284件中 51 - 60件表示
  • 下間宗清

    下間宗清から見た西本願寺西本願寺

    慶長7年(1602年)の本願寺の東西分裂では東本願寺の教如に従ったが、慶長12年(1607年)に西本願寺の准如に誓紙を差し出して帰参。翌年に47歳で亡くなり、甥で妹と川那部宗甫の子仲宗が養子として西本願寺に仕えた。下間宗清 フレッシュアイペディアより)

  • T&Dフィナンシャル生命保険

    T&Dフィナンシャル生命保険から見た西本願寺西本願寺

    1895年 1月真宗信徒生命保険株式会社として西本願寺を大株主として京都市で創業。初代社長:小西新右衛門。T&Dフィナンシャル生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 二楽荘

    二楽荘から見た西本願寺西本願寺

    二楽荘(にらくそう)は、西本願寺22世法主・大谷光瑞が六甲山に建設した別邸である。明治42年に建設されたが、数年後には閉鎖され、昭和7年に焼失した。「二楽」とは「山を楽しみ、水を楽しむ」「山水を楽しみ、育英を楽しむ」の意味だという。二楽荘 フレッシュアイペディアより)

  • 下間頼廉

    下間頼廉から見た西本願寺西本願寺

    寛永3年(1626年)、90歳という長寿をもって死去した。3男の仲玄が後を継ぎ、子孫は刑部卿家と呼ばれ代々西本願寺に仕えた。下間頼廉 フレッシュアイペディアより)

  • 興正寺

    興正寺から見た西本願寺西本願寺

    興正寺(こうしょうじ)は、京都府京都市下京区にある浄土真宗の寺院。山号は円頓山(えんとんざん)。西本願寺の南隣に位置する。興正寺 フレッシュアイペディアより)

  • 寺村城

    寺村城から見た西本願寺西本願寺

    『近江蒲生郡志』によれば、寺村城址近くの得照寺は、天正年間に寺村半左衛門の邸地に草堂を営んだことに始まる。得照寺の宗派は西本願寺(正式名称は本願寺)を本山とする浄土真宗本願寺派である。寺村城 フレッシュアイペディアより)

  • 多田景義

    多田景義から見た西本願寺西本願寺

    1938年7月 臨時国立宮古療養所、所長。1940年-1941年 多田所長の指示で西本願寺より僧侶を招き週2回修身訓話をさせた。1941年7月1日 宮古療養所は宮古南静園と改称。多田景義 フレッシュアイペディアより)

  • 安芸門徒

    安芸門徒から見た西本願寺西本願寺

    天正10年(1582年)の本能寺の変の翌年、顕如は貝塚本願寺を拠点と定めて滞留した。そして豊臣秀吉の天下になると、顕如は秀吉と交渉をし、天正12年(1585年)、大坂城下の天満に本願寺を造営する(天満本願寺)。しかし、その6年後の天正19年(1591年)には秀吉の命で、京都に領地を与えられ移転し、現在の西本願寺の基礎となった。徳川家康の時代になると、本願寺の勢力を削ぐために准如の兄で、顕如に義絶させられた教如に東本願寺を建てさせ、全国の門徒や末寺を二分させた。西本願寺は西日本を中心として活動を行うこととなった。安芸門徒 フレッシュアイペディアより)

  • 平野長勝

    平野長勝から見た西本願寺西本願寺

    平野 長勝(ひらの ながかつ、元和9年(1623年)- 寛文8年2月9日(1688年3月21日))は、大和交代寄合表御衆田原本2代領主。平野長泰の長男。正室は小浜光隆の娘。通称権平。妹に下間仲虎(西本願寺の臣)の妻。養子に平野長政(七沢清宗の長男)。平野長勝 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐和里子

    甲斐和里子から見た西本願寺西本願寺

    1899年、松田甚左衛門の助力を得て、仏教徒のための女学校「顕道女学院」を創設。翌1900年、夫と共に私塾文中園(同年11月、文中女学校と改称)を開設した。1910年、同校は西本願寺の援助を受けて京都高等女学校と合併、連合本部が経営主体となるが、和里子は1927年に退職するまで教員として教壇に立ち学生らの指導にあたった。甲斐和里子 フレッシュアイペディアより)

284件中 51 - 60件表示

「西本願寺」のニューストピックワード