前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示
  • 西本願寺

    西本願寺から見た親鸞

    西本願寺は通称であり、正式名称は「龍谷山 本願寺」、宗教法人としての名称は「本願寺」である。京都市民からは「お西さん」の愛称でも親しまれている。真宗大谷派の本山である「東本願寺」(正式名称「真宗本廟」)と区別するため、両派の本山は通称で呼ばれることが多い。文永7年(1272年)、親鸞の廟堂として京都東山の吉水の地に創建されたがその後比叡山延暦寺から迫害を受けるなど場所は転々とし、現在地には天正19年(1591年)、豊臣秀吉の寄進により大坂天満から移転した(詳細は後述「歴史」の項参照)。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た豊臣秀吉

    西本願寺は通称であり、正式名称は「龍谷山 本願寺」、宗教法人としての名称は「本願寺」である。京都市民からは「お西さん」の愛称でも親しまれている。真宗大谷派の本山である「東本願寺」(正式名称「真宗本廟」)と区別するため、両派の本山は通称で呼ばれることが多い。文永7年(1272年)、親鸞の廟堂として京都東山の吉水の地に創建されたがその後比叡山延暦寺から迫害を受けるなど場所は転々とし、現在地には天正19年(1591年)、豊臣秀吉の寄進により大坂天満から移転した(詳細は後述「歴史」の項参照)。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た住職

    本願寺住職が浄土真宗本願寺派の門主となる。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た准如

    築地別院(築地本願寺) - 元和3年(1617年)に第12代宗主准如が西本願寺の別院として建立。2012年に西本願寺唯一の「直轄寺院」となり、それまでは通称だった「築地本願寺」が正式名称となったため、「別院」ではなくなっている。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た徳川家康

    書院(対面所及び白書院)の南北にある能舞台のうち北側のもの。正面入母屋造、背面切妻造、檜皮葺き。修理時に「天正九年」(1581年)の墨書が発見されたが、これは懸魚の裏に貼られていた紙(現在は亡失)に書かれていたもので、ただちに建立年代を示すものとは考えられていない。本願寺の坊官を勤めた下間家が徳川家康から拝領したとの伝えもあり、正確な年代は不明ながら、江戸時代初期にはあったことが確認できるところから現存する能舞台としては最古のものといわれている。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た京都市

    西本願寺(にしほんがんじ)は、京都市下京区にある仏教寺院。浄土真宗本願寺派の本山である。山号は龍谷山(りゅうこくざん)。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た後奈良天皇

    三十六人家集37帖、附:後奈良天皇宸翰女房奉書1幅西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た飛鳥井雅章

    熊野懐紙(後鳥羽天皇宸翰以下11通)附:伏見宮貞敦親王御添状1巻、飛鳥井雅章添状1巻西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た後陽成天皇

    慶長7年(1602年)、後陽成天皇の勅許を背景に徳川家康から、豊臣秀吉の命により本願寺の寺内で隠居所(御影堂と阿弥陀堂もあり)を設けて北方に隠居させられていた教如(11代顕如の長男)へ烏丸七条に寺領が寄進され本願寺が正式に西(本願寺派)と東(大谷派)に分立する。このとき幕府内では当時の門主准如(顕如の三男)が関ヶ原の戦いにおいて西軍に味方したことから准如に代わり教如を門主にするとの考えもあったが、真宗の力を削ぐのに有効との考えから結局分立させることになった。とは言うものの、元来教如は石山合戦以来の自らの派を有しており、宗派内部はすでに分裂の状態にあった。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た伏見宮貞敦親王

    熊野懐紙(後鳥羽天皇宸翰以下11通)附:伏見宮貞敦親王御添状1巻、飛鳥井雅章添状1巻西本願寺 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示

「西本願寺」のニューストピックワード