284件中 61 - 70件表示
  • 沼田恵範

    沼田恵範から見た西本願寺西本願寺

    広島県賀茂郡志和町(現・東広島市志和町)の浄土真宗本願寺派・浄連寺の三男に生まれ、京都平安中学(現・平安高等学校)に学ぶ。卒業後、本山である西本願寺から派遣され1915年、仏教布教のため19歳で渡米。ハリウッド・ハイスクールとカリフォルニア大学バークレー校(UCB)で数学を4年、さらに同校大学院で経済学(統計経済、景気変動学)を学ぶ。「今でこそ日米は平等に扱われているが、当時は日本人は犬猫のようだった」と奮起、学業と平行して米国人に仏教文化を伝えたいと英文雑誌「ザ・パシフイック・ワールド」を創刊。資金はカリフォルニア州在住の日本人や、知日派の米国人から集め、仏教を説くものでなく、まず日本と東洋文化の紹介を主にした。だが2年後に資金が行きづまり、西本願寺や渋沢栄一らから援助を受けたものの結局4年で発行停止に追い込まれた。「理想だけではうまくいかない。仏教を広めるためには資金が必要だ」と痛感した。1928年、31歳でUCB大学院を修了、欧米を歴訪して1930年、33歳で帰国した。沼田恵範 フレッシュアイペディアより)

  • 金龍静

    金龍静から見た西本願寺西本願寺

    金龍 静(きんりゅう しずか、1949年 - )は、北海道生まれの歴史学者、僧侶。本願寺史料研究所副所長、円満寺住職。金龍静 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷籌子

    大谷籌子から見た西本願寺西本願寺

    大谷 籌子(おおたに かずこ、1882年11月5日 - 1911年1月27日)は西本願寺法主・大谷光瑞の妻(西本願寺裏方)であり、女性組織仏教婦人会などで活躍、女子高等教育の必要性をとき九条武子とともに京都女子大学設立の推進者となった人である。大谷籌子 フレッシュアイペディアより)

  • 本多恵隆

    本多恵隆から見た西本願寺西本願寺

    本多 恵隆(ほんだ えりゅう、1876年(明治9年)10月30日 - 1944年(昭和19年)5月18日)は、長野県出身の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)の僧。大谷光瑞が中央アジアに派遣した第一次大谷探検隊(1902年 - 1904年)に加わった。本多恵隆 フレッシュアイペディアより)

  • 木辺孝慈

    木辺孝慈から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺21世法主 明如(大谷光尊)の次男、22世法主 鏡如(大谷光瑞)の弟。妹に歌人の九条武子がいる。木辺孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷隆教

    渋谷隆教から見た西本願寺西本願寺

    明治18年(1885年)、佛光寺第26代管長渋谷家教(清棲家教)の子として生まれる。明治21年(1888年)に家教は渋谷家を離籍して清棲伯爵家を創設し、隆教が渋谷家の家督を相続することとなったが、幼少であったことから、第25代管長真達の未亡人である真意尼が第27代管長となる。明治29年(1896年)6月9日、男爵に叙される。なお、このとき同時に東西の大谷家(東本願寺、西本願寺)が伯爵に、木辺家(真宗木辺派)、常磐井家(真宗高田派)、華園家(真宗興正派)が男爵にそれぞれ叙されている(僧侶華族)。渋谷隆教 フレッシュアイペディアより)

  • 土井正治

    土井正治から見た西本願寺西本願寺

    兵庫県武庫郡大庄村浜田(尼崎市浜田町に)父・武内舛量、母・菊恵の長男として生まれる。生家は浄専寺と言い、境内に大きな樅や楠のある広い寺である。武内家は武内宿禰(神功皇后、応神天皇らに仕えた大臣。蘇我氏の祖と伝えられる)の子孫といわれる。土井は武内宿禰から数えて、ちょうど七十代目の末裔にあたる。父武内舛量は、西本願寺に勤め、法王の大谷光尊(明如上人)(大谷光瑞の父)に目をかけられ、日清戦争のころ軍隊布教使となった。ところが軍隊布教でマラリアにかかり、1897年9月、土井が3歳のとき、32歳で死去した。母菊恵も翌年22歳で父の後を追っている。弟が1人いたが、その弟も生後間もなく死んだ。このような事情で、土井は祖父母、叔父、叔母に育てられた。土井正治 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺の時間

    西本願寺の時間から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺の時間(にしほんがんじのじかん)は、西本願寺が提供しているラジオの宗教番組。西本願寺の時間 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷流豆美

    大谷流豆美から見た西本願寺西本願寺

    「結婚その他の理由で他の寺院の戸籍に入ったときは、直ちに当該寺院にその僧籍を移さなければならない」と定めた浄土真宗本願寺派の宗則「僧侶規定」に基づき、新門との婚姻により、本願寺(西本願寺)所属の僧籍となった。大谷流豆美 フレッシュアイペディアより)

  • 下間頼亮

    下間頼亮から見た西本願寺西本願寺

    天正3年(1575年)から石山本願寺法主顕如の次男の興正寺住持顕尊付となり、石山合戦では門徒に顕尊の命令を伝え補佐を務めた。終戦後の天正9年(1581年)に法橋に任ぜられ、慶長6年(1601年)に宗巴を名乗り、寛永4年(1627年)に西本願寺に出仕したが、以後の消息は不明。子の頼良は東本願寺に仕えた。下間頼亮 フレッシュアイペディアより)

284件中 61 - 70件表示

「西本願寺」のニューストピックワード