自動車が統合主体になった。陸上交通事業調整法 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄3000形電車

    広島電鉄3000形電車から見た西日本鉄道西日本鉄道

    1953年、西日本鉄道の北九州線に1000形が導入された。その後1954年に福岡市内線にもほとんど同仕様の車両が登場した。北九州線では1000形で統一されたが、福岡市内線では製造時期・製造会社などで1001形、1101形、1201形、1301形に分けられた。福岡市内線の第1次路線廃止が行われた1975年より広電に移籍し始めた。広島電鉄3000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎電気軌道160形電車

    長崎電気軌道160形電車から見た西日本鉄道西日本鉄道

    長崎電気軌道160形電車(ながさきでんききどう160かたでんしゃ)は、1958年(昭和33年)に長崎電気軌道が西日本鉄道より譲り受けた路面電車車両である。長崎電気軌道160形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉発電所

    小倉発電所から見た西日本鉄道西日本鉄道

    戦前期に北九州工業地帯における電気供給を担当した九州電気軌道(現・西日本鉄道)が建設。近隣の大門発電所とともに同社の主力電源であった。1939年(昭和14年)に日本発送電へと出資され、その後1951年(昭和26年)から廃止までは九州電力に帰属した。廃止時の出力は8万1000キロワット。小倉発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大門発電所

    大門発電所から見た西日本鉄道西日本鉄道

    戦前期に北九州工業地帯における電気供給を担当した九州電気軌道(現・西日本鉄道)が建設。近隣に小倉発電所が建設されるまで同社唯一の電源であった。1939年(昭和14年)に日本発送電へと出資され、その後1951年(昭和26年)から廃止までは九州電力に帰属した。発電所出力はピーク時で4万6250キロワット。大門発電所 フレッシュアイペディアより)

1003件中 91 - 100件表示