820件中 71 - 80件表示
  • 八幡西区

    八幡西区から見た西日本鉄道西日本鉄道

    西日本鉄道(2000年(平成12年)全線廃止)八幡西区 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急3000形電車 (初代)

    小田急3000形電車 (初代)から見た西日本鉄道西日本鉄道

    1948年6月1日に小田急が大東急から分離発足した際に取締役兼運輸担当として就任した山本利三郎は、学生時代にその存在を知って以来連接車に関心を抱き、スペインで開発された連接車であるタルゴの存在を知ってからは「あれを電車でやれないか」と考えていたという。国鉄東京鉄道局に在籍していた1935年には、業務研究資料で「関節式新電車ニ就イテ」と題する構想を出した。これは、「関節車(連接車)を導入することで騒音・動揺・乗り心地を改善した上で、先頭部を流線形にし、駆動方式も吊り掛け駆動方式から改良して騒音を低減した高速電車を東京と沼津の間で走らせる」という内容であった。この発想は当時の国鉄ではまったく受け入れられなかったが、山本はその後も連接車の導入に関心を持ちつづけ、1948年冬には当時まだ新入社員であった生方良雄とともに、当時既に連接車として運用されていた西日本鉄道500形の構造や保守について視察した。小田急3000形電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 大分交通

    大分交通から見た西日本鉄道西日本鉄道

    西日本鉄道(西鉄)が一部資本を有している。1940年から2003年までは同社の系列会社であったが、出資比率が下がったため西鉄グループを離脱している。大分交通 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本

    西日本から見た西日本鉄道西日本鉄道

    広くは近畿地方、中国地方、四国地方、九州・沖縄地方と中部地方の一部(後述)を指す。狭くは中部地方を除く場合がある。さらには近畿地方を除いた中国地方、四国地方、九州・沖縄地方を指す場合がある。また九州ないし南九州と南西諸島 を南日本とする例がある。東国に対する西国(例:西日本放送)、近畿地方(特に畿内)に対する九州地方(特に北九州、例:西日本鉄道) や、関東地方(特に南関東)に対する近畿地方(特に畿内)を指す場合もある。三重県は愛知県や岐阜県とともに東海3県として分類されることが多く、一般的には西日本に分類されている。西日本 フレッシュアイペディアより)

  • 特別急行列車

    特別急行列車から見た西日本鉄道西日本鉄道

    こうした例は、JR東日本東海道本線・横須賀線ならびに東急東横線と競合する京浜急行電鉄、中央線快速と競合する京王電鉄、総武快速線・成田線と競合する京成電鉄(「アクセス特急」のみ)、中京地区で東海道本線と競合する名古屋鉄道、JR京都線・JR神戸線と競合する阪急電鉄・京阪電気鉄道・阪神電気鉄道・山陽電気鉄道、鹿児島本線と競合する西日本鉄道に見られる。特別急行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 大野城駅

    大野城駅から見た西日本鉄道西日本鉄道

    東口周辺は民家やマンションが多く閑散としている。一方、西口周辺は九州大学筑紫キャンパスや福岡県立春日高等学校など教育機関が多い。西鉄の天神大牟田線白木原駅とは、東側に約750mほど離れており徒歩連絡が可能である。大野城駅 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車カード

    乗車カードから見た西日本鉄道西日本鉄道

    北海道旅客鉄道(JR北海道、Kitaca)、東日本旅客鉄道(JR東日本、Suica)、東海旅客鉄道(JR東海、TOICA)、西日本旅客鉄道(JR西日本、ICOCA)、九州旅客鉄道(JR九州、SUGOCA)、PASMO協議会(PASMO)、名古屋市交通局・名古屋鉄道(manaca)、スルッとKANSAI協議会(PiTaPa)、福岡市交通局(はやかけん)、西日本鉄道(nimoca)は、2010年にそれぞれが発行するICカード乗車券(後述「各地域のIC乗車カード一覧」で、★印のつくもの)の相互利用開始の検討を始め、2013年(平成25年)3月23日の相互利用開始に合意した。乗車カード フレッシュアイペディアより)

  • Suica

    Suicaから見た西日本鉄道西日本鉄道

    九州旅客鉄道(JR九州)のSUGOCAや西日本鉄道(西鉄)等のnimoca、福岡市地下鉄のはやかけんの各非接触型ICカード乗車券との相互利用を目指す「九州IC乗車券・電子マネー相互利用に関する協議会」で、相互利用について同意したことで、2010年3月13日より、4者間の相互利用を開始した。2010年12月26日より大分都市圏のバス事業者で導入されたnimocaベースのめじろんnimocaとも相互利用可能である。Suica フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ふそう・エアロスター

    三菱ふそう・エアロスターから見た西日本鉄道西日本鉄道

    三菱・呉羽ボディのほか、西日本車体工業(西工)製車体を架装した車両も製造され、親会社である西日本鉄道を中心として、西日本の事業者に多く納入された。モデルは1978年までは42MCを架装し、同年から53MCに切り替えた。また、富士重工業製R13系 (3E・3B) 車体を架装した車両も製造された。三菱ふそう・エアロスター フレッシュアイペディアより)

  • SUGOCA

    SUGOCAから見た西日本鉄道西日本鉄道

    他のICカード乗車券との相互利用については、JR九州と導入当初からSuicaを導入しているJR東日本、nimocaを導入している西日本鉄道(西鉄)、はやかけんを導入している福岡市交通局の4事業者で準備作業が進められ、JRグループ2010年春のダイヤ改正に合わせて、2010年3月13日より乗車券機能・電子マネー機能ともに相互利用を開始した。SUGOCA フレッシュアイペディアより)

820件中 71 - 80件表示

「西日本鉄道」のニューストピックワード