280件中 51 - 60件表示
  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見たQRコード

    2004年10月1日より、すでに一部の高速バスで実験を開始していたGPSによるバス位置情報提供システムを「バスロケーションシステム」として福岡都市圏8路線の路線バスに試験導入し、2005年4月1日から「にしてつバスナビ」として福岡都市圏全域に拡大開始し、2006年4月1日までに福岡都市圏全域が対象路線となった。このシステムでは、バスの現在位置や遅れ時間、到着予定時刻といった情報がパソコンや携帯電話と通じてリアルタイムに乗客に提供される。さらに同年11月からは福岡地区のほぼすべてのバス停にQRコードステッカーを貼付したので、携帯電話での利用がさらに簡便になった。同時にパソコン向けに提供されている時刻表のうちバス停や駅の発車時刻表がPDF形式でも提供開始され、閲覧・印刷時の効率化が行われた。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見たグローバル・ポジショニング・システム

    2004年10月1日より、すでに一部の高速バスで実験を開始していたGPSによるバス位置情報提供システムを「バスロケーションシステム」として福岡都市圏8路線の路線バスに試験導入し、2005年4月1日から「にしてつバスナビ」として福岡都市圏全域に拡大開始し、2006年4月1日までに福岡都市圏全域が対象路線となった。このシステムでは、バスの現在位置や遅れ時間、到着予定時刻といった情報がパソコンや携帯電話と通じてリアルタイムに乗客に提供される。さらに同年11月からは福岡地区のほぼすべてのバス停にQRコードステッカーを貼付したので、携帯電話での利用がさらに簡便になった。同時にパソコン向けに提供されている時刻表のうちバス停や駅の発車時刻表がPDF形式でも提供開始され、閲覧・印刷時の効率化が行われた。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見たコミュニティバス

    2011年2月10日から発売されている、西鉄電車の指定区間と西鉄バスの指定エリア(特急・高速・コミュニティバスや、その他一部の路線・区間を除く)で使用できる一日フリー乗車券。有効期間は発売期間と同一。なお、スクラッチ式券面での販売で、自動改札機は使用できない。なお、有効期限を過ぎると無効(払い戻し不可)となる。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た都市対抗野球大会

    戦後西鉄はプロ野球復帰を望んだが、西鉄軍は連盟に解散届を提出していたために復帰を認められなかった。そこで西鉄はアマチュア社会人野球チームを結成。1948年の第19回都市対抗野球大会では優勝を収める。社内ではこのチームを基に再びプロ野球に参戦しようという機運が盛り上がっていた。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た西鉄香椎花園

    博多湾鉄道汽船から引き継いだ遊園地・植物園「かしいかえん」を運営する。かつては九州電気軌道時代からの直営であった到津(いとうづ)遊園を運営していたが、2000年に閉園し、北九州市に引き継がれ到津の森公園となった。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た東京国際空港

    最大のターミナルである西鉄福岡(天神)駅は福岡市地下鉄空港線の天神駅と接続しており、福岡空港駅へは同線で結ばれている。このことから、同様に羽田空港から首都圏とを結ぶ京浜急行電鉄や、関西国際空港から京阪神圏とを結ぶ南海電気鉄道、中部国際空港から中京圏とを結ぶ名古屋鉄道とビジネスホテル事業で提携しており、沿線の主要駅に各社のポスターが掲示されている。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た福岡ソフトバンクホークス

    現在はかつてのライバル球団・南海ホークスの後身である福岡ソフトバンクホークスを地元企業として後援し、同球団の川?宗則選手を西鉄電車イメージキャラクターに起用している。川?は西鉄のCMやポスター(電車が主だが、同社の別事業にも一部出演)に出演しているが、一時期に西鉄福岡(天神)駅の一日駅長を務めたことがある。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た日本選手権シリーズ

    日本野球連盟が2リーグ制へ分裂した1949年11月26日、西鉄は社会人野球チームを発展させる形で西鉄クリッパースを創設。1950年1月28日運営会社西鉄野球株式会社を設立し、パシフィック・リーグの一員として参加した。1951年には同じ福岡市(平和台球場)を本拠地としていたセントラル・リーグの西日本パイレーツを統合して西鉄ライオンズと改称し、以後1972年まで所有した。ライオンズは1956年 - 1958年の日本シリーズ3連覇を含めて5度のリーグ優勝に輝いたが、1969年に発覚した黒い霧事件で戦力・人気両面で致命的なダメージを受け、福岡市内線廃止問題も浮上したことで西鉄は1972年シーズン後に中村長芳に球団を売却する。チーム名は太平洋クラブをスポンサーとして太平洋クラブライオンズとなる。その後クラウンライターライオンズを経て1978年10月に国土計画へ売却され西武ライオンズとなり、本拠地は埼玉県所沢市に移転した。なお、西鉄野球として設立された運営会社は福岡野球株式会社・株式会社西武ライオンズと商号変更を繰り返しながらも現在まで存続している。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見たマリンワールド海の中道

    子会社の運営する施設として、太宰府天満宮との共同出資で設立された太宰府園が運営するだざいふ遊園地や、海の中道海洋生態科学館が運営するマリンワールド海の中道がある。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た中部国際空港

    最大のターミナルである西鉄福岡(天神)駅は福岡市地下鉄空港線の天神駅と接続しており、福岡空港駅へは同線で結ばれている。このことから、同様に羽田空港から首都圏とを結ぶ京浜急行電鉄や、関西国際空港から京阪神圏とを結ぶ南海電気鉄道、中部国際空港から中京圏とを結ぶ名古屋鉄道とビジネスホテル事業で提携しており、沿線の主要駅に各社のポスターが掲示されている。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

280件中 51 - 60件表示

「西日本鉄道」のニューストピックワード