89件中 41 - 50件表示
  • Wrestling New Classic

    Wrestling New Classicから見た西村修西村修

    3月31日、新宿FACEで初の昼夜興行を開催(観衆昼320人、夜450人)。昼の部で西村修、ダイヤモンド・リング勢が初参戦。夜の部でタイトルマッチが行われた。Wrestling New Classic フレッシュアイペディアより)

  • シアタープロレス花鳥風月

    シアタープロレス花鳥風月から見た西村修西村修

    3月13日、東京タワースタジオで西村修が設立した花鳥風月無我伝承(かちょうふうげつむがでんしょう)の旗揚げ戦を開催。シアタープロレス花鳥風月 フレッシュアイペディアより)

  • 浅子覚

    浅子覚から見た西村修西村修

    新日本プロレス学校卒業生。元々から全日本プロレスに憧れていたが、事情あって新日本プロレス学校に入学。一緒に練習していた西村修の話によると、非国民的な扱いを受けながらも黙々と練習に励んでいたそうである。1990年に全日本プロレス入門。背も低く、体も小さかったので、ジャイアント馬場は当初入団に難色を示していたが、丁度SWSへの選手の大量離脱があり、レスラー不足から入門を認められたと言われている。1991年4月4日岡山武道館でのリチャード・スリンガー、浅子覚組対百田光雄、井上雅央組でプロレスデビューを飾る。浅子覚 フレッシュアイペディアより)

  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た西村修西村修

    第2回は、アメリカのプロレス団体TNAとの「全面対抗」を意識したマッチメイクであった。また、年末に西村修が退団した無我ワールド・プロレスリングが心機一転したドラディションより藤波辰爾が久々に古巣の新日本プロレスに参戦。他には年末のハッスルに参戦した全日本プロレスのグレート・ムタもその時、流れに乗っていた後藤洋央紀と対戦した。IWGPジュニアヘビー級選手権試合では、井上亘がTNAのクリストファー・ダニエルズと闘い、また、中西学がシングルマッチとしてアビスと対戦。セミファイナルでは、事実上のタイトルマッチとして、3代目IWGPヘビー級ベルトを保持するカート・アングルに、永田裕志が挑戦。しかし、新日本にIWGPを持ちかえることができなかった。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見た西村修西村修

    プロレスラーではアントニオ猪木がスポーツ平和党を結成し第15回参議院議員通常選挙に比例区から初当選し、馳浩は第17回参議院議員通常選挙で参議院議員となったが、のち本格的に政治家に転身することとなり衆議院に転出、プロレスラーも引退した(後に2006年8月27日に両国国技館で引退試合を行っている)、第19回参院選では大仁田厚が比例区で出馬し当選、第20回参院選では神取忍が繰上げ当選、木村健悟(引退後)・西村修・土方隆司が第17回統一地方選挙でそれぞれの議会に立候補し初当選した。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

  • AKIRA (プロレスラー)

    AKIRA (プロレスラー)から見た西村修西村修

    西村修同様、屈伸させた両足を伸ばして蹴るのが特徴。AKIRA (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ斎藤

    ヒロ斎藤から見た西村修西村修

    2006年1月末で新日本プロレスを退団。直後から西村修と行動を共にするようになり、その縁あって無我ワールド・プロレスリングへの参戦、後に正式入団する。その後、無我がドラディションに名前が変わった時は藤波辰爾と行動を共にし、レジェンドレスラーの一人として、今なおリングに上がり続ける。ヒロ斎藤 フレッシュアイペディアより)

  • 征矢学

    征矢学から見た西村修西村修

    後楽園大会の翌日、10月19日に西村修と共に全日本プロレスへ電撃移籍を発表した。11月23日の後楽園大会にて対近藤修司戦で全日本デビュー。征矢学 フレッシュアイペディアより)

  • 野村直矢 (プロレスラー)

    野村直矢 (プロレスラー)から見た西村修西村修

    11月、世界最強タッグ決定リーグ戦に青柳との若手タッグで出場。開幕戦の11月23日後楽園ホール大会にて、KENSO&西村修組と対戦し、KENSOから横入り式エビ固めで見事1勝をあげ、先輩レスラーから初の勝利をもぎとった。また、最終戦の12月6日、大阪府立体育会館第2競技場にて、メインイベントの諏訪魔&宮原健斗対ゼウス&ボディガーの試合後に諏訪魔と握手をしエボリューションに加入した。野村直矢 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • トランザム★ヒロシ

    トランザム★ヒロシから見た西村修西村修

    12月31日、年越しプロレスにて西村修と対戦。9:15スピニングトゥーホールドで敗れる。同日、日本インディー大賞 2012のニューカマー部門で2位に入賞。また、年末にかけて減量を実施。デビュー時の95kgから75kg程度まで落とす。トランザム★ヒロシ フレッシュアイペディアより)

89件中 41 - 50件表示

「西村修」のニューストピックワード