56件中 21 - 30件表示
  • 今浪隆博

    今浪隆博から見た西村健太朗西村健太朗

    初盗塁:2011年6月5日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、9回表に二盗(投手:西村健太朗、捕手:阿部慎之助)今浪隆博 フレッシュアイペディアより)

  • 李炳圭

    李炳圭から見た西村健太朗西村健太朗

    しかしクライマックスシリーズに入ると豹変し、阪神との第1ステージ第2戦で上園啓史から3点本塁打を放った。巨人との第2ステージ第2戦においても西村健太朗から貴重な追加点となる2点適時三塁打を放ち、次の打席では上原浩治からダメ押しのソロ本塁打を放つ。続く日本シリーズの日本ハムとの第2戦でも押本健彦からダメ押し2点本塁打を放ち、打率は低かったがチーム最高の5打点をマークするなど短期決戦での勝負強さを見せた。アジアシリーズでは不調だったが、SKワイバーンズとの決勝戦で、金廣鉉から2点本塁打を放ち、チームのアジア一に貢献した。12月に台湾で開催された北京オリンピックアジア地区予選に韓国代表として出場。初戦の台湾戦に6番・右翼手で先発出場するも、6回に緩慢な守備で一塁走者の生還を許し、打撃でも4打数0安打2三振に終わったことから翌日の日本戦はスタメン落ち(試合途中守備で出場)となり、フィリピン戦では出場機会はなかった。李炳圭 フレッシュアイペディアより)

  • 中井哲之

    中井哲之から見た西村健太朗西村健太朗

    2003年春には西村健太朗(巨人)、白濱裕太(広島)、上本博紀(阪神)らを擁して再び全国制覇した。中井哲之 フレッシュアイペディアより)

  • 福田周平 (野球)

    福田周平 (野球)から見た西村健太朗西村健太朗

    阪南市立上荘小学校在学中の7歳時に、兄の影響で軟式の上荘ドラゴンズで野球を始める。5年生時の2003年春、第75回選抜高等学校野球大会の決勝戦を甲子園のスタンドから観戦し、上本博紀・西村健太朗・白濱裕太らを擁する広陵高等学校の優勝を目の当たりにして以来、同校でのプレーを希望するようになった。鳥取中学校時代は泉南ボーイズに所属。希望通り広陵に進学すると、2年秋の新チームから主将に就任し、1番・二塁手として甲子園春夏連続出場を果たした。3年春の第82回選抜高等学校野球大会ではベスト4進出。3年夏の第92回全国高等学校野球選手権大会では、初戦で聖光学院の歳内宏明に1点差完封を喫し敗れた。広陵高校での同級生には有原航平がいる。福田周平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のスポーツ

    1985年のスポーツから見た西村健太朗西村健太朗

    5月10日 - 西村健太朗(広島県、野球)1985年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2013年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見た西村健太朗西村健太朗

    26日に行われた第1戦(Kスタ宮城)では、則本が8回2失点と好投を見せたが、打線はあと1本が出ず、巨人の投手内海哲也と、スコット・マシソン - 山口鉄也 - 西村健太朗(スコット鉄太朗)に完封リレーされ敗北した。また、この日よりKスタ宮城の最大収容人数が1155人増やされ、2万8120人となった。2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見た西村健太朗西村健太朗

    さらに、松井以来の10代での開幕スタメンを射止めた高卒2年目の坂本勇人がプロ初本塁打を満塁弾で決めるなど、二岡智宏に代わる遊撃手のレギュラーとしてブレイク。他にも亀井義行・脇谷亮太・隠善智也・加治前竜一などを積極的に日替わりでスターティングメンバーに起用した。代走・守備固め要員では鈴木尚広・古城茂幸などを試合終盤に多く起用。谷佳知・木村拓也・大道典嘉といった代打要員の中堅・ベテラン選手も日替わりで活躍した。投手でも中継ぎでこの年の新人王を受賞することとなる山口鉄也や越智大祐が70試合近い登板を記録。これに加えて西村健太朗が5月末までに両リーグトップとなる29試合に登板してリリーフ陣を支えた。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦双亮

    杉浦双亮から見た西村健太朗西村健太朗

    4月2日の開幕時点では「練習生」で、公式戦出場可能な選手登録枠には入っていなかった。監督の弓岡敬二郎は、3月15日にウェブに寄稿した文章で「現状は先発ではなく、中継ぎでの起用を考えています」「対外試合で投げるかどうかは、調整具合を見て判断する予定」と述べていた。4月9日に選手登録され、4月10日の巨人3軍との交流戦で3-4で迎えた9回表に登板、打者2人と対戦し、四球と犠打で1アウト2塁となったところでわずか7球で降板したものの、デビュー登板を果たした(その後9回裏に愛媛が西村健太朗から2点を奪いサヨナラ勝ち)。試合後「先頭打者に四球というのは投手として一番やってはいけないこと。頭丸めてきます。あっ、もう丸まってる!」とコメントした。杉浦双亮 フレッシュアイペディアより)

  • 美馬学

    美馬学から見た西村健太朗西村健太朗

    初打点:同上、3回表に西村健太朗から投手適時内野安打美馬学 フレッシュアイペディアより)

  • 肘井竜蔵

    肘井竜蔵から見た西村健太朗西村健太朗

    3月12日の対北海道日本ハムファイターズとのオープン戦で代打で登場、初打席初安打を、続く3月15日の対読売ジャイアンツ戦では、7回無死二、三塁の場面で西村健太朗から中前2点適時打で初打点を記録、監督からも結果や積極性を評価され、開幕一軍スタートとなった。肘井竜蔵 フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「西村健太朗」のニューストピックワード