60件中 21 - 30件表示
  • 西本願寺

    西本願寺から見た御堂筋

    津村別院(北御堂) - 真宗大谷派の南御堂と並び、門前の街道が御堂筋と呼ばれる所以である。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た東本願寺

    西本願寺は通称であり、正式名称は「龍谷山 本願寺」、宗教法人としての名称は「本願寺」である。京都市民からは「お西さん」の愛称でも親しまれている。真宗大谷派の本山である「東本願寺」(正式名称「真宗本廟」・下京区)と区別するため、両派の本山は通称で呼ばれることが多い。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た幕末

    幕末期には京都を守る剣客集団新選組の本拠地ともなっている。現在まで境内地に大きな変化は無いが、明治9年(1876年)に真宗興正派が独立した際に南境内地を割譲。近年、境内地北側の旧本圀寺跡地(日蓮宗大本山、山科区に移転)を購入している。本願寺の寺基自体は400年以上に渡り移転していない。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た興正寺

    興正寺 - 南隣にある旧脇門跡。真宗興正派本山。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た桃山文化

    境内には桃山文化を代表する建造物や庭園が数多く残されており、平成6年(1994年)に国の史跡に指定され、同年12月にユネスコの文化遺産に「古都京都の文化財」として登録されている。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た浄土真宗本願寺派

    西本願寺(にしほんがんじ)は、京都市下京区にある仏教寺院。浄土真宗本願寺派の本山である。山号は龍谷山(りゅうこくざん)。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た安城御影

    紙本墨画親鸞聖人像(鏡御影) 附:絹本著色親鸞聖人像(安城御影)・ 絹本著色親鸞聖人像(安城御影副本)西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た真宗興正派

    幕末期には京都を守る剣客集団新選組の本拠地ともなっている。現在まで境内地に大きな変化は無いが、明治9年(1876年)に真宗興正派が独立した際に南境内地を割譲。近年、境内地北側の旧本圀寺跡地(日蓮宗大本山、山科区に移転)を購入している。本願寺の寺基自体は400年以上に渡り移転していない。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た門主

    黒書院は対面所及び白書院の北東に位置し、伝廊とともに国宝に指定されている。桁行21.5メートル、梁行13.9メートル。寺の記録から明暦3年(1657年)の建立とわかる。屋根は寄棟造、こけら葺きで、主屋部分と庇部分に分けて2段に葺く。前述の白書院が表向きの接客空間で、金地障壁画や彩色透彫の彫刻などで意匠を凝らしているのに対し、黒書院は門主の生活の場としての内向きの空間である。屋根は前者の瓦葺きに対してこけら葺きとし、内部の意匠は水墨の障壁画、土壁、面皮柱、棹縁天井などを用いた数寄屋風の造りとする。東側の一の間(11畳)、西の二の間(20畳)のほか、広敷の間、鎖の間、茶室などがある。一の間の床、棚、付書院なども草庵風の造りである。建物の東北隅は、一部を床を張らない土庇とし、外部空間を屋根内に取り込んでいる。黒書院は非公開であるが2012年11月に初公開された。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た真宗大谷派

    西本願寺は通称であり、正式名称は「龍谷山 本願寺」、宗教法人としての名称は「本願寺」である。京都市民からは「お西さん」の愛称でも親しまれている。真宗大谷派の本山である「東本願寺」(正式名称「真宗本廟」・下京区)と区別するため、両派の本山は通称で呼ばれることが多い。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「西本願寺」のニューストピックワード