401件中 101 - 110件表示
  • 清浦錬子

    清浦錬子から見た西本願寺西本願寺

    錬子はまた、夫が本願寺の幹事等を務めた繋がりで、本願寺の関係者の紳士夫人らの会合・「令嬢會」を創設した。この会はその後、関係者以外の令嬢の入会も認められるようになり、夫人令嬢の服装などを研究する会となった。特に錬子は令嬢會幹事として重きを置かれ、「夫人といえば、令嬢會。令嬢會といえば夫人」と評されるようになった。清浦錬子 フレッシュアイペディアより)

  • 常楽寺 (下京区)

    常楽寺 (下京区)から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺御影堂門より徒歩5分。常楽寺 (下京区) フレッシュアイペディアより)

  • 豊後国の二孝女

    豊後国の二孝女から見た西本願寺西本願寺

    初衛門の窮状が故郷に伝わることは長らくなかったが、文化8年(1811年)、京都の西本願寺で開かれた親鸞の550回忌大遠忌法会の際に、青蓮寺の住職が川野家の菩提寺である善正寺の住職と出会い、初衛門の所在が故郷で待つ2人の娘、「つゆ」と「とき」に伝わった。姉妹は臼杵藩の許可を得て常陸太田に向かい、2か月(4か月という説もある)に及ぶ困難な旅の末に青蓮寺で父と再会を果す。そして、水戸、臼杵の両藩の支援を受け、翌年、郷里に無事連れ帰った。豊後国の二孝女 フレッシュアイペディアより)

  • 乗如

    乗如から見た西本願寺西本願寺

    本ページでは、年齢は、数え年。日付は、暦の正確性、著作との整合を保つため、貞享2年(1685年 )から、宝暦4年12月30日(1755年2月10日)までは、貞享暦表示。 宝暦5年(1755年)からは、宝暦暦表示とする(歿年月日を除く)。また本山は、「本願寺」が正式名称だが、「西本願寺」との区別の便宜上、「東本願寺」と表記。乗如 フレッシュアイペディアより)

  • 岩佐勝重

    岩佐勝重から見た西本願寺西本願寺

    岩佐又兵衛勝以の嫡男として福井の新屋舗町に生まれたといわれる。名は源兵衛。父に絵を学び、寛永14年(1637年)2月に父勝以が江戸へ発った後も福井藩に残り、17石を扶持され藩のお抱え絵師として絵事御用に従った。同藩の狩野派の御用絵師狩野元昭(了海、西本願寺の障壁画で知られる渡辺了慶の孫)は家禄200石であり扱いに格段の差はあるが、父以来岩佐派が福井ゆかりの流派でその長年の功績が認められた成果といえよう。岩佐勝重 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村貫一郎

    吉村貫一郎から見た西本願寺西本願寺

    慶応3年6月15日、吉村と山崎が当時屯所だった西本願寺と交渉することによって、不動堂村への移転が決まった。同月23日付けで幕府より見廻組並に取り立てられた。翌24日には、山崎、土方歳三、尾形らとともに、議奏柳原光愛に国事について面談を願い出ている。これ以前にも断られた事があると考えられる。 大政奉還後の11月頃には薩摩藩家老小松清廉(帯刀)の動向を探っていた。同月18日の伊東甲子太郎謀殺の際には山崎らとともに盛宴を張り、伊東を酔わせる役回りを引き受けたという。12月7日の天満屋事件では紀州藩三浦休太郎護衛の任に付いていたとされているが、永倉新八の『浪士文久報国記事』には記載が見られない。同月11日に六両、13日に十両の着込の代金を会計方から受け取っている、また当時大阪天満宮に旅宿していた新選組が、伏見奉行所に移動する直前の15日、その際の資金として吉村と山崎は百両を受け取っている。吉村貫一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 下間仲孝

    下間仲孝から見た西本願寺西本願寺

    織田信長との石山合戦で10年にわたって各地に転戦して門徒を指導、天正8年(1580年)、本願寺が信長と勅命講和を結んだ時、講和条約署名3名の1人となる(他の2人は下間頼廉・下間頼龍)。以後は顕如に従って講和が結ばれた後も織田軍に抵抗する各地の一向門徒の収拾に奔走、顕如の死後は准如に従った。だが、関ヶ原の戦い後は嫡男仲世が石田三成の友人だった事から准如の西軍加担疑惑が持ち上がり、仲世を廃嫡して仲孝自身も謹慎している。慶長7年(1602年)に謹慎が解除され、本願寺東西分裂では准如の西本願寺に従った。下間仲孝 フレッシュアイペディアより)

  • 寺村城

    寺村城から見た西本願寺西本願寺

    『近江蒲生郡志』によれば、寺村城址近くの得照寺は、天正年間に寺村半左衛門の邸地に草堂を営んだことに始まる。得照寺の宗派は西本願寺(正式名称は本願寺)を本山とする浄土真宗本願寺派である。寺村城 フレッシュアイペディアより)

  • 佐田介石

    佐田介石から見た西本願寺西本願寺

    肥後国八代郡種山村(現在の熊本県八代市)の浄立寺住職・広瀬慈博の子に生まれる。幼名は観霊。後に同国飽田郡正泉寺住職であった佐田氏の養子となる。少年時代は熊本藩の藩校で儒学を学び、後に西本願寺において仏教を修学した。佐田介石 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井抱一

    酒井抱一から見た西本願寺西本願寺

    寛政2年(1790年)に兄が亡くなり、寛政9年(1797年)10月18日、37歳で西本願寺の法主文如に随って出家し、法名「等覚院文詮暉真」の名と、大名の子息としての格式に応じ権大僧都の僧位を賜る。抱一が出家したか理由は不明だが、同年西本願寺門跡へ礼を言うため上洛した際、俳諧仲間を引き連れた上に本来の目的であった門跡には会わずに帰ったことから、抱一の自発的な発心ではなかったと考えられる。また、酒井抱一 フレッシュアイペディアより)

401件中 101 - 110件表示

「西本願寺」のニューストピックワード