284件中 21 - 30件表示
  • 本寂

    本寂から見た西本願寺西本願寺

    長らく西本願寺に属していた興正寺を「真宗興正派」として独立させた。本寂 フレッシュアイペディアより)

  • 浄土真宗本願寺派

    浄土真宗本願寺派から見た西本願寺西本願寺

    宗祖親鸞の墓所である「大谷廟堂」を発祥とする「本願寺」(「西本願寺」)を本山とする。包括関係にある末寺数は10497か寺を数える。信者数約694万人は浄土真宗(真宗)の各宗派中最大であり、また、仏教系の宗教法人の中でも最大数を誇っている。宗教法人全体でも、神社本庁についで2番目に多い(2000年12月31日現在)。浄土真宗本願寺派 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府

    京都府から見た西本願寺西本願寺

    本願寺(西本願寺) - 黒書院及び伝廊(2棟)、書院(対面所及び白書院)、唐門、飛雲閣、北能舞台京都府 フレッシュアイペディアより)

  • 姜暁艶

    姜暁艶から見た西本願寺西本願寺

    2004年6月 西本願寺聞法会館における「シルクロードから海を越えて」に出演。姜暁艶 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家康

    徳川家康から見た西本願寺西本願寺

    戦国時代最大の武装宗教勢力であった一向宗は第11世門主・顕如の死後、顕如の長男・教如と三男・准如が対立し、教如が独立する形で東本願寺(真宗大谷派)を設立、後にこれに対して准如が西本願寺(浄土真宗本願寺派)を設立し、東西本願寺に分裂するが、この分裂劇に関与しているのも家康である。一説によると、若き日に三河一向一揆に苦しめられた事のある家康が、本願寺の勢力を弱体化させるために、教如を唆して本願寺を分裂させたと言われているが、明確にその意図が記された史料がないため断定はできない。しかし、少なくともこの分裂劇に際し、教如を支持して東本願寺の土地を寄進したのが家康であることは確かである(真宗大谷派も教如の東本願寺の設立に家康の関与があったことは認めている)。徳川家康 フレッシュアイペディアより)

  • 親鸞

    親鸞から見た西本願寺西本願寺

    村田勤は『史的批評・親鸞真伝』において、在世当時の朝廷や公家の記録にその名が記されていなかったこと、親鸞が自らについての記録を残さなかったことなどから、親鸞の存在を疑問視し、架空の人物とする説を提唱する。続いて東京帝国大学教授の田中義成と國學院大学教授の八代国治が「親鸞抹殺論」の談話を発表する。しかし大正10年(1921年)に、西本願寺の宝物庫から、越後に住む親鸞の妻である恵信尼から京都で親鸞の身の回りの世話をした末娘の覚信尼に宛てた書状『恵信尼消息』10通が発見され、その内容と親鸞の動向が合致したため、実在したことが証明されている。親鸞 フレッシュアイペディアより)

  • 慈照寺

    慈照寺から見た西本願寺西本願寺

    国宝。義政の祖父・3代将軍義満が建てた金閣と対比されて銀閣と通称される。金閣、飛雲閣(西本願寺境内)とあわせて京の三閣と呼ばれる。1489年(延徳元年)に上棟されたことがわかっており、同年をさほど隔てない頃に完成したと思われる。慈照寺 フレッシュアイペディアより)

  • つんく♂

    つんく♂から見た西本願寺西本願寺

    2006年4月24日、博多華丸の仲介で12歳年下の元モデル出光加奈子とお見合い。6月8日、婚姻届を提出し入籍した(しかし、婚姻の理由などについて、これ以上の詳細は非公開としている。以降の家族構成なども不明である)。挙式は、同年8月10日、西本願寺にて仏前形式で行われた。つんく♂ フレッシュアイペディアより)

  • 本派本願寺

    本派本願寺から見た西本願寺西本願寺

    本派本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 森三信

    森三信から見た西本願寺西本願寺

    寛永11年(1634年)叔父可春の養子となり家督相続。禄高7000石。祖父可政の通称宗兵衛を名乗った。正保2年(1645年)森可成室妙向禅尼50回忌に、藩主長継の代香として京都西本願寺に遣わされる。万治2年(1659年)4月11日江戸城本丸、二の丸の石垣普請の勤労に対し時服と白銀を賜る。延宝2年(1674年)5月26日藩主長武の家督相続の御礼言上の際に、森家家老・長尾隼人共一、神尾蔵人正勝、百々玄蕃一信とともに将軍家綱に拝謁する。貞享元年(1684年)8月7日没。享年65。家督は嫡男可雄(三隆)が相続した。森三信 フレッシュアイペディアより)

284件中 21 - 30件表示

「西本願寺」のニューストピックワード