820件中 51 - 60件表示
  • 西鉄天神大牟田線

    西鉄天神大牟田線から見た西日本鉄道西日本鉄道

    天神大牟田線(てんじんおおむたせん)は、福岡県福岡市中央区天神の西鉄福岡(天神)駅から、同県大牟田市久保田町の大牟田駅までを結ぶ西日本鉄道(西鉄)の鉄道路線である。西鉄天神大牟田線 フレッシュアイペディアより)

  • 球団旗

    球団旗から見た西日本鉄道西日本鉄道

    1950年:上が青・下が黄色のセパレート型。上に西鉄の社章。下に青字で「CLIPPERS」。球団旗 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄3000形電車

    広島電鉄3000形電車から見た西日本鉄道西日本鉄道

    1953年、西日本鉄道の北九州線に1000形が導入された。その後1954年に福岡市内線にもほとんど同仕様の車両が登場した。北九州線では1000形で統一されたが、福岡市内線では製造時期・製造会社などで1001形、1101形、1201形、1301形に分けられた。福岡市内線の第1次路線廃止が行われた1975年より広電に移籍し始めた。広島電鉄3000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た西日本鉄道西日本鉄道

    1935年(昭和10年)7月、小倉市長で旅館「梅屋」主人だった神崎慶次郎と、門司市(現北九州市門司区)で呉服店「井筒屋」を経営していた住岡由太郎との、共同出資により設立された。建物の敷地は梅屋の土地を充当し社名は井筒屋の屋号を継承、更に設立にあたっては九州電気軌道(後の西日本鉄道)の出資を仰いだ。1936年(昭和11年)10月小倉本店開店。このような経緯があるため、かつては西鉄グループに属していた。なお、現在も西日本鉄道は9.2%の株式を保有する筆頭株主である。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡 - 宮崎線

    福岡 - 宮崎線から見た西日本鉄道西日本鉄道

    「フェニックス号」の愛称を持ち、西日本鉄道(西鉄)・西鉄高速バス(西高)・宮崎交通(宮交)・九州産交バス(産交)・JR九州バスの5社が共同運行する。1988年運行開始。福岡 - 宮崎線 フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た西日本鉄道西日本鉄道

    4月6日 100%減資の後、H.I.S.、九州電力・西部ガス・九電工・JR九州・西日本鉄道の6社を割当先とする増資を行い、H.I.S.の子会社(67%出資)となり、同社会長の澤田秀雄がハウステンボス社長に就任。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県交通局

    長崎県交通局から見た西日本鉄道西日本鉄道

    福岡 - 諫早・雲仙「雲仙号」(西日本鉄道との共同運行)※西日本鉄道撤退後、2004年(平成16年)4月1日廃止長崎県交通局 フレッシュアイペディアより)

  • ICカード

    ICカードから見た西日本鉄道西日本鉄道

    西日本鉄道の「nimoca」(ニモカ)(2008年5月18日)ICカード フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市交通局

    福岡市交通局から見た西日本鉄道西日本鉄道

    福岡市では、市内中心部のバス事業や路面電車は市営ではなく、民間会社である西日本鉄道(西鉄)による運営であった。そのため、交通局は地下鉄建設に伴い初めて(開業前は福岡市高速鉄道建設局として)発足した組織である。当初は路面電車(西鉄福岡市内線)の廃止で余剰になった西鉄の従業員を交通局が採用していたが、その全員が定年退職を迎え、現在の正規職員は一部の技術系職員を除けばほぼ全員が福岡市直接採用職員である。福岡市交通局 フレッシュアイペディアより)

  • 2階建車両

    2階建車両から見た西日本鉄道西日本鉄道

    一方で、三菱自動車の「エアロキング」は2階建てバス市場に参入して以来、夜行高速バスや観光バスなどで一定の採用実績を残してきた。2005年に三菱ふそうトラック・バスへ分社などの事情により生産中止となったものの、2006年にはJRバスが既存のエアロキングを改造してグレードアップを図った「プレミアムドリーム号」が運行を開始するなど、需要は尽きず、2008年になり改良を加えて復活を果たした。私鉄系では古くから2階建て車の実績を持つ近鉄バスが多く採用しているほか、西日本鉄道では2009年に「はかた号」で採用している。しかし2010年8月末に生産・販売が中止された。2階建車両 フレッシュアイペディアより)

820件中 51 - 60件表示

「西日本鉄道」のニューストピックワード