前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
284件中 1 - 10件表示
  • 龍谷大学

    龍谷大学から見た西本願寺西本願寺

    1639年(寛永16年)西本願寺が設立した「学寮」を起源とする。龍谷大学 フレッシュアイペディアより)

  • 新選組

    新選組から見た西本願寺西本願寺

    池田屋事件と禁門の変の働きで朝廷・幕府・会津藩から感状と200両余りの恩賞を下賜されると、同年9月に第二次の隊士募集を行い、更に近藤が江戸へ帰郷した際に伊東甲子太郎らの一派を入隊させる。新選組は200名を超す集団へと成長し、隊士を収容するために壬生屯所から西本願寺へ本拠を移転する。新選組 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷本廟

    大谷本廟から見た西本願寺西本願寺

    大谷本廟(おおたにほんびょう)は、京都府京都市東山区にある浄土真宗本願寺派(西本願寺)の宗祖親鸞の墓所である。通称は、「西大谷」・「祖廟」。大谷本廟 フレッシュアイペディアより)

  • 楼閣

    楼閣から見た西本願寺西本願寺

    日本における楼閣建築の始まりは弥生時代の望楼(見張り台)に求められる。しかし一般的には重層の建築物はほとんど利用されず、外見上重層である仏塔も一階のみに部屋を設け二階以上は屋根だけをかける場合が多かった。貴族の邸宅に見られる寝殿造、書院造も平屋建てを前提とした様式であった。室町期以後、禅宗の隆盛とともに大陸風の楼閣寺院、茶室が出現する。重層建築は意匠として重要であったほか、眺望が利く高層部は天下を睥睨する意図も併せ持っていた。その例として京の金閣(1398年築・1955年再建)、銀閣(1489年築・現存)がある。一方、16世紀後半に、軍事的必要性および戦国大名の一円支配強化から、望楼を起源とする「天守」(天守閣)が現れ、城郭建築の象徴として一世を風靡することとなる。他方、寺院における楼閣建築も日本独自の発展を見せ、西本願寺の飛雲閣など優れた木造楼閣が現れることとなる。近世に至ると都市部の旅館(旅籠)では土地の有効利用の目的もあって2階に客間を設けるものが多くなる。明治維新を迎えると浅草凌雲閣(浅草十二階)など煉瓦造のものが現れる。楼閣 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷家

    大谷家から見た西本願寺西本願寺

    明治時代に名字必称となると、本願寺派(通称西本願寺)と、1602年に分かれた大谷派(通称東本願寺)の管長、及びその一族が姓とした。大谷家 フレッシュアイペディアより)

  • 准如

    准如から見た西本願寺西本願寺

    准如(じゅんにょ)は、安土桃山時代から江戸時代の浄土真宗の僧。諱は光昭。院号は信光院。西本願寺第十二世宗主。第十一世宗主顕如の三男で教如の弟。母は三条公頼の娘(細川晴元の養女)。准如 フレッシュアイペディアより)

  • 教如

    教如から見た西本願寺西本願寺

    慶長7年(1602年)、後陽成天皇の勅許を背景に徳川家康より京都七条烏丸に四町四方の寺領が寄進され、七条堀川の本願寺の一角にある堂舎を、その地に移す。慶長8年(1603年)、上野厩橋(群馬県前橋市)の妙安寺より「親鸞上人木像」を迎え、東本願寺が分立する。教如 フレッシュアイペディアより)

  • 本願寺の歴史

    本願寺の歴史から見た西本願寺西本願寺

    慶長7年(1602年)、後陽成天皇の勅許を背景に家康から、「本願寺」のすぐ東の烏丸六条の四町四方の寺領が寄進され、教如は七条堀川の本願寺の一角にある堂舎を移すとともに、本願寺を分立させる。「本願寺の分立」により本願寺教団も、「准如を十二世法主とする本願寺教団」(現在の浄土真宗本願寺派)と、「教如を十二代法主とする本願寺教団」(現在の真宗大谷派)とに分裂する。本願寺の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷光淳

    大谷光淳から見た西本願寺西本願寺

    1977年 - 本願寺第24世即如(大谷光真)の長男として、京都府京都市に生まれる。大谷光淳 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立能楽堂

    石川県立能楽堂から見た西本願寺西本願寺

    本館1階の能舞台は、入母屋造の破風のついた檜皮葺屋根で、西本願寺の国宝北能舞台を模したものとされる。1932年(昭和7年)に建てられた金沢能楽堂の本舞台を石川県が譲り受け、移築したものである。石川県立能楽堂 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
284件中 1 - 10件表示

「西本願寺」のニューストピックワード