前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示
  • フォール技

    フォール技から見た西村修西村修

    回転足折り固め、後方回転エビ固めとも呼ばれる。相手の背後に立ち、相手の両肩に自身の両手をついて跳び箱の要領で相手の上方に自身の体を浮き上がらせ、後下方に沈むタイミングで自身の両足首を相手の両脇に差し込んで、後方に回転していく(回転を始めた直後の動きとしては、相手の正面ではなく背後から、相手の首ではなく両脇の部分で、ウラカン・ラナ・インベルティダを行っているような動きとなる)。相手の体は、両脇に自身の両足首がフックされているため、後方に回転していく勢いと両足の力とで、自身と共に後方へと回転させられていく。相手の両肩がマットについたら、自身は後転を完了させ、さらにブリッジを決めることで相手の両脚をエビに固める。主な使用者はパット・オコーナー、藤波辰爾、初代タイガーマスク、越中詩郎、西村修、ピート・ロバーツ、真田聖也。フォール技 フレッシュアイペディアより)

  • いかレスラー

    いかレスラーから見た西村修西村修

    西村修:岩田貫一/いかレスラーいかレスラー フレッシュアイペディアより)

  • 無我 (プロレス)

    無我 (プロレス)から見た西村修西村修

    1995年10月29日、クラシカルなプロレスへの原点回帰を提唱した新日本プロレスの藤波辰爾が設立。ATCホールで旗揚げ戦を開催。藤波が新日本の社長についてからは「無我継承者」と名乗った西村修も運営に参加している。無我でデビューした倉島信行、正田和彦(現:MASADA)、竹村豪氏は新日本所属選手ではなく無我所属選手であった(後に竹村のみ新日本に移籍)。無我 (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ドラディション

    ドラディションから見た西村修西村修

    2006年1月、方向性の違いから新日本プロレスを退団した西村修、契約更改で新日本と決裂したヒロ斎藤、後藤達俊、新日本を退社したリングアナウンサーの田中秀和が自主興行を開催することを発表。ドラディション フレッシュアイペディアより)

  • 国民新党

    国民新党から見た西村修西村修

    第17回統一地方選挙では選挙戦直前の4月1日深夜に、民主党が郵政改革法案を審議する衆院特別委員会の設置を拒否したことへの「報復措置」として、民主党の統一地方選挙候補者683人のうち385人の推薦を取り消したことが話題となった。この措置に民主党は猛反発し連立与党内に深刻な亀裂が走った。一方で国民新党は5名を公認したが、結果は文京区の1名(プロレスラーの西村修)のみの当選に止まった。与党が統一地方選挙で敗北しさらに勢いを増した菅直人首相への退陣要求には否定的で菅首相の下で復興基本法案や補正予算を成立させるべきと主張していた。6月2日に菅内閣不信任決議案が採決された際にも全議員が反対票を投じた。国民新党 フレッシュアイペディアより)

  • BATT (プロレス)

    BATT (プロレス)から見た西村修西村修

    2004年、武藤のデビュー20周年を記念し、人生、西村修とタッグを結成して一夜限りのBATT復活を果たしている。BATT (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た西村修西村修

    1993年3月、若手選手を中心としたリーグ戦、ヤングライオン杯に出場。リーグ戦を勝利を積み重ねていき、23日の決勝戦で対戦した西村修から勝利を収め、同大会を優勝。6月より海外武者修行のため、グラーツを拠点とするキャッチ・レスリング・アソシエーション(Catch Wrestling Association、略称 : CWA)に参戦。現地でランス・ストームを下し、CWA世界ジュニアヘビー級王座に2度戴冠する活躍を遂げた。また、カルガリーの大剛鉄之助の元で肉体改造を行い、1995年1月4日、凱旋帰国に合わせてリングネームの姓を天山と改め、中西学とシングルマッチで対戦し、勝利を収めた。2月4日、橋本真也の保持するIWGPヘビー級王座に挑戦。敗れはしたものの、23歳9ヶ月での挑戦は当時の最年少挑戦記録を打ち立てており、その将来性を高く買われていた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 中西学

    中西学から見た西村修西村修

    2002年2月、フロリダ州タンパのカール・ゴッチと対面し、ゴッチの得意技であるジャーマン・スープレックスを伝授され、3月17日愛知県体育館にてジャイアント・シンをジャーマンでピンフォール勝ちを収める快挙を遂げた。4月には吉江と共にプロレスリング・ノアに参戦しGHCタッグ王座に挑戦、10月東京ドーム大会では新日本 vs 外敵軍のシングル7番勝負のトリでボブ・サップと対戦。12月には西村修、吉江とのトリオでトライアスロン・サバイバーに出場し、決勝戦で永田 & マイク・バートン & ジム・スティールと対戦。永田からジャーマン・スープレックス・ホールドで勝利を収め優勝を果たした。中西学 フレッシュアイペディアより)

  • 矢郷良明

    矢郷良明から見た西村修西村修

    WNCで当時WNC王者だった西村修との古典的プロレスリングマッチを披露。矢郷良明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤波 辰爾

    藤波辰爾から見た西村修西村修

    元新日本プロレスで藤波の愛弟子である西村修と田中秀和リングアナウンサーの新団体「無我ワールド・プロレスリング」の旗揚げ戦で第1試合に出場した。その後無我の代表取締役に就任。2007年1月28日には約30年ぶりにグラン浜田と対戦した。6月1日師匠であるアントニオ猪木と1年振りに会談したことが明らかとなり、その席で猪木が旗揚げするイノキ・ゲノム・フェデレーションへの協力を表明した。9月9日、NOAH日本武道館で、三沢との夢のタッグ戦が実現(三沢、潮崎vs藤波、西村)。パートナーの西村が潮崎に足四の字で勝利。藤波辰爾 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示

「西村修」のニューストピックワード