89件中 31 - 40件表示
  • 大日本最侠タッグリーグ戦

    大日本最侠タッグリーグ戦から見た西村修西村修

    慣例として、決勝戦にBJW認定タッグ王者が進出した場合、決勝戦はタッグ選手権試合を兼ねる事が多い。また、若手選手への教育を目的として大物ゲストと若手のチームを最低一組出場させている(西村修(&石川晋也)・金本浩二(&橋本和樹)・鈴木秀樹(&宇藤純久)など)。大日本最侠タッグリーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 村瀬広樹

    村瀬広樹から見た西村修西村修

    2013年1月25日、WNC新宿FACE大会で洞口義浩相手に公開プロテストに挑み、アームロックで亜脱臼に追い込み、洞口の代役として直後の第1試合出場という異例のデビューとなり、ジョシュ・オブライエンから勝利を奪った。2月16日、WNC FUTUREで洞口との初シングルをラリアットで制する。2月28日、新宿大会で篠瀬三十七と組み、土肥孝司&高橋匡哉組と対戦するが、高橋のジャーマンスープレックスホールドで初の敗戦。3月31日、新宿大会昼の部で高橋と初シングルもジャーマンスープレックスホールドで敗れる。6月16日、若手ながら自身の生まれの岐阜県にて凱旋興行を行いAKIRAと若手ならぬ激戦のうえ敗戦8月9日、鹿児島大会で当時WNCチャンピオンだった西村修とシングルで敗戦。9月14日、兵庫大会でゼウスと100発を超えるチョップ合戦を行うが敗戦。11月29日、新宿大会で「もっと大きな選手と戦いたい」とWNC退団を表明。村瀬広樹 フレッシュアイペディアより)

  • ドリー・ファンク・ジュニア

    ドリー・ファンク・ジュニアから見た西村修西村修

    全日本プロレスへの外国人レスラーのブッキングを行ったり、指導者として多くの後進を育成してきてもいる。門下にはジャンボ鶴田、天龍源一郎、ボブ・バックランド、スタン・ハンセン、テッド・デビアス、レイ・キャンディ、ティト・サンタナ、ジェイ・ヤングブラッド、石川敬士、キング・ハク、ジョニー・エース、ジェフ・ハーディー、マット・ハーディー、テスト、ジャイアント・シルバ、クリスチャン・ケイジらがいる。全日本に継続参戦している頃はコーチ役も受け持っており、三沢光晴らの成長に一役買った。その他、門下ではないものの、カート・アングル、西村修も彼の指導を受けている。ドリー・ファンク・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • X'mas チャリティ・プロレス・ディナーショー!

    X'mas チャリティ・プロレス・ディナーショー!から見た西村修西村修

    第3試合は、ザ・グレート・カブキ、ヒロ斉藤対天龍源一郎、西村修のレジェンド対決。チョップやエルボースマッシュなど技と技の応酬が繰り広げられたあと、斉藤が西村を抑えて決着した。X'mas チャリティ・プロレス・ディナーショー! フレッシュアイペディアより)

  • ミスター雁之助

    ミスター雁之助から見た西村修西村修

    2007年1月27日、無我ワールド・プロレスリングにフリーとして参戦。バック・クオーターメインとのシングルで勝利。試合後、インディー批判をする同団体の西村修に対し雁之助は、(西村はその場に不在であったが)「インディーの何が悪いのか、何が気に食わないのか教えてくれ」と訴えていた。ミスター雁之助 フレッシュアイペディアより)

  • エル・サムライ

    エル・サムライから見た西村修西村修

    2004年4月、マスクを脱ぎ「松田納復帰戦」として西村修と素顔で対戦するも西村に敗北。試合後のインタビューでは「やっぱりねやってて恥ずかしいですね。今ひとつピンと来ないですね。自分としては、もうそんなやるつもりはないですけどね。」と発言している。その後エル・サムライに戻している。エル・サムライ フレッシュアイペディアより)

  • カズ・ハヤシ

    カズ・ハヤシから見た西村修西村修

    2008年からは、ジュニア最前線復帰を宣言。2年ぶりのジュニア・タッグリーグ戦はエル・サムライとのタッグで出場するが、決勝戦で土方隆司、中嶋勝彦組に敗れ準優勝。世界最強タッグ決定リーグ戦では西村修と、第81代アジアタッグ王者決定トーナメントでは武藤敬司とのタッグで出場した。カズ・ハヤシ フレッシュアイペディアより)

  • 明るすぎる劇団・東州

    明るすぎる劇団・東州から見た西村修西村修

    2014年の定期公演では、新国立劇場に、初めて本物のリングが設置され、初日に初代タイガーマスク、ザ・グレート・サスケ、西村修が、2日目に三田英津子、ブル中野、山田敏代が、主人公とプロレスや異種格闘技戦を行うなどの演出も見られた。明るすぎる劇団・東州 フレッシュアイペディアより)

  • 長沢伸也

    長沢伸也から見た西村修西村修

    『地場産業の高価格ブランド戦略 朝日酒造・スノーピーク・ゼニス・ウブロに見る感性価値創造』西村修共著 晃洋書房 2015長沢伸也 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽ケア

    太陽ケアから見た西村修西村修

    10月22日に武藤とのタッグで世界タッグ王座を奪取、10月28日に福岡国際センターで行われた初のIWGPタッグ王座とのダブルタイトル戦で藤波辰爾&西村修組に勝利、史上初の同時戴冠タッグとなる。また、年末の恒例の世界最強タッグ決定リーグ戦でも優勝した。太陽ケア フレッシュアイペディアより)

89件中 31 - 40件表示