1003件中 81 - 90件表示
  • 甘木駅

    甘木駅から見た西日本鉄道西日本鉄道

    甘木駅(あまぎえき)は、福岡県朝倉市甘木にある西日本鉄道(西鉄)と甘木鉄道の駅である。なお、両駅は100mほど離れており、別の駅舎と施設を持つ。また、1940年までは朝倉軌道、両筑軌道の甘木駅が現在の甘木バスセンターの場所に存在した。同社の甘木駅に関しては甘木バスセンターを、路線・会社の改廃に関してはそれぞれの路線の記事を参照のこと。甘木駅 フレッシュアイペディアより)

  • 定期乗車券

    定期乗車券から見た西日本鉄道西日本鉄道

    西日本鉄道においては、65歳以上の人を対象に1か月6,000円、3か月13,000円、6か月23,000円、1年間42,000円で同社(グループ各社含む)一般路線バス全線を自由に乗車できる「グランドパス65」を発売している。定期乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 到津の森公園

    到津の森公園から見た西日本鉄道西日本鉄道

    到津の森公園(いとうづのもりこうえん)は、福岡県北九州市小倉北区上到津にある市営の動物園である。2000年、西日本鉄道(西鉄)が運営していた到津遊園(いとうづゆうえん)が経営悪化のため閉園し、北九州市が経営を引きついだ。本項ではこの到津遊園についても述べる。到津の森公園 フレッシュアイペディアより)

  • フレッシュハーツ

    フレッシュハーツから見た西日本鉄道西日本鉄道

    西日本鉄道/熊本ホテルキャッスル/松原興産/岡崎産業  他フレッシュハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 姪浜駅

    姪浜駅から見た西日本鉄道西日本鉄道

    やりうどん(西鉄系列のうどん店)姪浜駅 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た西日本鉄道西日本鉄道

    1935年(昭和10年)7月、小倉市長で旅館「梅屋」主人だった神崎慶次郎と、門司市(現北九州市門司区)で呉服店「井筒屋」を経営していた住岡由太郎との、共同出資により設立された。建物の敷地は梅屋の土地を充当し社名は井筒屋の屋号を継承、更に設立にあたっては九州電気軌道(後の西日本鉄道)の出資を仰いだ。1936年(昭和11年)10月小倉本店開店。このような経緯があるため、かつては西鉄グループに属していた。なお、現在も西日本鉄道は9.2%の株式を保有する筆頭株主である。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ふそう・エアロスター

    三菱ふそう・エアロスターから見た西日本鉄道西日本鉄道

    三菱・呉羽ボディのほか、西日本車体工業(西工)製車体を架装した車両も製造され、親会社である西日本鉄道を中心として、西日本の事業者に多く納入された。モデルは1978年までは42MCを架装し、同年から53MCに切り替えた。また、富士重工業製R13系 (3E・3B) 車体を架装した車両も製造された。三菱ふそう・エアロスター フレッシュアイペディアより)

  • 長崎電気軌道

    長崎電気軌道から見た西日本鉄道西日本鉄道

    160形(元西鉄福岡市内線100形):1両(168)長崎電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • あんくるふじや

    あんくるふじやから見た西日本鉄道西日本鉄道

    株式会社あんくるふじやは、佐賀県佐賀市に本社を置くスーパーマーケットのチェーンストアを展開していた企業。西日本鉄道の連結子会社であった。2017年4月1日に西鉄ストアに吸収合併され、消滅した。あんくるふじや フレッシュアイペディアより)

  • 川崎重工業車両カンパニー

    川崎重工業車両カンパニーから見た西日本鉄道西日本鉄道

    また、西日本鉄道向けの新造車はトレーラーを用いた陸送と海上輸送を組み合わせており、六甲アイランドフェリーターミナルもしくは泉大津港フェリーターミナルまで陸送し、門司港までカーフェリーで輸送し、門司港から筑紫車両基地まで再び陸送する。川崎重工業車両カンパニー フレッシュアイペディアより)

1003件中 81 - 90件表示