284件中 91 - 100件表示
  • 東京生命保険

    東京生命保険から見た西本願寺西本願寺

    1895年(明治28年)1月、真宗信徒生命保険として京都で設立。資本金は50万円。社長には、小西酒造の当主でもあり、当時の有力財界人でもあった小西新右衛門が就任。名前の通り、浄土真宗本願寺派の有力信徒を発起人とし、西本願寺を大株主として設立され、定款にも純益の30%を西本願寺に寄贈することとなっていた。東京生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 襖

    から見た西本願寺西本願寺

    書院造のひとつの特色に、華麗な金碧障壁画がある。金碧障壁画は、金箔地に群青・緑青・白緑そして朱や濃墨などを用いた、濃彩色の障壁画(襖や貼り付け壁、屏風などに描かれた絵)で、狩野永徳によって新しい画法が創造された。書院造の障壁画として、有名な二条城の二の丸殿舍や西本願寺の対面所がある。正面床の間の、貼り付壁や付け書院、違棚の小襖や間仕切りとしての襖、長押の上の壁面などをすべて構成要素として利用した、雄大で華麗なパノラマ金碧障壁画が描かれている。 フレッシュアイペディアより)

  • 堺県

    堺県から見た西本願寺西本願寺

    6月22日 - 大阪府から分立して堺県が発足。県庁を和泉国大鳥郡堺神明町寺町(現在の堺市堺区神明町東三丁1-10)の西本願寺堺別院に設置。堺県 フレッシュアイペディアより)

  • はやぶさジョーンズ

    はやぶさジョーンズから見た西本願寺西本願寺

    10月7日 - 「@TEMPLE」(京都府 西本願寺 聞法会館)はやぶさジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 龍谷総合学園

    龍谷総合学園から見た西本願寺西本願寺

    龍谷総合学園(りゅうこくそうごうがくえん)は、西本願寺(浄土真宗本願寺派)系列の学校法人によって構成されている学校グループである。龍谷総合学園 フレッシュアイペディアより)

  • 常楽寺 (下京区)

    常楽寺 (下京区)から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺御影堂門より徒歩5分。常楽寺 (下京区) フレッシュアイペディアより)

  • 板戸

    板戸から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺黒書院は、曼殊院と同時代の建築で、明暦三年に完成している。黒書院は、対面所である白書院の奥に位置し、主室の一の間には正面右手に一間半の床を設け、床柱には面皮柱を使っている。板戸 フレッシュアイペディアより)

  • 天明の大火

    天明の大火から見た西本願寺西本願寺

    この火災で東は河原町・木屋町・大和大路まで、北は上御霊神社・鞍馬口通・今宮御旅所まで、西は智恵光院通・大宮通・千本通まで、南は東本願寺・西本願寺・六条通まで達し、御所・二条城のみならず、仙洞御所・京都所司代屋敷・東西両奉行所・摂関家の邸宅も焼失した。幕府公式の「罹災記録」(京都町代を務めた古久保家の記録)によれば、京都市中1967町のうち焼失した町は1424、焼失家屋は3万6797、焼失世帯6万5340、焼失寺院201、焼失神社37、死者150だったという。ただし死者に関しては公式記録の値引きが疑われ、実際の死者は1800はあったとする説もある。天明の大火 フレッシュアイペディアより)

  • 岩佐勝重

    岩佐勝重から見た西本願寺西本願寺

    岩佐又兵衛勝以の嫡男として福井の新屋舗町に生まれたといわれる。名は源兵衛。父に絵を学び、寛永14年(1637年)2月に父勝以が江戸へ発った後も福井藩に残り、17石を扶持され藩のお抱え絵師として絵事御用に従った。同藩の狩野派の御用絵師狩野元昭(了海、西本願寺の障壁画で知られる渡辺了慶の孫)は家禄200石であり扱いに格段の差はあるが、父以来岩佐派が福井ゆかりの流派でその長年の功績が認められた成果といえよう。岩佐勝重 フレッシュアイペディアより)

  • 本願寺日高別院

    本願寺日高別院から見た西本願寺西本願寺

    本願寺日高別院(ほんがんじひだかべついん)は、和歌山県御坊市御坊にある浄土真宗本願寺派の寺院。別名日高御坊。京都市にある西本願寺の別院である。本願寺日高別院 フレッシュアイペディアより)

284件中 91 - 100件表示

「西本願寺」のニューストピックワード