401件中 61 - 70件表示
  • 大口周魚

    大口周魚から見た西本願寺西本願寺

    明治から大正時代を代表する歌人であり、かな書家である。明治29年(1896年)8月、京都西本願寺の庫裡の古書の中から後奈良天皇下賜の『西本願寺本三十六人家集』を発見して世に紹介したことは、学界・書道界への一大功績であった。古筆の研究に励み、阪正臣や田中親美らと古筆やその情報を交換しあった。門弟の尾上柴舟も古筆第一主義をとり、周魚の古筆研究への貢献は甚大であった。大口周魚 フレッシュアイペディアより)

  • 住如

    住如から見た西本願寺西本願寺

    住如(じゅうにょ、延宝元年(1673年)10月10日 - 元文4年(1739年)8月6日)は、江戸時代中期の浄土真宗の僧、西本願寺15世宗主。諱は光澄。院号は信順院。大僧正。住如 フレッシュアイペディアより)

  • 宮永良蔵

    宮永良蔵から見た西本願寺西本願寺

    慶応3年(1867年)12月、患者宅へ往診の途中、倒幕の計画に参画した疑いで新選組に捕らえられ、新選組が屯所にしていた西本願寺?六角獄舎に幽閉された。拷問を受けたが、一切口を聞かず、数日後、釈放された。しかし、激しい拷問で体が衰弱しており、12月22日、35歳で没した。墓所は京都市東山区・霊山墓地にある。宮永良蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 大正の玉手箱事件

    大正の玉手箱事件から見た西本願寺西本願寺

    ダライ・ラマ13世に託された大蔵経写本カンギュルをめぐり、慧海は東京帝国大学に贈られたものと主張したのに対し、青木は自身が所属する西本願寺に贈られたものと主張、対立した。慧海は写本とともに西本願寺法主であった大谷光瑞にあてた小箱を託されており、真の帰属先を握る可能性がある小箱に準えて、慧海が自ら「大正の玉手箱」と称したとされる。大正の玉手箱事件 フレッシュアイペディアより)

  • 菅舜英

    菅舜英から見た西本願寺西本願寺

    井上円了の東京哲学館、東京神学院で学び、西本願寺北海道開教の僧侶として渡道。本山特命布教使として各地で布教講演を行う。菅舜英 フレッシュアイペディアより)

  • 尊円法親王

    尊円法親王から見た西本願寺西本願寺

    鷹手本(西本願寺所蔵、重要文化財)尊円法親王 フレッシュアイペディアより)

  • 勝蓮寺 (上越市)

    勝蓮寺 (上越市)から見た西本願寺西本願寺

    勝蓮寺(しょうれんじ)は、新潟県上越市にある浄土真宗本願寺派(西本願寺末)の寺院。山号は越水山。勝蓮寺 (上越市) フレッシュアイペディアより)

  • 宣如

    宣如から見た西本願寺西本願寺

    年齢は、数え年。日付は文献との整合を保つため、いずれも旧暦(宣明暦)表示を用いる(生歿年月日を除く)。また正式名称は「本願寺」だが、「西本願寺」との区別の便宜上、以下の文中ではとくに断りの無い限り「東本願寺」と表記する。宣如 フレッシュアイペディアより)

  • 森三信

    森三信から見た西本願寺西本願寺

    寛永11年(1634年)叔父可春の養子となり家督相続。禄高7000石。祖父可政の通称宗兵衛を名乗った。正保2年(1645年)森可成室妙向禅尼50回忌に、藩主長継の代香として京都西本願寺に遣わされる。万治2年(1659年)4月11日江戸城本丸、二の丸の石垣普請の勤労に対し時服と白銀を賜る。延宝2年(1674年)5月26日藩主長武の家督相続の御礼言上の際に、森家家老・長尾隼人共一、神尾蔵人正勝、百々玄蕃一信とともに将軍家綱に拝謁する。貞享元年(1684年)8月7日没。享年65。家督は嫡男可雄(三隆)が相続した。森三信 フレッシュアイペディアより)

  • 六条通

    六条通から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺の聞法会館・駐車場(旧・本圀寺寺地)をはさんで西の延長上、大宮通から先坊城通までにある通りは丹波口通となっている。また、更にその西の延長上、平安京の右京にあたる御前通から西の区間(阪急京都線との交点まで)の区間には新城南宮道がある。六条通 フレッシュアイペディアより)

401件中 61 - 70件表示

「西本願寺」のニューストピックワード