前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • ドラディション

    ドラディションから見た西村修西村修

    2006年、藤波辰爾、西村修らが「無我ワールド・プロレスリング」として旗揚げしたが、2008年より団体名を「DRADITION」に変更した。ドラディション フレッシュアイペディアより)

  • フォール技

    フォール技から見た西村修西村修

    相手と背中合わせの状態で立ち、背後から相手の両腕を絡めて前屈みになり、相手を自分の背中越しに前方へスライドさせ、エビ固めの体勢に持ち込む。主な使い手は藤波辰爾、西村修、堀口元気、旭志織など。アメリカではバックスライドと呼ばれる。かつてはハワイアン・バッククラッチホールド、ローリング・バッククラッチホールド(下記、同名の技と混同するために使われなくなった)とも呼ばれた。フォール技 フレッシュアイペディアより)

  • 中之上靖文

    中之上靖文から見た西村修西村修

    デビュー年は連敗街道が続き、入門もデビューも後輩である曹駿にシングルマッチで敗れることもあった。しかし、その不屈の精神で経験を積み、台湾興行では付き人を務める西村修とのタッグで、アジアタッグ次期挑戦者決定トーナメントに出場。一回戦で敗れたものの、翌日のバトルロイヤルではその西村からフォールを奪う。中之上靖文 フレッシュアイペディアより)

  • いかレスラー

    いかレスラーから見た西村修西村修

    西村修:岩田貫一/いかレスラーいかレスラー フレッシュアイペディアより)

  • 真田聖也

    真田聖也から見た西村修西村修

    フィニッシュにドラゴン・スープレックスを使っていることで分かる通りドラゴン殺法を好む。藤波辰爾について「(プロレス界に)入ってから好きになりました」と語り、根性よりも技術で闘う姿に惹かれたとのこと。また西村修のようにあまり大技を出さないレスリングが好きだとも語っている。またその西村修からは「無我の継承者」として期待されている。真田聖也 フレッシュアイペディアより)

  • 国民新党

    国民新党から見た西村修西村修

    第17回統一地方選挙では選挙戦直前の4月1日深夜に、民主党が郵政改革法案を審議する衆院特別委員会の設置を拒否したことへの「報復措置」として、民主党の統一地方選挙候補者683人のうち385人の推薦を取り消したことが話題となった。この措置に民主党は猛反発し連立与党内に深刻な亀裂が走った。一方で国民新党は5名を公認したが、結果は文京区の1名(プロレスラーの西村修)のみの当選に止まった。与党が統一地方選挙で敗北しさらに勢いを増した菅直人首相への退陣要求には否定的で菅首相の下で復興基本法案や補正予算を成立させるべきと主張している。6月2日に菅内閣不信任決議案が採決された際にも全議員が反対票を投じた。国民新党 フレッシュアイペディアより)

  • 藤波 辰爾

    藤波辰爾から見た西村修西村修

    元新日本プロレスで藤波の愛弟子である西村修と田中秀和リングアナウンサーの新団体「無我ワールド・プロレスリング」の旗揚げ戦で第1試合に出場した。その後無我の代表取締役に就任。2007年1月28日には約30年ぶりにグラン浜田と対戦した。6月1日師匠であるアントニオ猪木と1年振りに会談したことが明らかとなり、その席で猪木が旗揚げするイノキ・ゲノム・フェデレーションへの協力を表明した。9月9日、NOAH日本武道館で、三沢との夢のタッグ戦が実現(三沢、潮崎vs藤波、西村)。パートナーの西村が潮崎に足四の字で勝利。藤波辰爾 フレッシュアイペディアより)

  • コブラツイスト

    コブラツイストから見た西村修西村修

    背中・脇腹・腰・肩・首筋を痛めつける技で、がっちりと決まると呼吸さえ苦しくなる。かつてはアントニオ猪木が必殺技として使っており、藤波辰爾や西村修が継承している。一時期は猪木のフィニッシュ・ホールドであり「アントニオ猪木といえばコブラツイスト」ともされていたが、この技を多くのプロレスラーが使い出したため(特にライバルのジャイアント馬場が使い出したことが大きな理由であるといわれる)、その進化系である卍固めを使い始めたという。昭和期の使い手としては他にグレート草津がいる。コブラツイスト フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た西村修西村修

    1月、西村修、田中秀和リングアナウンサーら団体史上最多の11人の選手・スタッフが契約を更改せず退団。その後も木村、藤波などが退団。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • フロント・ネックチャンスリー

    フロント・ネックチャンスリーから見た西村修西村修

    フロント・ネックチャンスリーの体勢から、頭を抱えてない方の腕で、相手の片腕(上腕部付近)を下から掬い上げるようにして抱え込んで、後方へ反り投げる。投げた後、相手を離さず、自分はブリッジしたままの状態でピンフォールするホールド式も存在する。単にハーフハッチと呼ぶこともある。西村修、棚橋弘至らが得意とし、特に若手時代に多用した。フロント・ネックチャンスリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「西村修」のニューストピックワード