89件中 61 - 70件表示
  • 竹村豪氏

    竹村豪氏から見た西村修西村修

    2001年2月に新日本プロレスに入団。新日本プロレスではジュニアヘビー級で実績を積んだ。新日本プロレス所属中も2002年4月から途中1か月の一時帰国を挟んで2003年8月まで長期メキシコ遠征を経験している。メキシコでは西村修とのタッグや、NOSAWA、MAZADAとの「東京愚連隊」として活動した。竹村豪氏 フレッシュアイペディアより)

  • 木村健悟

    木村健悟から見た西村修西村修

    体力が衰え始めた平成維震軍解散前後(1999年解散)には、自身の役割が長らく“やられ役”であったことも重なり、露骨に弱々しさを感じさせるファイトが多くなっていた。本人もそれを自覚しており、2003年4月18日の後楽園ホールでの西村修とのシングル戦(キャッチレスリングルール)を最後に引退した。引退試合の相手には長年のライバルである藤波辰爾を希望していたが、藤波の体調が優れず実現しなかった。引退後は新日本プロレスのスカウト部長の要職に就き、テレビ解説も行なっていたが、2006年3月27日付で自主退社した。木村健悟 フレッシュアイペディアより)

  • バックブリーカー

    バックブリーカーから見た西村修西村修

    弓矢式背骨折りとも呼ばれる。うつ伏せにマットに倒れている相手の背中に自らの両膝を当て、さらに相手の頭部と片足を両手で、それぞれ掴み、その状態のまま自分は背中からマットへ寝転がると同時に相手の体を反転させて持ち上げて、自らの曲げた両膝に相手の背中を押しつけながら相手の頭部と片足を手で下方向へ締め上げてダメージを与える。ホースト・ホフマンのオリジナル技。他の使用者はアントニオ猪木、西村修、つくしなど。また、全盛期のアンドレ・ザ・ジャイアントも得意技としていた。新日本プロレスに来日していた頃のハルク・ホーガンは猪木との幾度の対戦からこの技を盗み、古舘伊知郎をして「脱出不可能の超人背骨折り地獄」と言わしめた。バックブリーカー フレッシュアイペディアより)

  • 9月23日

    9月23日から見た西村修西村修

    1971年 - 西村修、プロレスラー、政治家9月23日 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚高史

    飯塚高史から見た西村修西村修

    若手時代に使用していたフィニッシュ・ホールド。のちに西村修が使用しだしてからは徐々に使用しなくなった。飯塚高史 フレッシュアイペディアより)

  • 真田聖也

    真田聖也から見た西村修西村修

    それからも相棒の征矢と共に若手ヘビー級戦線で活躍していたが、その征矢が長州力に弟子入り志願するなど話題を集めていることにジェラシーを爆発。2009年度の最強タッグでは相棒の征矢ではなくその師匠の西村修と組んで出場することが決まった。その後、元相棒の征矢から逆さ押さえ込みで勝利した試合のバックステージにて、西村から「無我の後継者に相応しい」とのコメントを受ける。真田聖也 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ドーリング

    ジョー・ドーリングから見た西村修西村修

    2008年4月5日から開催されたチャンピオン・カーニバルに出場。西村修、そして前三冠王者の鈴木みのるから勝利を収めた。ジョー・ドーリング フレッシュアイペディアより)

  • 宮原健斗

    宮原健斗から見た西村修西村修

    同年のチャンピオン・カーニバルにエントリー、結果は1勝3敗1両者リングアウトで終わった。唯一の勝利は西村修からであった。宮原健斗 フレッシュアイペディアより)

  • 中之上靖文

    中之上靖文から見た西村修西村修

    デビュー年は連敗街道が続き、入門もデビューも後輩である曹駿にシングルマッチで敗れることもあった。しかしその不屈の精神で経験を積み、台湾興行では付き人を務める西村修とのタッグで、アジアタッグ次期挑戦者決定トーナメントに出場。一回戦で敗れたものの、翌日のバトルロイヤルではその西村からフォールを奪った。中之上靖文 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本真也

    橋本真也から見た西村修西村修

    空気銃で撃ったスズメを付き人時代の天山広吉に食べさせた。天山はその後体重が10kgも落ち、保健所に電話し「伝染病とかは大丈夫なんでしょうか」と聞いたという。その他にも、もう一人の付き人である西村修ら、若手レスラーを引き連れて起こした「遊び」は数々の逸話を残し、天山はそれらのイタズラの最大の被害者であった。橋本真也 フレッシュアイペディアより)

89件中 61 - 70件表示

「西村修」のニューストピックワード