56件中 41 - 50件表示
  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た西村健太朗西村健太朗

    読売ジャイアンツ(2012年):スコット・マシソン、山口鉄也、西村健太朗の3人から「スコット鉄太朗」と呼ばれることがある。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • リリーフ

    リリーフから見た西村健太朗西村健太朗

    また、チーム事情に応じて、先発とリリーフの両方に対応できる投手を「便利屋」と呼ぶことがある。主な投手として、牧田和久、西村健太朗、山井大介などが挙げられる。かつては大野豊、佐々岡真司がこの役割に近く、通算記録として「100勝100セーブ」を上回っているほか、下柳剛(主としてダイエー、日本ハム時代)もこの役割を中心に息の長い現役生活を過ごした。リリーフ フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た西村健太朗西村健太朗

    横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗‐白濱裕太のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県大会では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年度ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから6巡目指名を受けて入団。背番号は60。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 田原誠次

    田原誠次から見た西村健太朗西村健太朗

    はシーズン後半戦から、西村健太朗・山口鉄也・スコット・マシソンらリリーフが2013年のようには機能しない中、右の中継ぎとして20試合に登板。左膝痛から8月22日に出場選手登録を抹消された。田原誠次 フレッシュアイペディアより)

  • 則本昂大

    則本昂大から見た西村健太朗西村健太朗

    読売ジャイアンツとの日本シリーズでは、球団のシリーズ初試合となった第1戦(Kスタ宮城)での大神武俊(南海ホークス)以来、新人としては61年ぶり3回目となる開幕第1戦で先発登板。8回2失点、10奪三振の内容で好投するも打線が完封され、敗戦投手となった。第5戦(東京ドーム)では2-0で迎えた6回から2番手で登板、7回裏に村田修一にソロ本塁打と、9回裏にも村田の適時打で同点とされ延長戦に入り、10回表に先頭打者で打席が回り、代打も予想されたがそのまま打席に入り、西村健太朗から四球を選び出塁すると、その後銀次の適時打でホームに生還し決勝の勝ち越しとなる得点を記録。その裏を三者凡退に抑えて日本シリーズで初の勝利投手となった。3勝3敗で互いに王手をかけた第7戦では3-0で迎えた7回から2番手で登板し無失点で抑え、美馬学と則本と田中将大の継投で3-0で巨人に完封勝利し、チームは初の日本一達成。則本昂大 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川俊介

    藤川俊介から見た西村健太朗西村健太朗

    広島の広陵高校に進み、第75回選抜高等学校野球大会を制したチームで1年()夏から一塁手のレギュラーとして活躍。広島大会では4番も打ち、第85回全国高等学校野球選手権大会に出場するが、2回戦で岩国高校に敗れる。2年()春は中堅手兼投手で第76回選抜高等学校野球大会に出場したが、1回戦で東邦高校に敗退。高校通算25本塁打。高校の2学年先輩に白濱裕太・西村健太朗、1学年先輩に上本博紀、1学年後輩に吉川光夫、2学年後輩に野村祐輔・土生翔平・小林誠司がいる。藤川俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た西村健太朗西村健太朗

    は、年間を通して抑えの座を務め続けて、37セーブを挙げて、自身初めてのセーブ王に輝いた。巨人でのセーブ王は2013年の西村健太朗以来3年ぶりである。その一方で、後半戦では被弾をしつつセーブを挙げるなどして大幅に数字を落としたり、チームのエースである菅野智之の登板試合のリリーフで打ち込まれる場面が散見される(菅野の勝利数を3つ消すこととなった)など、勝負どころでの脆さが目立ち、主としてファンの間では「澤村劇場」と称されることが少なからず起こるようになってしまった。特に、9月4日の対中日戦では、9回表に高橋周平に対して投げた1球が三塁側ベンチまでに達する大暴投となってしまった。この大暴投は海外メディアでも報じられた。澤村に対する刺激を与える意味合いをも含めて、この年のオフに球団は速球派の外国人投手であるアルキメデス・カミネーロを獲得した。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た西村健太朗西村健太朗

    巨人時代の原辰徳監督からは絶大なる信頼を受けていた。移籍当初の巨人はFA制度を利用しての補強が相次ぎ、その影響で世代交代・若手の育成が急務だった。原は木村に同じく巧打・堅守で知られた川相昌弘のような役割を期待していた。木村が守備で緩慢なプレーでミスをした際、すぐ交代させるなど、木村には若手への見本となるためのハードルを高く敷いた。木村もこれによく応え、野手のチームリーダー格として若手を牽引した。木村が引退時の巨人は小笠原・アレックス・ラミレス・マーク・クルーンなどまだ他球団からの移籍選手に依存していたが、2012年の優勝では打者では坂本勇人、長野久義、阿部慎之助、投手では内海哲也、山口鉄也、西村健太朗などが主力となり、木村の努力は実を結んだといえる。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺俊介

    渡辺俊介から見た西村健太朗西村健太朗

    初安打:2006年5月28日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、6回表に西村健太朗から右前安打渡辺俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た西村健太朗西村健太朗

    2014年1月1日- 阿部慎之助、西村健太朗、山口鉄也、菅野智之、澤村拓一と共に出演し、ストラックアウトに挑戦した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「西村健太朗」のニューストピックワード