89件中 71 - 80件表示
  • ライノ (プロレスラー)

    ライノ (プロレスラー)から見た西村修西村修

    1997年、オットー・ワンツが主宰していたドイツ・オーストリアの団体であるCWA(Catch Wrestling Association)に、ライノ・リチャーズ(Rhino Richards)のリングネームで参戦。ジャン=ピエール・ラフィットやジョー・レジェンドと組んでCWA世界タッグ王座を獲得し、トニー・セント・クレアーや西村修とも対戦した。ライノ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • トニー・セント・クレアー

    トニー・セント・クレアーから見た西村修西村修

    2001年10月、無我への参戦で6年ぶりの来日が実現。翌2002年10月にも通算19回目の来日を果たし、西村修とラウンド制のキャッチ・ルールで対戦した。2006年には無我ワールド・プロレスリングのプレ旗揚げ戦で藤波辰爾とのシングルマッチが予定されていたが、脳梗塞で倒れ来日中止となった。トニー・セント・クレアー フレッシュアイペディアより)

  • ミレ・ツルノ

    ミレ・ツルノから見た西村修西村修

    1990年代もCWAでの活動を続け、1990年から1993年にかけては、ランボー、クリス・ベノワ、オーエン・ハート、ランス・ストームなどのカナダ勢や、野上彰、飯塚孝之、山本広吉といった当時の新日本プロレスの若手選手とも対戦。1998年1月17日には、ドイツのハノーバーで行われたIWW(インディペンデント・レスリング・ワールド)のワンナイト・トーナメントに出場、決勝の4ウェイ・マッチで西村修に敗れた。ミレ・ツルノ フレッシュアイペディアより)

  • 田村和宏

    田村和宏から見た西村修西村修

    3月18日、全日本プロレスに初参戦。アックスボンバーズとしての師匠大森隆男と組み、元同門の那須晃太郎、西村修と対戦。大森のアックスボンバーが那須に決まり勝利。田村和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高木功

    高木功から見た西村修西村修

    2007年4月11日、無我ワールド・プロレスリング後楽園大会へ来場し、藤波辰爾に同団体への参戦を直訴した。一度は嵐に謝罪の誠意が見られないことで取り消しとなっていたものの、西村修が後見人になり、藤波とフロントを説得したことで、21日の後楽園大会の試合に第0試合として出場できることになった。試合は西村とのシングル(西村はこの日2試合行う)でブランクは埋まらず4分足らずでスリーパーでギブアップ負け。ただすぐマイクを持ちファンの前で謝罪の挨拶をした。また全試合終了後の全選手が観客に挨拶した際には高木も呼ばれたが、リングに入ろうとした時に藤波より「リングには入るな」の指令があり(まだ正式な所属でない、の意味)場外からの挨拶となった。高木功 フレッシュアイペディアより)

  • TAJIRI

    TAJIRIから見た西村修西村修

    8月8日に西村修を破り、WNC王座を獲得。TAJIRI フレッシュアイペディアより)

  • 国民新党所属の議員及び党員

    国民新党所属の議員及び党員から見た西村修西村修

    西村修 - 文京区議会議員 2011年統一地方選で初当選(公認)。2012年5月に離党。国民新党所属の議員及び党員 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た西村修西村修

    西村修、吉江豊が新日本所属時代にスポット参戦したことはあったものの、無我旗揚げ以降は接触が無かったが2007年9月9日の大会において三沢&潮崎組と藤波辰爾&西村組の特別試合が行われた。三沢と藤波は2005年5月14日の新日本プロレスの大会においてタッグを結成。対戦相手は蝶野&ライガー組であった。正真正銘の初タッグながらスムーズな連係を見せ、最後はライガーを三沢のダイビング・ボディ・プレス→藤波のグラウンドコブラツイスト、という流れで仕留めている。この後、再びタッグマッチという形で2年4か月振りの再会が実現した。その後、ノアとは関係を絶ち新日本などの他団体と交流していたが、2013年12月7日に行われた田上の引退試合に田上本人の希望で藤波が参戦した。以降、ドラディションの興行にノアの選手が出場するなど交流が再開され、現在は所属選手のLEONAがノアの興行に定期参戦している。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た西村修西村修

    ナガタロックIIの体勢から移行してコブラツイストのような形で相手の上半身を締める。当初永田はミルコ戦での初公開を予告していた。だが実際には対西村修戦で初公開された。これは極度の軟体であり通常の関節技が効かないとされていた西村に対しての対抗策であった。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 長州力

    長州力から見た西村修西村修

    長州は1988年7月にアントニオ猪木から念願のフォール勝ちを奪い、名実共に新日本マットの中心となった。そして現場監督として猪木が一線を退いた後の団体を取り仕切り、因縁浅からぬUWFインターナショナルとの抗争を主導し、平和のための平壌国際体育・文化祝典で生じた赤字を埋めることに成功する。しかし、その後は愛弟子の佐々木健介や他団体の天龍源一郎を重用する等の私情優先とも取れる経営も見られ西村修などの一部新日選手に長州を嫌う傾向が出始める。長州力 フレッシュアイペディアより)

89件中 71 - 80件表示