401件中 71 - 80件表示
  • 江馬蘭斎

    江馬蘭斎から見た西本願寺西本願寺

    そんな状況に変化が起こったのは3年後の寛政10年(1798年)、京都の西本願寺門主文如が病に倒れた時である。漢方医学ではもはや手の施しようがないという時、蘭方医学の助けを得ようと蘭斎に声がかかり蘭斎が薬を処方するとたちまち効果を発揮し、文如上人は命を取り留めた。この事はすぐに世間に知れ渡ることになり患者や弟子志望者が殺到。その賑わいに旅籠まで建つほどであった。以後この私塾から300を越す門弟が巣立ち蘭斎は美濃蘭学の祖と称された。天保9年(1838年)7月8日死去。享年92。江馬蘭斎 フレッシュアイペディアより)

  • 正面通

    正面通から見た西本願寺西本願寺

    正面通(しょうめんどおり)は京都市の東西の通りの一つ。大和大路通の方広寺から千本通まで。渉成園(枳殻邸)、東本願寺、西本願寺などで中断する。渉成園と不明門通(この付近では烏丸通と一体)の間では中珠数屋町通とも呼ばれる。正面通 フレッシュアイペディアより)

  • 伊祖

    伊祖から見た西本願寺西本願寺

    浦添本願寺(西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)沖縄別院)伊祖 フレッシュアイペディアより)

  • 雲室

    雲室から見た西本願寺西本願寺

    江戸では荻生徂徠の門人・宇佐美灊水や林家学頭の関松窓に入門し儒学を学ぶ。また市河寛斎に就いて詩文を学び才能を開花させた。安永3年(1774年)の10ヶ月間、京都に上り西本願寺の学寮に籠もって仏典の研究をしている。画は南蘋系の諸葛監に学んだとされるがはっきりしない。宋・元・明の名画を目標に独学で研鑽を続け山水画を得意とした。雲室 フレッシュアイペディアより)

  • 堀川 (京都府)

    堀川 (京都府)から見た西本願寺西本願寺

    そこから南は再び暗渠となり、西本願寺の東でわずかに地上に現れるほかは堀川通の地下を流れる。近鉄京都線上鳥羽口駅の西で開渠となり、すぐに鴨川と合流する。堀川 (京都府) フレッシュアイペディアより)

  • 八木源之丞

    八木源之丞から見た西本願寺西本願寺

    文久3年(1863年)、浪士組が江戸より上洛した際に八木家を宿の一つとする。その宿泊メンバーが、芹沢鴨・近藤勇・土方歳三などであり、後に壬生浪士組を結成。次いで新選組となる。新選組が結成されてからも、八木家は屯所として使われ、屯所が西本願寺に移る際には、土方歳三が隊士達を連れて挨拶廻りに来たという。八木源之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 湛如

    湛如から見た西本願寺西本願寺

    湛如(たんにょ、享保元年(1716年)6月28日 - 寛保元年(1741年)6月8日)は、江戸時代中期の浄土真宗の僧、西本願寺16世宗主。諱は光啓。院号は信曉院。大僧正。湛如 フレッシュアイペディアより)

  • 顕尊

    顕尊から見た西本願寺西本願寺

    父が石山本願寺を退去するとこれに従い、紀伊鷺森・和泉貝塚・摂津大坂、天満と移り住む。天正17年(1589年)に権僧正となり、2年後に父が豊臣秀吉の斡旋で京都七条に本願寺を再興すると、その南隣に土地を与えられ興正寺を再建した。顕尊 フレッシュアイペディアより)

  • 三条 (芦屋市)

    三条 (芦屋市)から見た西本願寺西本願寺

    元禄5年(1692年)の寺社御改控には村内の寺として一向宗西本願寺末寺小浜毫摂寺下辻本道場と禅宗宗円寺がみえる。三条 (芦屋市) フレッシュアイペディアより)

  • 麻田駒之助

    麻田駒之助から見た西本願寺西本願寺

    京都出身。京都府立中学校(現・京都府立洛北高等学校・附属中学校)卒。西本願寺内局に勤務し、大谷光瑞の意向により1892年(明治25年)、反省会庶務係となり上京、『反省雑誌』の編集に当たる。1899年(明治32年)同誌を『中央公論』と改称。1904年(明治37年)、反省会社長となり、滝田樗陰が編集を担当して言論・文芸雑誌として売り上げを拡大したため編集実務を滝田に委ね、1914年(大正3年)に社名を中央公論社と改めた。1925年(大正14年)に樗陰が死去すると会社は危機を迎え、麻田は嶋中雄作に社を譲った。麻田駒之助 フレッシュアイペディアより)

401件中 71 - 80件表示

「西本願寺」のニューストピックワード