284件中 41 - 50件表示
  • 猪熊通

    猪熊通から見た西本願寺西本願寺

    猪熊通(いのくまどおり)は、京都市内の南北の通りの一つ。平安京の猪隈小路にあたる。堀川通の西方で大宮通の東に位置し、北区の御薗橋西詰(御薗橋通と加茂街道の交差点)から南区の十条通まで通じる。南の延長は久世橋通の一筋南まで伸びる。途中上御霊前通付近で堀川通と合流・分岐し、今出川通から元誓願寺通、竹屋町通から押小路通(二条城)、花屋町通から七条通(西本願寺)で中断する。猪熊通 フレッシュアイペディアより)

  • 麻田駒之助

    麻田駒之助から見た西本願寺西本願寺

    京都出身。京都府立中学校(現・京都府立洛北高等学校・附属中学校)卒。西本願寺内局に勤務し、大谷光瑞の意向により1892年反省会庶務係となり上京、『反省雑誌』の編集に当たる。1899年同誌を『中央公論』と改称、1904年反省会社長となり、滝田樗陰が編集を担当して言論・文芸雑誌として売り上げを拡大したため編集実務を滝田に委ね、1914年社名を中央公論社と改めた。1925年に樗陰が死去すると会社は危機を迎え、麻田は嶋中雄作に社を譲った。『ホトトギス』の俳人で俳号を椎花。麻田駒之助 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田譲

    岡田譲から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺 その美術と歴史 宮崎円遵、堀江知彦共著 淡交新社 1961岡田譲 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部善蔵

    矢部善蔵から見た西本願寺西本願寺

    掛川藩士として静岡県に生まれ、藩校教養館で漢学、英学校で英書を学び、さらに慶應義塾に在学した後、明治7年(1874年)から慶應義塾京都分校、慶應義塾大阪分校の教師として赴任し、土佐で立志社の片岡健吉らが設立した立志学舎へ招かれ、自由民権運動に携わる。慶應義塾へ戻った後、明治11年(1878年)12月より広島県中学校長兼広島師範学校長となる。広島離任後は、大阪府第一番中学校(現・大阪府立北野高等学校)・埼玉県尋常師範学校(埼玉師範学校)・滋賀県商業学校(現・滋賀県立八幡商業高等学校)・旧制徳島中学校(現・徳島県立城南高等学校)の校長を歴任し、退職後に京都二条に京都高等女学校を開いて経営する。のちに、西本願寺の大谷籌子が設立した文中女学校と合併し、京都女子高等専門学校となった。矢部善蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 大宮通

    大宮通から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺(浄土真宗本願寺派本山) 花屋町から北小路(正面は反対側の堀川通)大宮通 フレッシュアイペディアより)

  • 超勝寺

    超勝寺から見た西本願寺西本願寺

    永禄10年(1567年)に朝倉氏との和解により越前国の藤島の地に復帰する。慶長7年(1602年)、本願寺の東西分立において東本願寺第12世教如を支持して東派(大谷派)に属した東超勝寺と西本願寺第12世准如を支持して西派(本願寺派)に属した西超勝寺に分かれて現在に至る。超勝寺 フレッシュアイペディアより)

  • 本覚寺 (永平寺町)

    本覚寺 (永平寺町)から見た西本願寺西本願寺

    永禄10年(1567年)に朝倉氏との和解により越前国への復帰が認められるが加賀国の本坊も残された。慶長7年(1602年)、本願寺の東西分立において東本願寺第12世教如を支持して東派(大谷派)に属した加賀国側(石川県小松市にある大谷派の小松本覚寺)と西本願寺第12世准如を支持して西派(本願寺派)に属した越前国側(当寺=和田山本覚寺)に分かれて現在に至る。本覚寺 (永平寺町) フレッシュアイペディアより)

  • 藤花学園尾山台高等学校

    藤花学園尾山台高等学校から見た西本願寺西本願寺

    藤花学園尾山台高等学校(とうかがくえん おやまだいこうとうがっこう)は、石川県金沢市にある西本願寺系の学校法人藤花学園が運営する私立高等学校。龍谷総合学園の加盟校である。藤花学園尾山台高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 本照寺 (高槻市)

    本照寺 (高槻市)から見た西本願寺西本願寺

    1646年(正保3年)、良教(西本願寺12世准如の子)が入り、本願寺の「本」の字をもらって現在の本照寺と改める。本照寺 (高槻市) フレッシュアイペディアより)

  • 下間氏

    下間氏から見た西本願寺西本願寺

    織田信長と石山本願寺11世法主顕如が衝突した石山合戦では主に下間頼廉・下間頼龍・下間仲孝らが顕如に従って織田軍と戦った。顕如の死後、東本願寺と西本願寺に分裂すると下間氏一族もまた分裂することとなり、頼廉の刑部卿家、仲孝の少進家、下間頼芸の宮内卿家が西本願寺に仕えた。頼龍・頼広父子は東本願寺に仕えたが、頼龍の死後、頼広は出奔して池田輝政に従い池田重利と改名、徳川家康から大坂の陣の戦功で播磨新宮藩1万石を与えられ大名になった。下間氏 フレッシュアイペディアより)

284件中 41 - 50件表示

「西本願寺」のニューストピックワード