前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
401件中 1 - 10件表示
  • スカイバス京都

    スカイバス京都から見た西本願寺西本願寺

    コース:JR京都駅烏丸口→西本願寺→二条城→京都御苑・冷泉家→賀茂大橋(大文字山を望む)→琵琶湖疏水→平安神宮大鳥居→青蓮院→知恩院三門→八坂神社→京都国立博物館→三十三間堂→京都タワー→JR京都駅烏丸口スカイバス京都 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市

    京都市から見た西本願寺西本願寺

    そのため、京都府知事(市制施行当初は、京都市長も兼任)などから産業の振興を呼びかける声が上がり、京都府に復興の顧問として迎え入れられた山本覚馬は京都を何とかして復興させようとある計画をする。それは1867年にパリで行われた当時最大のイベント「パリ万国博覧会」をヒントに京都で博覧会を開催しようと発案する。そのため、政府に嘆願し、外国人の居留地からの移動制限を博覧会の期間のみ解除することを許され、京都に外国人を迎え入れられるようにした。そして西本願寺・知恩院・建仁寺を会場に博覧会を開催し、京都の復興の足がかりを作った。前年の明治4年10月10日〜11月11日(1871年11月22日〜12月22日)には日本初の博覧会が民間により西本願寺で開かれている。京都市 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷本廟

    大谷本廟から見た西本願寺西本願寺

    大谷本廟(おおたにほんびょう)は、京都府京都市東山区にある浄土真宗本願寺派(西本願寺)の宗祖親鸞の墓所である。通称は、「西大谷」。大谷本廟 フレッシュアイペディアより)

  • 山本封山

    山本封山から見た西本願寺西本願寺

    山本 封山(やまもと ほうざん)は江戸時代の医者、儒学者。越中国高岡日下家出身。京都に出て山本家養子となり西本願寺文如に仕え、辞職後長く儒医を務めた。山本封山 フレッシュアイペディアより)

  • 准如

    准如から見た西本願寺西本願寺

    准如(じゅんにょ)は、安土桃山時代から江戸時代の浄土真宗の僧。浄土真宗本願寺派第12世宗主。西本願寺住職。諱は光昭。院号は信光院。法印大僧正。父は第11世顕如。母は如春尼(三条公頼の娘・細川晴元の養女)。妻は祇園宝光院の息女、寿光院准勝。兄は真宗大谷派第12代教如、真宗興正派第17世顕尊。第13世良如は次男。准如 フレッシュアイペディアより)

  • 教如

    教如から見た西本願寺西本願寺

    慶長7年(1602年)、後陽成天皇の勅許を背景に徳川家康より京都七条烏丸に四町四方の寺領が寄進され、七条堀川の本願寺の一角にある堂舎を、その地に移す。慶長8年(1603年)、上野国厩橋(群馬県前橋市)の妙安寺より「親鸞上人木像」を迎え、東本願寺が分立する。教如 フレッシュアイペディアより)

  • 楼閣

    楼閣から見た西本願寺西本願寺

    日本における楼閣建築の始まりは弥生時代の望楼(見張り台)に求められる。しかし一般的には重層の建築物はほとんど利用されず、外見上重層である仏塔も一階のみに部屋を設け二階以上は屋根だけをかける場合が多かった。貴族の邸宅に見られる寝殿造、書院造も平屋建てを前提とした様式であった。室町期以後、禅宗の隆盛とともに大陸風の楼閣寺院、茶室が出現する。重層建築は意匠として重要であったほか、眺望が利く高層部は天下を睥睨する意図も併せ持っていた。その例として京の金閣(1398年築・1955年再建)、銀閣(1489年築・現存)がある。一方、16世紀後半に、軍事的必要性および戦国大名の一円支配強化から、望楼を起源とする「天守」(天守閣)が現れ、城郭建築の象徴として一世を風靡することとなる。他方、寺院における楼閣建築も日本独自の発展を見せ、西本願寺の飛雲閣など優れた木造楼閣が現れることとなる。近世に至ると都市部の旅館(旅籠)では土地の有効利用の目的もあって2階に客間を設けるものが多くなる。明治維新を迎えると浅草凌雲閣(浅草十二階)など煉瓦造のものが現れる。楼閣 フレッシュアイペディアより)

  • 本願寺の歴史

    本願寺の歴史から見た西本願寺西本願寺

    関ヶ原の戦い後、かねてから家康によしみを通じていた教如は家康にさらに接近する。慶長7年(1602年)、後陽成天皇の勅許を背景に家康から、「本願寺」のすぐ東の烏丸六条に四町四方の寺領が寄進され、教如は七条堀川の本願寺の一角にあった隠居所から堂舎を移しここを本拠とする。「本願寺の分立」により本願寺教団も、「准如を十二世宗主とする本願寺教団」(現在の浄土真宗本願寺派)と、「教如を十二代宗主とする本願寺教団」(現在の真宗大谷派)とに分裂することになる。ただし教如の身分は死ぬまで公式には「本願寺隠居」であって必ずしも本願寺が分立したとは言い切れない。つまり形の上では七条堀川の本願寺の境内の一角に構えていた教如の隠居所(本願寺境内の三分の一を占め阿弥陀堂や御影堂もあった)を、六条烏丸に移させたにすぎない。東本願寺が正式に一派をなすのは次の宣如のときからである。本願寺の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 親鸞

    親鸞から見た西本願寺西本願寺

    「恵信尼」については、大正10年(1921年)に恵信尼の書状(「恵信尼消息」)が西本願寺の宝物庫から発見され、その内容から実在が証明されている。親鸞 フレッシュアイペディアより)

  • 新選組

    新選組から見た西本願寺西本願寺

    池田屋事件と禁門の変の働きで朝廷・幕府・会津藩から感状と200両余りの恩賞を下賜されると、同年9月に第二次の隊士募集を行い、更に近藤が江戸へ帰郷した際に伊東甲子太郎らの一派を入隊させる。新選組は200名を超す集団へと成長し、隊士を収容するために壬生屯所から西本願寺へ本拠を移転する。新選組 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
401件中 1 - 10件表示

「西本願寺」のニューストピックワード