前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • 西本願寺

    西本願寺から見た親鸞

    2011年4月9日より2012年1月16日まで、本願寺御影堂において親鸞聖人750回大遠忌法要が修行された。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た豊臣秀吉

    御影堂の南西に位置する。近世書院造を代表する建築の一つである。入母屋造妻入り、本瓦葺きで、平面規模は桁行(本建物の場合は奥行)38.5メートル、梁行(間口)29.5メートル。南側の対面所と北側の白書院から成るが、両者は元来別々の建物であった。本建物を豊臣秀吉の伏見城の遺構とするのは俗説で、実際は後述のとおり江戸時代の建物である。対面所の主室は欄間に雲と鴻(コウノトリ)を透彫りにするところから、「鴻の間」とも呼ばれる。広さは下段のみで162畳、上段を含め203畳、天井は格天井とする。襖、壁等の障壁画は本願寺お抱え絵師の渡辺了慶の筆と推定されている。正面奥(北側)は東西方向に長大な上段とし、中央に大床(おおどこ)、左に帳台構を設ける。上段の東には床高をさらに1段高めた上々段があり、違い棚と付書院を設ける。対面所の西側には雀の間、雁の間、菊の間があり、北側は納戸2室を挟んで白書院である。白書院は西から東へ三の間、二の間、一の間(紫明の間)からなる。一の間には変形10畳の上段があり、床、棚、付書院、帳台構を備える。なお、対面所と白書院三の間は、畳を上げると板敷きで、能舞台としても使用できるように工夫されている。寺の文書によれば、対面所は元和3年(1617年)の西本願寺の火災後まもなくの建築で、当初は現御影堂付近に東向きに建てられていたが、御影堂再建に先立ち寛永7年(1630年)に元和焼失以前に対面所が建っていた現在地に90度向きを変えて移築した。のちに(安永6年か)北側に別棟であった白書院を移築合体させた。書院は原則非公開。期日を限って特別公開の行われる場合があるが、それ以外の時期の拝観には事前の許可が必要である。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た住職

    本願寺住職が浄土真宗本願寺派の門主となる。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た徳川家康

    書院(対面所及び白書院)の南北にある能舞台のうち北側のもの。正面入母屋造、背面切妻造、檜皮葺き。修理時に天正9年(1581年)の墨書が発見されたが、これは懸魚に貼られた紙に書かれていたもので、ただちに建立年代を示すものとは考えられていない。下間家が徳川家康から拝領したとの伝えもあり、正確な年代は不明ながら、江戸時代初期にはあったことが確認できるところから現存する能舞台としては最古のものといわれている。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た准如

    築地別院(築地本願寺) - 元和3年(1617年)に第12代宗主准如が西本願寺の別院として建立。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た後陽成天皇

    慶長7年(1602年)、後陽成天皇の勅許を背景に徳川家康より教如(11代顕如の長男)へ烏丸七条に寺領が寄進され本願寺が東西に分立する。分立当初は、准如の「本願寺」を「本願寺」・「六条門跡」・「本門」と称され、教如の「本願寺」を「信淨院本願寺」・「本願寺隠居」・「七条本願寺」・「信門」と称された。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た顕如

    慶長7年(1602年)、後陽成天皇の勅許を背景に徳川家康より教如(11代顕如の長男)へ烏丸七条に寺領が寄進され本願寺が東西に分立する。分立当初は、准如の「本願寺」を「本願寺」・「六条門跡」・「本門」と称され、教如の「本願寺」を「信淨院本願寺」・「本願寺隠居」・「七条本願寺」・「信門」と称された。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た教如

    慶長7年(1602年)、後陽成天皇の勅許を背景に徳川家康より教如(11代顕如の長男)へ烏丸七条に寺領が寄進され本願寺が東西に分立する。分立当初は、准如の「本願寺」を「本願寺」・「六条門跡」・「本門」と称され、教如の「本願寺」を「信淨院本願寺」・「本願寺隠居」・「七条本願寺」・「信門」と称された。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た蓮如

    鷺森別院(鷺森本願寺) - 文明8年(1467年)に第8代宗主蓮如が建立。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た明治天皇

    御影堂 - 重要文化財指定名称は「大師堂」。これは、親鸞が明治天皇から見真大師の大師諡号を1876年に贈られたため。御影堂の正面に「見真」と書かれた額が掲げられている。ただし、2008年の「宗制」改正によって、「見真大師」の語は「宗制」から削除されている。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「西本願寺」のニューストピックワード