1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示
  • ジョー・マレンコ

    ジョー・マレンコから見た西村修西村修

    2010年11月、全日本プロレスの『世界最強タッグ決定リーグ戦』に西村修とのチームで出場。両者は1990年代からの旧知の間柄であり、ECWでも対戦したことがある。ジョー・マレンコ フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た西村修西村修

    西村修(1991年 - 2006年→無我ワールド・プロレスリング→全日本プロレス→フリー)新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • コブラツイスト

    コブラツイストから見た西村修西村修

    アントニオ猪木が使用しており、藤波辰爾と西村修が継承して使用している。一時期は猪木のフィニッシュ・ホールドであり「アントニオ猪木といえばコブラツイスト」ともされていたがコブラツイストを多くのレスラーが使い出したため(特にライバルのジャイアント馬場が使用したことが大きな理由であるといわれる)、その進化系である卍固めを使用したという。昭和期の使用者として猪木と馬場の他にグレート草津がいるが日本において、最初に使用したのは吉原功。コブラツイスト フレッシュアイペディアより)

  • エルボー・バット

    エルボー・バットから見た西村修西村修

    上記以外の主な使用者は豊登、三沢光晴、大森隆男、西村修、ケンドー・カシン、金丸義信、セザーロ。エルボー・バット フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見た西村修西村修

    西村修(新日本プロレス→フリー→無我ワールド・プロレスリング→2007年 - 2011年→フリー)全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た西村修西村修

    ビキニ型のパンツ。最も一般的なリングコスチュームで黎明期から現在に至るまでほとんどの団体の選手で見られる。伝統的に新日本プロレスでは黒、全日本プロレスでは赤、青、黄、緑などカラータイツが好んで着用されて新人選手の多くは無地のこのタイプを着用している。黒色無地のタイツに肘、膝のサポーター類を一切着用しないスタイルはストロングスタイルの象徴と呼ばれ、現役では藤波辰爾、長州力、中西学、西村修らが実践している。一定のキャリアを積んだ選手の中には柄付きやロゴ付きのものを着用しオリジナリティを演出する者もいる。他のタイプのコスチュームを着用する時もアンダーウェアとして着用されるほか三沢光晴などのようにロングタイツの上から着用するパターンもある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 高山善廣

    高山善廣から見た西村修西村修

    2004年2月1日、北海道立総合体育センターで鈴木と組み、天山広吉・西村修組からIWGPタッグ王座を奪取する。3大メジャー団体のタッグ王座を制覇したのは、ベイダーに続き2人目。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

  • カール・ゴッチ

    カール・ゴッチから見た西村修西村修

    2006年7月より藤波辰爾、西村修が設立した無我ワールド・プロレスリングの名誉顧問に就任。晩年はタンパの自宅に西村が度々訪ね、既に夫人を亡くしていたゴッチの世話を行っていた。2人で夜な夜なワインを酌み交わしながら、プロレス談義に花を咲かせていたという。前田日明はその話を聞き、後輩である西村に恩義を感じている。カール・ゴッチ フレッシュアイペディアより)

  • エルボー

    エルボーから見た西村修西村修

    主な使用者:ドリー・ファンク・ジュニア、西村修、三沢光晴、ジャンボ鶴田、金丸義信、大森隆男、ケンドー・カシン、ナイジェル・マッギネス、ダグ・ウイリアムスエルボー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示

「西村修」のニューストピックワード