401件中 11 - 20件表示
  • 石川県立能楽堂

    石川県立能楽堂から見た西本願寺西本願寺

    本館1階の能舞台は、入母屋造の破風のついた檜皮葺屋根で、西本願寺の国宝北能舞台を模したものとされる。1932年(昭和7年)に建てられた金沢能楽堂の本舞台を石川県が譲り受け、移築したものである。石川県立能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷流豆美

    大谷流豆美から見た西本願寺西本願寺

    大谷 流豆美(おおたに るずみ、旧姓名・古川 流豆美、1976年9月20日 - )は、浄土真宗本願寺派の裏方・本願寺坊守(現門主・本願寺住職大谷光淳(前門主大谷光真の長男)の配偶者)。大谷流豆美 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷光淳

    大谷光淳から見た西本願寺西本願寺

    大谷 光淳(おおたに こうじゅん、1977年6月 - ) は、浄土真宗本願寺派第25世(現)門主・西本願寺および築地本願寺の住職である。諱は光淳。法名は釋専如(しゃくせんにょ)。大谷光淳 フレッシュアイペディアより)

  • 宝寿院祐心尼

    宝寿院祐心尼から見た西本願寺西本願寺

    顕尊との間に、如尊尼(西本願寺准如の妻)、准尊(興正寺第18世)らを産んだ。後に得度し、祐心の法名を号した。院号は宝寿院。宝寿院祐心尼 フレッシュアイペディアより)

  • 義教

    義教から見た西本願寺西本願寺

    義教(ぎきょう、1694年(元禄7年) - 1768年7月19日(明和5年6月6日))は、江戸時代中期の浄土真宗本願寺派の学僧。西本願寺第5代能化。字は了翁で、易往閣と号し、後に「大心海主」と称した。義教 フレッシュアイペディアより)

  • 本寂

    本寂から見た西本願寺西本願寺

    本寂(ほんじゃく、1808年(文化5年) - 1877年(明治10年))は、日本の僧侶。浄土真宗興正寺の第27世住職。諱は摂信(かねのぶ)、諡は大慶喜心院。長らく西本願寺に属していた興正寺を「真宗興正派」として独立させた。本寂 フレッシュアイペディアより)

  • 学寮 (西本願寺)

    学寮 (西本願寺)から見た西本願寺西本願寺

    学寮(がくりょう)は、江戸時代初期に西本願寺が設けた僧侶の教育機関。のちに学林と呼ばれ、龍谷大学の前身とみなされる。学寮 (西本願寺) フレッシュアイペディアより)

  • 興宗寺 (福井市)

    興宗寺 (福井市)から見た西本願寺西本願寺

    1746年(延享3年)山下道場の場所に西御坊(のちの西本願寺吉崎別院)が建立されることになった為、代替地を下され吉崎町内に転ずると共に「西念寺」の寺号を付し、興宗寺の下寺として吉崎一円の興宗寺門徒を管理していた。明治以降は独立して吉崎寺(浄土真宗本願寺派)となっている。興宗寺 (福井市) フレッシュアイペディアより)

  • 真宗高田派

    真宗高田派から見た西本願寺西本願寺

    焼失した専修寺であるが、御影堂は堯朝の父である前法主で第14世であった堯秀の奮闘や、万治元年(1658年)に藤堂氏から新たにこれまでの境内地の西側に土地を寄進されたこともあって寛文6年(1666年)に着工、延宝7年(1679年)に完成した。なおこの復興の時である、堯秀はこの際お堂の向きを西本願寺・東本願寺・佛光寺・興正寺のように浄土教の考えでもって東面させて建てようと考えた。ところが、門徒らはこれまで通りの伝統的なやり方である南面させて建てる形にするようにと主張した。その理由としては、東からの伊勢湾の風が強かったこと、境内地が東西の横長に広がっていたこと、南側に幹線道路があることなどであった。結局は藩主藤堂高次の仲裁もあって門徒の意見が通り南面して建てられることとなった。真宗高田派 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間信恭

    佐久間信恭から見た西本願寺西本願寺

    1887年(明治20年)京都に出て、6月から西本願寺大教校、1888年(明治21年)12月から同寺文学寮で英語・数学を教え、1889年(明治22年)4月同志社普通学校に転じた。佐久間信恭 フレッシュアイペディアより)

401件中 11 - 20件表示

「西本願寺」のニューストピックワード