西本願寺 ニュース&Wiki etc.

西本願寺(にしほんがんじ)は、京都市下京区にある仏教寺院。浄土真宗本願寺派の本山である。山号は龍谷山(りゅうこくざん)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「西本願寺」のつながり調べ

  • ダライ・ラマ13世

    ダライ・ラマ13世から見た西本願寺

    イギリスに追われたダライ・ラマ13世は1904年末にモンゴルのウルガ(現在のウランバートル)に亡命し、現地のゲルク派の長で王でもあるジェプツンダンバ・ホトクト8世の世話になった。13世滞在時、ロシアはモンゴル領事や赴任途中の駐北京大使などを13世に接触させて関係強化を図っている。しかし質素な生活を好む13世とジェプツンダンバ・ホトクト8世とは考えが合わず、13世は1906年秋にはモンゴルを離れ、クンブム寺にしばらく滞在した後、1908年4月に中国山西省の五台山に到着した。五台山ではアメリカ大使ロックヒル、西本願寺の大谷尊由などと面談している。さらに10月14日、北京で西太后、光緒帝と面談している。この際、日本大使館にも1週間滞在している。在北京大使の林権助が厚くもてなしたのと、五台山で大谷尊由が日本が仏教国であることを説いたため、以後、13世はかなりの日本びいきになった。13世の北京滞在中、清はチベット領主としてパンチェン・ラマ9世を擁立しようとした。そのため13世は密かにイギリス、ロシア、日本の駐北京大使に密使を送って助力を求めている。1908年12月に北京を立ち、1909年12月にラサに戻った。(ダライ・ラマ13世 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生太吉

    麻生太吉から見た西本願寺

    1909年 - 5月、吉隅下臼井炭坑開坑。11月、西本願寺より本山勘定方を依嘱。(麻生太吉 フレッシュアイペディアより)

「西本願寺」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「西本願寺」
地図情報

「西本願寺」のニューストピックワード