284件中 31 - 40件表示
  • 堀貞

    堀貞から見た西本願寺西本願寺

    京都に本社を置く真宗信徒生命保険株式会社の株式の4割を持つ西本願寺の法主・大谷光瑞伯爵が、経営の乱れを心配し、監督当局者である大浦農商務大臣に明治44年(1911)に相談をしていたが、翌大正元年(1912)8月に堀貞は、西本願寺からの経営の独立を条件とした上で、同社の社長に就任するに至った。堀貞は、経営改革を進め、大正3年(1914)、社名を共保生命保険株式会社と改称し、また、大正5年(1916)には不安定だった西本願寺所有の株式を、久原房之助に肩代わりしてもらうことにより経営の安定を図った。大正8年(1919)、久原房之助を社長とし、自らは副社長に退いたが、経営はその後も堀貞が指揮した。大正11年(1922)には、本社を東京に移転し社業の一層の発展を期した(なお、共保生命保険株式会社は、その後、野村生命保険株式会社、東京生命保険相互会社、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社と変遷している)。堀貞 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄モ90形電車

    名鉄モ90形電車から見た西本願寺西本願寺

    本形式は元来京都市電堀川線で使用されていた車両であることから、同線沿線に所在する本願寺に由来して、乗務員から「本願寺」の愛称で呼ばれていた。名鉄モ90形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 真宗大谷派岐阜別院

    真宗大谷派岐阜別院から見た西本願寺西本願寺

    1602年(慶長7年)、本願寺は准如の本願寺(西本願寺)と教如の東本願寺とに分裂する。前述の寺は一柳直盛の申し出で西本願寺の寺院となる。その影響もあり荒廃したという。真宗大谷派岐阜別院 フレッシュアイペディアより)

  • 本願寺岐阜別院

    本願寺岐阜別院から見た西本願寺西本願寺

    本願寺岐阜別院(ほんがんじぎふべついん)は、岐阜県岐阜市にある浄土真宗本願寺派(西本願寺)の寺院(別院)である。開基は准如上人。本願寺岐阜別院 フレッシュアイペディアより)

  • 正面通

    正面通から見た西本願寺西本願寺

    正面通(しょうめんどおり)は京都市の東西の通りの一つ。大和大路通の方広寺から千本通まで。渉成園(枳殻邸)、東本願寺、西本願寺などで中断する。渉成園と不明門通(この付近では烏丸通と一体)の間では中珠数屋町通とも呼ばれる。正面通 フレッシュアイペディアより)

  • 観世元滋

    観世元滋から見た西本願寺西本願寺

    伯父の二十三世宗家・観世清廉に子がなく、また清廉が頃から病気がちとなることもあって早くからその養子に望まれていた。「清久」の名も清廉が西本願寺法主大谷光尊と相談して名付けたものである。観世元滋 フレッシュアイペディアより)

  • 西村兼文

    西村兼文から見た西本願寺西本願寺

    西村兼文(にしむら かねふみ、天保3年7月22日(1832年8月17日) - 明治29年(1896年)11月1日)は、幕末の京都西本願寺侍臣。尊皇攘夷派。西村兼文 フレッシュアイペディアより)

  • 六条通

    六条通から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺の聞法会館・駐車場(旧・本圀寺寺地)をはさんで西の延長上、大宮通から先にある通りは丹波口通となっている。六条通 フレッシュアイペディアより)

  • 安城御影

    安城御影から見た西本願寺西本願寺

    安城御影(あんじょうのごえい(みえい))は、鎌倉時代の1255年(建長7年)法眼朝円の筆とされる絹本著色親鸞聖人像。親鸞83歳の姿を描いたとされる。西本願寺所蔵。安城御影 フレッシュアイペディアより)

  • 八木源之丞

    八木源之丞から見た西本願寺西本願寺

    新選組が結成されてからも、八木家は屯所として使われ、屯所が西本願寺に移る際には、土方歳三が隊士達を連れて挨拶廻りに来たと言う。八木源之丞 フレッシュアイペディアより)

284件中 31 - 40件表示

「西本願寺」のニューストピックワード