401件中 41 - 50件表示
  • 宗教の時間

    宗教の時間から見た西本願寺西本願寺

    ルーツは朝日放送(現:ABCラジオ)が1951年11月11日の開局に向けて「文化の向上に資する教養番組の内容として、宗教放送を取り上げたい」という方針を打ち出し、東本願寺・西本願寺・知恩院・カソリック・プロテスタント・天理教・金光教の7団体に協力を依頼したことによる。放送局側からの依頼であったことから、当初の放送料金等は無料であった。宗教の時間 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の書道史

    日本の書道史から見た西本願寺西本願寺

    平安時代末期は院政の開始と武家の台頭による貴族社会の混乱衰頽を反映して、優美なものから個性的意思的な傾向を示し、華麗な装飾写本が盛行した。代表される書に『西本願寺本三十六人家集』がある。この書は三十六歌仙の和歌を能書20人が分担して書写したが、筆者が明らかなのは藤原道子、藤原定実、藤原定信の3人だけである。この3人を中心に宮廷の能書が活躍した。なお、この『西本願寺本三十六人家集』は1896年(明治29年)大口周魚が西本願寺の書庫から発見したものである。日本の書道史 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府の観光地

    京都府の観光地から見た西本願寺西本願寺

    本願寺(西本願寺)(京都市下京区)京都府の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 九条武子

    九条武子から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺第21代法主・明如(大谷光尊)の次女(母・藤子は光尊の側室で紀州藩士族の子女)として京都で生まれる。義姉・大谷籌子裏方(大谷光瑞夫人)を助けて仏教婦人会を創設し、1911年(明治44年)に籌子が死去した際には本部長に就任、同会運営の重責を果たした。九条武子 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家康

    徳川家康から見た西本願寺西本願寺

    戦国時代最大の武装宗教勢力であった一向宗は第11世門主・顕如の死後、顕如の長男・教如と三男・准如が対立し、教如が独立する形で東本願寺(真宗大谷派)を設立、後にこれに対して准如が西本願寺(浄土真宗本願寺派)を設立し、東西本願寺に分裂するが、この分裂劇に関与しているのも家康である。一説によると、若き日に三河一向一揆に苦しめられたことのある家康が、本願寺の勢力を弱体化させるために、教如を唆して本願寺を分裂させたと言われているが、明確にその意図が記された史料がないため断定はできない。しかし、少なくともこの分裂劇に際し、教如を支持して東本願寺の土地を寄進したのが家康であることは確かである(真宗大谷派も教如の東本願寺の設立に家康の関与があったことは認めている)。徳川家康 フレッシュアイペディアより)

  • 龍谷大学

    龍谷大学から見た西本願寺西本願寺

    パイオニアクラブは龍谷大学のボーイスカウトサークルである。西本願寺でのボランティア活動や京都近郊でのキャンプを実施している。龍谷大学 フレッシュアイペディアより)

  • 本派本願寺

    本派本願寺から見た西本願寺西本願寺

    本派本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 猪熊通

    猪熊通から見た西本願寺西本願寺

    猪熊通(いのくまどおり)は、京都市内の南北の通りの一つ。平安京の猪隈小路にあたる。堀川通の西方で大宮通の東に位置し、北区の御薗橋西詰(御薗橋通と加茂街道の交差点)から南区の十条通まで通じる。南の延長は久世橋通の一筋南まで伸びる。途中上御霊前通付近で堀川通と合流・分岐し、今出川通から元誓願寺通、竹屋町通から押小路通(二条城)、花屋町通から七条通(西本願寺)で中断する。猪熊通 フレッシュアイペディアより)

  • 下間宗清

    下間宗清から見た西本願寺西本願寺

    慶長7年(1602年)の本願寺の東西分裂では東本願寺の教如に従ったが、慶長12年(1607年)に西本願寺の准如に誓紙を差し出して帰参。翌年に47歳で亡くなり、甥で妹と川那部宗甫の子仲宗が養子として西本願寺に仕えた。下間宗清 フレッシュアイペディアより)

  • 本多恵隆

    本多恵隆から見た西本願寺西本願寺

    本多 恵隆(ほんだ えりゅう、1876年(明治9年)10月30日 - 1944年(昭和19年)5月18日)は、長野県出身の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)の僧。大谷光瑞が中央アジアに派遣した第一次大谷探検隊(1902年 - 1904年)に加わった。本多恵隆 フレッシュアイペディアより)

401件中 41 - 50件表示

「西本願寺」のニューストピックワード