67件中 41 - 50件表示
  • 竹村豪氏

    竹村豪氏から見た西村修西村修

    2001年2月に新日本プロレスに入団。新日本プロレスではジュニアヘビー級で実績を積んだ。新日本プロレス所属中も2002年4月から途中1か月の一時帰国を挟んで2003年8月まで長期メキシコ遠征を経験している。メキシコでは西村修とのタッグや、NOSAWA、MAZADAとの「東京愚連隊」として活動した。竹村豪氏 フレッシュアイペディアより)

  • 国民新党所属の議員及び党員

    国民新党所属の議員及び党員から見た西村修西村修

    西村修 - 文京区議会議員 2011年統一地方選で初当選(公認)。2012年5月に離党。国民新党所属の議員及び党員 フレッシュアイペディアより)

  • 9月23日

    9月23日から見た西村修西村修

    1971年 - 西村修、プロレスラー、政治家9月23日 フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た西村修西村修

    草村徹(西村修ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た西村修西村修

    ビキニ型のパンツ。最も一般的なリングコスチュームで、黎明期から現在に至るまでほとんどの団体の選手で見られる。伝統的に新日本プロレスでは黒、全日本プロレスでは赤、青、黄、緑などカラータイツが好んで着用され、新人選手の多くは無地のこのタイプを着用している。黒色無地のタイツに肘・膝のサポーター類を一切着用しないスタイルはストロングスタイルの象徴とされ、現役では藤波辰爾、長州力、中西学、西村修らが実践している。一定のキャリアを積んだ選手の中には柄付きやロゴ付きのものを着用しオリジナリティを演出する者もいる。他のタイプのコスチュームを着用する時もアンダーウェアとして着用されるほか、三沢光晴などのようにロングタイツの上から着用するパターンもある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • エルボー・バット

    エルボー・バットから見た西村修西村修

    主な使用者:ドリー・ファンク・ジュニア、ビル・ロビンソン、豊登、西村修、三沢光晴、ジャンボ鶴田、金丸義信、大森隆男、ケンドー・カシン、ナイジェル・マッギネス、ダグ・ウィリアムスエルボー・バット フレッシュアイペディアより)

  • 福田洋

    福田洋から見た西村修西村修

    12月31日年越しプロレスにて西村修と対戦。9:15スピニングトゥーホールドで敗れる。福田洋 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見た西村修西村修

    西村修(政治家・フリーランス)全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 武藤 敬司

    武藤敬司から見た西村修西村修

    2004年から他団体のリングに積極的に進出するようになる。2年ぶりに新日本のリングに上がり、1月4日にはボブ・サップとタッグを組み、蝶野&天山広吉に勝利。その後、10月9日には、付き人を務めた西村修と組み、棚橋弘至&中邑真輔と対戦したが敗れている。ZERO-ONEのリングでは、2月29日に大森隆男と対戦して勝利。4月25日には、橋本とタッグを結成して勝利を収めたが、奇しくもこれが最後となった。武藤敬司 フレッシュアイペディアより)

  • 高山善廣

    高山善廣から見た西村修西村修

    2004年2月1日、北海道立総合体育センターで鈴木と組み、天山広吉・西村修組からIWGPタッグ王座を奪取する。3大メジャー団体のタッグ王座を制覇したのは、この時点でベイダーに続き2人目。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示

「西村修」のニューストピックワード