75件中 41 - 50件表示
  • 西村修

    西村修から見たトリプルスレットマッチ

    2008年5月には新韓国プロレス大会に参戦。カート・アングル、力抜山との3WAYマッチを制し、NKPW世界ヘビー級王座を獲得。さらには諏訪魔が持つ三冠ヘビー級、鈴木・ケア組が持つ世界タッグ王座に諏訪魔と組んで挑戦している。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た週刊プロレス

    1998年1月4日に凱旋帰国。直後に佐々木健介が持っていたIWGPヘビー級王座に挑戦するが、ミサイルキックを何度も使う単調な試合運びに終始し、批判を浴びる。しかし現在では今につながる西村の頑固ぶりが出た最初の試合と言われている。その後、ガン(後腹膜腫瘍)宣告を受け長期欠場。当時現場責任者であった長州力の横暴なやり方に批判し猛反発を受け、それ以降長州を「独裁主義者」と呼んで非常に嫌っている。週刊プロレスのインタビューにも度々そのことについてコメントしている。これに対し長州は無視を決め込んでいる。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見たヒール (プロレス)

    1997年、再び海外修行へ出発し、オットー・ワンツの主宰する欧州CWAマットに参戦。ベビーフェイスのポジションでトニー・セント・クレアーともタッグを組み、フィット・フィンレイ、ジャン=ピエール・ラフィット、ライノ・リチャーズらヒール勢と対戦した。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た錦城学園高等学校

    錦城学園高等学校在学中に新日本プロレス学校に入門。卒業後の1990年に新日本プロレスに入団。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た第22回参議院議員通常選挙

    2010年3月21日、全日本プロレスでの試合後に挨拶を行いプロレスを休業することを発表。翌22日、全日本プロレス事務所で会見し、同年夏の参議院議員選挙への出馬を表明した。3月24日には、国民新党公認候補(新党日本推薦)として比例代表より出馬することが発表された。同年7月、第22回参議院議員通常選挙で国民新党の比例代表から出馬するも落選。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見たドラディション

    同年8月2日、後楽園ホールで西村修+田中秀和自主興行『新無我伝説 エピローグ〜BLACK CAT MEMORIAL』を行い、ヒロ斎藤と対戦した。これを契機に、藤波辰爾ら元新日本プロレスのフリー選手や田中秀和とともに新団体、進化し続ける現代のプロレスにアンチテーゼを投げかけた原点回帰論をテーマにした「無我ワールド・プロレスリング」を設立。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見たドロップキック

    1998年1月4日に凱旋帰国。直後に佐々木健介が持っていたIWGPヘビー級王座に挑戦するが、ミサイルキックを何度も使う単調な試合運びに終始し、批判を浴びる。しかし現在では今につながる西村の頑固ぶりが出た最初の試合と言われている。その後、ガン(後腹膜腫瘍)宣告を受け長期欠場。当時現場責任者であった長州力の横暴なやり方に批判し猛反発を受け、それ以降長州を「独裁主義者」と呼んで非常に嫌っている。週刊プロレスのインタビューにも度々そのことについてコメントしている。これに対し長州は無視を決め込んでいる。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た関節技

    階級はヘビー級。ミスター無我、無我の継承者のニックネームを持つ。グラウンドでのサブミッションホールド(関節技・固め技)技を中心としたプロレスを得意とし、そのようなスタイルはしばしば「西村ワールド」と形容される。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見たノックスビル (テネシー州)

    。同年11月にはジム・コルネットの主宰するノックスビルのスモーキー・マウンテン・レスリングにも出場している。翌1995年はECWに参戦、1月7日にフィラデルフィアのECWアリーナにてアル・スノーと対戦した。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た新日本プロレス学校

    錦城学園高等学校在学中に新日本プロレス学校に入門。卒業後の1990年に新日本プロレスに入団。西村修 フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「西村修」のニューストピックワード