401件中 91 - 100件表示
  • 宮殿 (厨子)

    宮殿 (厨子)から見た西本願寺西本願寺

    一重破風屋根、金箔張りの柱…西本願寺の阿弥陀堂を模したもの宮殿 (厨子) フレッシュアイペディアより)

  • 本願寺出版社

    本願寺出版社から見た西本願寺西本願寺

    本願寺出版社(ほんがんじしゅっぱんしゃ)は、京都市下京区堀川通花屋町下ルにある浄土真宗本願寺派(西本願寺)の出版部門。現在の組織は昭和38年(1963)の「本願寺出版協会」からはじまる。本願寺出版社 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原元真

    藤原元真から見た西本願寺西本願寺

    元真集(もとざねしゅう)は、藤原元真の私家集。現存諸本はすべて同一祖本から派生したものと考えられる。?西本願寺本(337首)?正保版本(335首)?伝俊成筆本(335首)?宮内庁書陵部本(337首)の4類に分けられるが、転写の際の誤記による相違だけで、内容に違いはないと考えられている。内容は、屏風歌・歌合歌などの公的な歌を主とした前半部分と、恋歌・雑歌などの私的な歌を主とした後半部分から成る。藤原元真 フレッシュアイペディアより)

  • 大内青巒

    大内青巒から見た西本願寺西本願寺

    はじめ宮城郡東宮浜(現在の七ヶ浜町)、後に常陸国水戸で出家して泥牛と号し、その後江戸へ出て仏教の研究を志した。明治維新後は、大洲鉄然の推挙により浄土真宗本願寺派本山本願寺(西本願寺)第21世宗主大谷光尊の侍講をつとめた。1874年(明治7年)雑誌『報四叢談』、1875年(明治8年)新聞『明教新報』を発刊し、仏教における啓蒙思想家として活動した。1889年(明治22年)島地黙雷・井上円了らとともに天皇崇拝を中心とする仏教政治運動団体「尊皇奉仏大同団」を結成した。曹洞宗の『修証義』を起草した。1914年(大正3年)東洋大学の学長に就任した。大内青巒 フレッシュアイペディアより)

  • 葭屋町通

    葭屋町通から見た西本願寺西本願寺

    岩上通(いわがみどおり)は京都市内の南北の通りの一つ。北は御池通から南は塩小路通まで至り、途中松原通から下魚棚通(七条通一筋南)まで西本願寺などで中断する。葭屋町通 フレッシュアイペディアより)

  • 従如

    従如から見た西本願寺西本願寺

    本ページでは、年齢は、数え年。日付は、暦の正確性、著作との整合を保つため、宝暦4年12月30日(1755年2月10日)までは、貞享暦表示。 宝暦5年1月1日(1755年2月11日)からは、宝暦暦表示とする(生歿年月日を除く)。また本山は、「本願寺」が正式名称だが、「西本願寺」との区別の便宜上、「東本願寺」と表記。従如 フレッシュアイペディアより)

  • 永井隆雄 (コンサルタント)

    永井隆雄 (コンサルタント)から見た西本願寺西本願寺

    浄土真宗西本願寺、光徳寺には、寺の墓地で最大の永井家の墓がある。光徳寺は、佐伯祐三の生家である。中津には、非同和地区の住民は光徳寺に墓を持ち、同和地区は永照寺の門戸である。クリスチャンではないが、聖書は細部まで読んでいる。永井隆雄 (コンサルタント) フレッシュアイペディアより)

  • 破風

    破風から見た西本願寺西本願寺

    200px|左妻側を正面としたときの呼称である。屋敷や店舗の出入り口として造られることがあり、近現代の日本の建築では、東京の歌舞伎座や松山市の道後温泉などに見られる。古建築では、川越城本丸御殿の玄関、京都本願寺の飛雲閣舟入の間、東京大学本郷キャンパスの通称「赤門」と呼ばれる旧加賀前田家上屋敷御守殿門の番所、城郭建築では、伊予松山城大天守玄関、宇和島城天守玄関などに見られる。また葺き下ろしの屋根の上に千鳥破風のようにして造られ、宇和島城天守と丸亀城天守に現存例がある。出窓として造られたものもあり、城郭建築では松本城大天守、犬山城天守、備中松山城天守、岡山城月見櫓、金沢城の現存櫓や塀などに現存例があり、そのほか熊本城天守群や福井城天守、久保田城本丸御出書院などでの例があった。破風 フレッシュアイペディアより)

  • 狭山藩

    狭山藩から見た西本願寺西本願寺

    現在、大阪府堺市堺区神明町東3丁の西本願寺堺別院(堺北御坊)に、狭山藩の御成門と梵鐘が移築されている。狭山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 堀貞

    堀貞から見た西本願寺西本願寺

    京都に本社を置く真宗信徒生命保険株式会社の株式の4割を持つ西本願寺の法主・大谷光瑞伯爵が、経営の乱れを心配し、監督当局者である大浦農商務大臣に明治44年(1911)に相談をしていたが、翌大正元年(1912)8月に堀貞は、西本願寺からの経営の独立を条件とした上で、同社の社長に就任するに至った。堀貞は、経営改革を進め、大正3年(1914)、社名を共保生命保険株式会社と改称し、また、大正5年(1916)には不安定だった西本願寺所有の株式を、久原房之助に肩代わりしてもらうことにより経営の安定を図った。大正8年(1919)、久原房之助を社長とし、自らは副社長に退いたが、経営はその後も堀貞が指揮した。大正11年(1922)には、本社を東京に移転し社業の一層の発展を期した(なお、共保生命保険株式会社は、その後、野村生命保険株式会社、東京生命保険相互会社、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社と変遷している)。堀貞 フレッシュアイペディアより)

401件中 91 - 100件表示

「西本願寺」のニューストピックワード