401件中 51 - 60件表示
  • 下間頼亮

    下間頼亮から見た西本願寺西本願寺

    天正3年(1575年)から石山本願寺法主顕如の次男の興正寺住持顕尊付となり、石山合戦では門徒に顕尊の命令を伝え補佐を務めた。終戦後の天正9年(1581年)に法橋に任ぜられ、慶長6年(1601年)に宗巴を名乗り、寛永4年(1627年)に西本願寺に出仕したが、以後の消息は不明。子の頼良は東本願寺に仕えた。下間頼亮 フレッシュアイペディアより)

  • 広如

    広如から見た西本願寺西本願寺

    広如(こうにょ、寛政10年6月1日(1798年7月14日) - 明治4年8月19日(1871年10月3日))は、幕末の浄土真宗の僧、西本願寺20世宗主、大僧正。諱は光澤。院号は信法院。広如 フレッシュアイペディアより)

  • 文如

    文如から見た西本願寺西本願寺

    文如(もんにょ、延享元年(1744年)4月19日 - 寛政11年(1799年)6月4日)は、江戸時代中期の浄土真宗の僧、西本願寺18世宗主、大僧正。諱は光暉。院号は信入院。文如 フレッシュアイペディアより)

  • 改悔文

    改悔文から見た西本願寺西本願寺

    本願寺派の聖典には、西本願寺18世宗主文如による教誡が添えられている。改悔文 フレッシュアイペディアより)

  • 真如 (東本願寺)

    真如 (東本願寺)から見た西本願寺西本願寺

    本ページでは、年齢は、数え年。日付は、暦の正確性、著作との整合を保つため、貞享元年12月30日(1685年2月3日 )までは、宣明暦表示。 貞享2年1月1日(1685年2月4日)からは、貞享暦表示とする(生歿年月日を除く)。また本山は、「本願寺」が正式名称だが、「西本願寺」との区別の便宜上、「東本願寺」と表記。真如 (東本願寺) フレッシュアイペディアより)

  • 寂如

    寂如から見た西本願寺西本願寺

    寂如(じゃくにょ、慶安4年(1651年)- 享保10年7月8日(1725年8月15日))は、江戸時代前期の浄土真宗の僧。諱は光常。院号は信解院。西本願寺14世宗主。父は西本願寺13世良如。寂如 フレッシュアイペディアより)

  • 達如

    達如から見た西本願寺西本願寺

    本ページでは、年齢は、数え年。日付は、暦の正確性、著作との整合を保つ為、寛政9年(1797年 )までは、宝暦暦表示。寛政10年(1798年)から、天保14年12月29日(1844年2月17日)までは、寛政暦表示。天保15年1月1日(1844年2月18日)からは、天保暦表示とする(歿年月日を除く)。また本山は、「本願寺」が正式名称だが、「西本願寺」との区別の便宜上、「東本願寺」と表記。達如 フレッシュアイペディアより)

  • 法如

    法如から見た西本願寺西本願寺

    法如(ほうにょ、寛永4年(1707年)1月9日 - 寛政元年(1789年)10月24日)は、江戸時代中期の浄土真宗の僧、西本願寺17世宗主、大僧正。諱は光闡。院号は信慧院。法如 フレッシュアイペディアより)

  • 下間仲玄

    下間仲玄から見た西本願寺西本願寺

    下間 仲玄(しもつま なかはる、天正13年(1585年) - 正保3年11月19日(1646年12月25日))は、江戸時代の僧。西本願寺の家臣。下間頼廉の3男。頼亮、宗清の弟。子に仲虎。幼名は虎寿、通称は源之丞、少輔、刑部卿。法名は了悟、了意。下間仲玄 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢集

    伊勢集から見た西本願寺西本願寺

    伊勢集の諸本は三系統ある。最も古態を残すとされ、諸注が底本に用いているのは西本願寺本であり、他の二系統は歌仙家集本および群書類従本である。冒頭部分は自伝性が強い物語風の記述となっており、のちの『和泉式部日記』などに代表される女流日記文学に先駆けた内容となっている。本歌集収録の歌は、『新古今和歌集』や『小倉百人一首』にも採用されている。伊勢集 フレッシュアイペディアより)

401件中 51 - 60件表示

「西本願寺」のニューストピックワード