56件中 31 - 40件表示
  • 大谷智久

    大谷智久から見た西村健太朗西村健太朗

    報徳学園高校に進学後は2年春からエースとなり、尾崎匡哉らと共に3年時には第74回選抜高等学校野球大会に出場して西村健太朗・白濱裕太らを擁する広陵高校、須永英輝を擁する浦和学院高校、谷哲也を擁する鳴門工業高校などを破り優勝。自身は初戦から決勝戦までの6日間で5試合を全て完投した。夏は兵庫大会決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校を破り、第84回全国高等学校野球選手権大会に春夏連続となる出場を果たすも1回戦で浦和学院高校に敗れた。大谷智久 フレッシュアイペディアより)

  • 5月10日

    5月10日から見た西村健太朗西村健太朗

    1985年 - 西村健太朗、プロ野球選手5月10日 フレッシュアイペディアより)

  • グエン・トラン・フォク・アン

    グエン・トラン・フォク・アンから見た西村健太朗西村健太朗

    東洋大姫路高校に進学後は1年時から先発投手を務め、1年夏の兵庫大会決勝では真田裕貴を擁する姫路工業高校を破り第83回全国高等学校野球選手権大会に出場。2回戦で柳瀬明宏・田中大輔らを擁する如水館高校を破り16強入りし、3回戦で寺原隼人・井手正太郎らを擁する日南学園高校に敗れた。この際、ベトナム難民(ボートピープル)の子ということもあり話題になった。3年時には第75回選抜高等学校野球大会にエースで主将として谷哲也を擁する鳴門工業高校を1安打完封、準々決勝で清水康寛を擁する花咲徳栄高校との延長15回再試合を制し4強入り。準決勝では西村健太朗・白濱裕太・上本博紀らを擁する広陵高校に敗れた。夏は兵庫大会決勝で神港学園高校に延長10回の末に敗れ準優勝。その後、AAAアジア野球選手権日本代表に選出された。グエン・トラン・フォク・アン フレッシュアイペディアより)

  • 石井裕也 (野球)

    石井裕也 (野球)から見た西村健太朗西村健太朗

    初安打・初打点:2005年9月24日、対読売ジャイアンツ21回戦(ナゴヤドーム)、4回裏に西村健太朗から右中間へ2点適時二塁打石井裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た西村健太朗西村健太朗

    中京大中京高校では1年秋からベンチ入りし、上級生が引退した後は主将となり秋季東海大会で優勝。明治神宮大会ベスト4。3年春の第74回選抜高等学校野球大会に二塁手として出場。1回戦で西村健太朗、白濱裕太らを擁する広陵高校と対戦し初戦敗退。夏は愛知大会決勝で東邦高校に敗れ準優勝。野球部の同期には深町亮介がいる。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た西村健太朗西村健太朗

    5月25日の読売ジャイアンツ戦で、西村健太朗から死球を受けて左手小指を骨折(全治5週間)。2006年から続いていた全イニング出場も途絶えた。後半戦はケガの影響から不振に喘ぎ、自身最低の打撃成績となった。3年連続となるゴールデングラブ賞を受賞。なお、この年の5月ごろに新庄剛志経営でアスリートのマネジメント等を業務とする株式会社レハサフとマネジメント契約を締結し、一定期間契約していた。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木大地 (野球)

    鈴木大地 (野球)から見た西村健太朗西村健太朗

    初安打:2012年6月11日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、9回表に西村健太朗から右翼二塁打鈴木大地 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た西村健太朗西村健太朗

    投手:高木康、マシソン、西村、山口、高木京、小山2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た西村健太朗西村健太朗

    広陵高等学校時代には1年夏から甲子園に4季連続で出場し、2003年の選抜高等学校野球大会では1番打者として西村健太朗、白濱裕太らと共に優勝に貢献。21打数で選抜大会の個人最多安打記録タイまであと1安打に迫る12安打、3打点を挙げた。同年の全国高等学校野球選手権大会ではチームは2回戦で敗退したものの、先頭打者本塁打を含む10打席連続出塁(6打数6安打4四球1本塁打)を記録した。その年に行われたアジアAAA選手権に2年生ながら日本代表に選出され、最優秀守備選手賞を獲得した。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 白濱裕太

    白濱裕太から見た西村健太朗西村健太朗

    広陵高校では1年から捕手に転向し、西村健太朗とバッテリーを組み、2年から春夏合わせて4回連続甲子園出場。2年春選抜大会は報徳学園、同年夏選手権は明徳義塾とそれぞれ優勝校に敗れたが、3年春は決勝戦で横浜高校の成瀬善久、涌井秀章を打ち崩し、圧勝して全国制覇した。同年夏は2回戦で敗退した。高校通算28本塁打。白濱裕太 フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「西村健太朗」のニューストピックワード