67件中 11 - 20件表示
  • 浅子覚

    浅子覚から見た西村修西村修

    新日本プロレス学校卒業生。元々から全日本プロレスに憧れていたが、事情あって新日本プロレス学校に入学。一緒に練習していた西村修の話によると、非国民的な扱いを受けながらも黙々と練習に励んでいたそうである。1990年に全日本プロレス入門。背も低く、体も小さかったので、ジャイアント馬場は当初入団に難色を示していたが、丁度SWSへの選手の大量離脱があり、レスラー不足から入門を認められたと言われている。1991年4月4日岡山武道館でのリチャード・スリンガー、浅子覚組対百田光雄、井上雅央組でプロレスデビューを飾る。浅子覚 フレッシュアイペディアより)

  • SPWF

    SPWFから見た西村修西村修

    2006年4月22日の西調布格闘技アリーナ大会で、残って活動を続けていた超人勇者Gヴァリオンらほとんどの選手、スタッフが退団。事実上の活動停止となった。2006年8月、最後の所属レスラーであった増田圭祐によって、最後の道場マッチが開かれた。この道場は2006年6月より西村修が借りるようになり、後に無我ワールド・プロレスリングの道場として使われた。SPWF フレッシュアイペディアより)

  • BATT (プロレス)

    BATT (プロレス)から見た西村修西村修

    西村修 - 当時新日本プロレス所属。BATT (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • バックブリーカー

    バックブリーカーから見た西村修西村修

    別名弓矢式背骨折り、弓矢固め、ボー・アンド・アロー。うつ伏せにマットに倒れている相手の背中に自らの両膝を当て、さらに相手の頭部と片足を両手でそれぞれ掴み、その状態のまま自分は背中からマットへ寝転がると同時に相手の体を反転させて持ち上げ、自らの曲げた両膝に相手の背中を押しつけながら相手の頭部と片足を手で下方向へ締め上げてダメージを与える。主な使用者はホースト・ホフマン、アントニオ猪木、西村修、つくしなど。また、全盛期のアンドレ・ザ・ジャイアントも得意技としていた。新日本プロレスに来日していた頃のハルク・ホーガンは猪木との幾度の対戦からこの技を盗み、古舘伊知郎をして「脱出不可能の超人背骨折り地獄」と言わしめた。バックブリーカー フレッシュアイペディアより)

  • スピニング・トーホールド

    スピニング・トーホールドから見た西村修西村修

    最近では使い手がめっきり少なくなった技であるが、日本では西村修がドリーから直接に指導を受け、またテリーを崇拝しているMEN'Sテイオー(元テリー・ボーイ)も好んで使用している。スピニング・トーホールド フレッシュアイペディアより)

  • 狼群団

    狼群団から見た西村修西村修

    2011年10月3日に開催予定の『猛牛祭 ?天山広吉デビュー20周年記念興行?』で蝶野・天山・斎藤のトリオが再集結し、西村修・金本浩二・大谷晋二郎組と対戦する。狼群団 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伊知郎

    山中伊知郎から見た西村修西村修

    コサキン(関根勤・小堺一機)の二人など、知人からは、著述活動は「小遣い稼ぎ」とも揶揄され、プロレスラーの西村修に関する本を書こうとして取材した際、いきなりギャラの交渉から始めたため、西村の不興を買った、という出来事もあった。またコサキンの二人からは「金の事しか考えていない」(『これが「年収」だ!!』という本も出している)と言われたり、「お金がもったいないから息子を私立中学には行かせない」と言ったために関根から「男気がない」と言われる(この話から、カンコンキンシアター16回目のサブタイトルは『ぼく、私立へ行きます』になった)など、コサキンのラジオ番組ではたびたびネタにされている。山中伊知郎 フレッシュアイペディアより)

  • ジャーマン・スープレックス

    ジャーマン・スープレックスから見た西村修西村修

    ゴッチが新日本プロレスに協力した関係で、この技は主に新日本出身レスラーに引き継がれていくことになる。アントニオ猪木をはじめとして、藤波辰爾(のちにドラゴン・スープレックスに発展)、初代タイガーマスク、前田日明、山崎一夫などが使い手となり、前座の荒川真でさえ得意技にしていた。意外な名手はヒロ斎藤。セントーンのイメージが強いが、大きい試合の決め技に奥の手としてジャーマンを使っていた。だが最近はほとんど見られなくなってしまった。2006年8月2日、無我ワールド・プロレスリング旗揚げ戦のメインイベントにおいて久々に公開。この技で西村修からフォール勝ちした。(尚、斉藤は凱旋帰国当初はジャーマンをフィニッシュホールドにしており、当時のブリッジの深さと美しさは群を抜いていた)ジャーマン・スープレックス フレッシュアイペディアより)

  • キャッチ・アズ・キャッチ・キャン

    キャッチ・アズ・キャッチ・キャンから見た西村修西村修

    ゴッチはその後も新日本プロレスでコーチ活動を続け、アントニオ猪木、木戸修、藤波辰巳、藤原喜明、前田日明、西村修、船木誠勝、鈴木みのるらを指導した。ゴッチの教え子達は特にCACCの技術に拘りを持ち、前田は1984年にUWFを、船木、鈴木は1993年にパンクラスを立ち上げ、藤波、西村はドラディションを主宰するなどそれを前面に押し出した活動を継続している。キャッチ・アズ・キャッチ・キャン フレッシュアイペディアより)

  • アル・スノー

    アル・スノーから見た西村修西村修

    日本では北尾道場、藤波辰爾の自主興行「無我」への参戦経験があり、西村修のアメリカ武者修行時代のライバルでもあった。アル・スノー フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「西村修」のニューストピックワード