280件中 81 - 90件表示
  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た昭和自動車

    福岡市内で運行する4事業者(西鉄・JR九州・昭和自動車・福岡市交通局)の路線が乗り放題になる、外国人旅行者向け一日乗車券。2012年9月30日より発売。西鉄天神大牟田線を除く1日800円と天神大牟田線の福岡(天神) - 二日市間と太宰府線の二日市 - 太宰府間まで乗り放題の1日1300円の2タイプがある。それ以外は対象エリアは共通で、西鉄バスは福岡都心フリーエリア(福岡空港での乗降、福岡シティループバス「ぐりーん」含む)、JR九州が竹下 - 香椎間と香椎 - 海の中道間、昭和自動車が姪浜駅からマリノアシティ福岡間、福岡市交通局は地下鉄(空港線・箱崎線・七隈線)全線。無記名のスクラッチ式だが、購入時にパスポートの提示が必要。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見たあんくるふじや

    10月7日 - 株式会社あんくるふじやの株式を創業家など3名から取得し同社を買収。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た東邦電力

    西日本鉄道は、1908年(明治41年)に設立され1911年(明治44年)に開業した九州電気軌道(九軌)が前身である。これに先立つ1902年(明治35年)には太宰府馬車鉄道(後に九州鉄道に合併)が二日市 - 太宰府間に馬車鉄道を開業している。1910年(明治43年)には福岡市内で福博電気軌道が、翌1911年には博多電気軌道が路面電車の運行を開始。両社は後にそれぞれ東邦電力と九州水力電気に吸収されるが、1934年(昭和9年)に福博電車が双方の軌道事業を引き継いだ。一方、1924年(大正13年)には九州鉄道(九鉄、国有化された1887年設立の九州鉄道とは別)が福岡 - 久留米間で高速電車を開業する。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見たテレビ西日本

    更に2008年11月からはテレビ西日本との共同開発による、地上デジタル放送のデータ放送を使ったバスロケーションサービス(愛称「バスナビTV」)を開始した。一部のバス停には、テレビ画面形式のバス案内表示板があり、パソコンや携帯電話と同じ形式で表示される。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見たコクド

    日本野球連盟が2リーグ制へ分裂した1949年11月26日、西鉄は社会人野球チームを発展させる形で西鉄クリッパースを創設。1950年1月28日運営会社西鉄野球株式会社を設立し、パシフィック・リーグの一員として参加した。1951年には同じ福岡市(平和台球場)を本拠地としていたセントラル・リーグの西日本パイレーツを統合して西鉄ライオンズと改称し、以後1972年まで所有した。ライオンズは1956年 - 1958年の日本シリーズ3連覇を含めて5度のリーグ優勝に輝いたが、1969年に発覚した黒い霧事件で戦力・人気両面で致命的なダメージを受け、福岡市内線廃止問題も浮上したことで西鉄は1972年シーズン後に中村長芳に球団を売却する。チーム名は太平洋クラブをスポンサーとして太平洋クラブライオンズとなる。その後クラウンライターライオンズを経て1978年10月に国土計画へ売却され西武ライオンズとなり、本拠地は埼玉県所沢市に移転した。なお、西鉄野球として設立された運営会社は福岡野球株式会社・株式会社西武ライオンズと商号変更を繰り返しながらも現在まで存続している。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た戦時買収私鉄

    1944年(昭和19年)5月1日 - 糟屋線と宇美線が戦時体制により国有化され、糟屋線は国鉄香椎線に、宇美線は国鉄勝田線となる。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た肥薩おれんじ鉄道

    以下の合計106.1kmの路線を営業している。西鉄成立後、路面電車の全廃などで営業距離が大幅に減少しながらも、長らく九州の私鉄営業距離1位の座を保っていたが、2004年(平成16年)3月13日に肥薩おれんじ鉄道 (116.9km) が開業したため、九州内で同社に次ぐ2位となった。ただし、第三セクターなど公営出資の鉄道を除けば、現在も九州の私鉄として営業距離1位の座を保っている。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た川崎重工業車両カンパニー

    車両のメーカーは軌道線では系列下の九州車輌(現在は解散)ほか複数社のものが採用されていたが、鉄道線では1962年の600形以降、川崎車輌および後身の川崎重工業に統一されている。制御装置は長らく三菱電機(313形の一部は日立製作所)のものを使用していたが、7000形以降は東芝製である。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た私鉄

    以下の合計106.1kmの路線を営業している。西鉄成立後、路面電車の全廃などで営業距離が大幅に減少しながらも、長らく九州の私鉄営業距離1位の座を保っていたが、2004年(平成16年)3月13日に肥薩おれんじ鉄道 (116.9km) が開業したため、九州内で同社に次ぐ2位となった。ただし、第三セクターなど公営出資の鉄道を除けば、現在も九州の私鉄として営業距離1位の座を保っている。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本鉄道

    西日本鉄道から見た西鉄不動産

    九州電気軌道の子会社九州土地興業の後身である西鉄地所(1971年西鉄に吸収)は小倉市(現北九州市)の海面埋立事業を行い、西鉄の発足後もしばらくの間、沿線の宅地開発を西鉄不動産と西鉄地所の両社が西鉄を代理する形で行っている。西日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

280件中 81 - 90件表示

「西日本鉄道」のニューストピックワード