37件中 21 - 30件表示
  • 矢野謙次

    矢野謙次から見た西村健太朗西村健太朗

    2007年は巨人に貴重な右の代打としての活躍が目立った。5月31日のセ・パ交流戦、対福岡ソフトバンクホークス戦では、0-3と劣勢の状況から6回裏に西村健太朗の代打・清水隆行のさらに代打で登場し、篠原貴行から逆転満塁本塁打(プロ初満塁本塁打)を放ち、チームの勝利に貢献。代打逆転満塁本塁打は巨人では1987年に現在の監督である原辰徳が記録して以来、球団史上5人目(他には樋笠一夫、広野功、駒田徳広。樋笠と広野はサヨナラ)、代打の代打による満塁本塁打は、1989年の駒田以来2人目の快挙となった。矢野謙次 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た西村健太朗西村健太朗

    中京大中京高校では1年秋からベンチ入りし、上級生が引退した後は主将となり秋季東海大会で優勝。明治神宮大会ベスト4。3年春の第74回選抜高等学校野球大会に二塁手として出場。1回戦で西村健太朗、白濱裕太らを擁する広陵高校と対戦し初戦敗退。夏は愛知大会決勝で東邦高校に敗れ準優勝。野球部の同期には深町亮介がいる。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 李炳圭

    李炳圭から見た西村健太朗西村健太朗

    しかしクライマックスシリーズに入ると豹変し、阪神との第1ステージ第2戦で上園啓史から3点本塁打を放った。巨人との第2ステージ第2戦においても西村健太朗から貴重な追加点となる2点適時三塁打を放ち、次の打席では上原浩治からダメ押しのソロ本塁打を放つ。続く日本シリーズの日本ハムとの第2戦でも押本健彦からダメ押し2点本塁打を放ち、打率は低かったがチーム最高の5打点をマークするなど短期決戦での勝負強さを見せた。アジアシリーズでは不調だったが、SKワイバーンズとの決勝戦で、金廣鉉から2点本塁打を放ち、チームのアジア一に貢献した。12月に台湾で開催された北京オリンピックアジア地区予選に韓国代表として出場。初戦の台湾戦に6番・右翼手で先発出場するも、6回に緩慢な守備で一塁走者の生還を許し、打撃でも4打数0安打2三振に終わったことから翌日の日本戦はスタメン落ち(試合途中守備で出場)となり、フィリピン戦では出場機会はなかった。李炳圭 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・アッチソン

    スコット・アッチソンから見た西村健太朗西村健太朗

    初打点:2008年5月6日、対読売ジャイアンツ7回戦(東京ドーム)、4回表に西村健太朗から中前適時打スコット・アッチソン フレッシュアイペディアより)

  • 真田裕貴

    真田裕貴から見た西村健太朗西村健太朗

    は若手の西村健太朗が台頭したこともあり、6月10日に鶴岡一成とのトレードで横浜ベイスターズへ移籍。背番号は57。真田裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た西村健太朗西村健太朗

    広陵高等学校時代には1年夏から甲子園に4季連続で出場し、2003年春の甲子園では1番打者として西村健太朗、白濱裕太らと共に優勝に貢献。21打数で選抜大会の個人最多安打記録タイまであと1安打に迫る12安打、3打点と活躍。同年の夏の甲子園ではチームは2回戦で敗退するものの、先頭打者本塁打を含む10打席連続出塁(6打数6安打4四球1本塁打)を記録した。その年に行われたアジアAAA選手権に2年生ながら日本代表として選ばれ、最優秀守備選手賞を獲得。主将を務めた2004年春の甲子園には、チームの捕手不足のためコンバートされ、3番・捕手として出場した。この大会で、過去の甲子園大会で記録してきた10打席連続出塁を東邦高校のエース岩田慎司に止められた。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 広陵高等学校 (広島県)

    広陵高等学校 (広島県)から見た西村健太朗西村健太朗

    西村健太朗(読売ジャイアンツ)*2003年選抜優勝投手広陵高等学校 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 5月10日

    5月10日から見た西村健太朗西村健太朗

    1985年 - 西村健太朗、プロ野球選手5月10日 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た西村健太朗西村健太朗

    10月24日に国内FA権を取得。10月31日の日本シリーズ第4戦で、12回裏に西村健太朗からサヨナラヒットを放った。飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た西村健太朗西村健太朗

    横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗(現:読売ジャイアンツ)‐白濱裕太(現:広島東洋カープ)のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章(現:埼玉西武ライオンズ)をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年のドラフト6巡目で千葉ロッテマリーンズに指名され入団。背番号は60。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「西村健太朗」のニューストピックワード