86件中 41 - 50件表示
  • 西村修

    西村修から見たプロレスリング・ノア

    2002年、プロレスリング・ノアに一日トレードの形で出場し、志賀賢太郎と対戦。2003年にはノアの秋山準とG1 CLIMAXで対戦し勝利している。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た全日本プロレス

    2004年、かつての先輩である武藤敬司率いる全日本プロレスのマットへと上がった。両団体に出場することで新日本に無いものをこの両団体で感じ取れたと言い、段々新日本のプロレスが物足りなくなっていき、他団体への興味を持ち始める。同年、映画「いかレスラー」に主演(共演はAKIRA)。主題歌も歌っている。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見たIWGPタッグ王座

    独自の食養療法と精神修行に励み、2000年に藤波戦で1年8か月ぶりに復帰。藤波と組んでIWGPタッグ王座を奪取。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た無所属

    西村 修(にしむら おさむ、1971年9月23日 - )は、日本の政治家、プロレスラー。東京都文京区出身、同区の無所属の区議会議員。食育をはじめとした講演活動も行っている。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見たトリプルスレットマッチ

    2008年5月には新韓国プロレス大会に参戦。カート・アングル、力抜山との3WAYマッチを制し、NKPW世界ヘビー級王座を獲得。さらには諏訪魔が持つ三冠ヘビー級王座、鈴木みのる・太陽ケア組が持つ世界タッグ王座に諏訪魔と組んで挑戦している。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た浅草

    2015年9月27日、シアタープロレス花鳥風月・浅草スーパードライホール大会における「X」であったものの、公務で欠場。母校の小学校が同じだった松本崇寿が直談判し代打を務めた。のちに花鳥風月最高顧問に就任。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た週刊プロレス

    1998年1月4日に凱旋帰国。直後に佐々木健介が持っていたIWGPヘビー級王座に挑戦するが、ミサイルキックを何度も使う単調な試合運びに終始し、批判を浴びる。しかし現在では今につながる西村の頑固ぶりが出た最初の試合と言われている。その後、ガン(後腹膜腫瘍)宣告を受け長期欠場。当時現場責任者であった長州力の横暴なやり方を批判し猛反発を受け、それ以降長州を「独裁主義者」と呼んで非常に嫌っている。週刊プロレスのインタビューにも度々そのことについてコメントしている。これに対し長州は無視を決め込んでいる。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見たヒール (プロレス)

    1997年、再び海外修行へ出発し、オットー・ワンツの主宰する欧州CWAマットに参戦。ベビーフェイスのポジションでトニー・セント・クレアーともタッグを組み、フィット・フィンレイ、ジャン=ピエール・ラフィット、ライノ・リチャーズらヒール勢と対戦した。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見たIWGPヘビー級王座

    1998年1月4日に凱旋帰国。直後に佐々木健介が持っていたIWGPヘビー級王座に挑戦するが、ミサイルキックを何度も使う単調な試合運びに終始し、批判を浴びる。しかし現在では今につながる西村の頑固ぶりが出た最初の試合と言われている。その後、ガン(後腹膜腫瘍)宣告を受け長期欠場。当時現場責任者であった長州力の横暴なやり方を批判し猛反発を受け、それ以降長州を「独裁主義者」と呼んで非常に嫌っている。週刊プロレスのインタビューにも度々そのことについてコメントしている。これに対し長州は無視を決め込んでいる。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た錦城学園高等学校

    錦城学園高等学校在学中に新日本プロレス学校に入門。卒業後の1990年に新日本プロレスに入団。西村修 フレッシュアイペディアより)

86件中 41 - 50件表示