82件中 21 - 30件表示
  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た中日ドラゴンズ

    は、シーズン前に上原と自主トレを行い、シュートを教える代わりにフォークを教わる。自身初の開幕一軍入りを果たし、5月25日には中継ぎのみの登板でハーラートップタイとなる6勝を挙げ、5月終了時までに両リーグトップの29試合に登板した。しかし、過去数年の登板過多の影響で右肩痛を発症し、交流戦終了後の6月25日に登録抹消。後半戦をほぼリハビリに費やし、復帰した10月22日のクライマックスシリーズ第2ステージの中日戦では2試合無失点と好投。西武との日本シリーズでも中継ぎとしての役割を果たす。2回の二軍落ちに関わらず3年連続の30試合以上登板を達成し、契約更改では勤続手当として年俸増を勝ち取った。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た読売ジャイアンツ

    西村 健太朗(にしむら けんたろう、 1985年5月10日 - )は、広島県安芸郡府中町出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た東京ヤクルトスワローズ

    2003年のドラフトでは長身から投げ下ろす速球と切れ味のいいスライダーが評価され、複数球団が関心を示した。ヤクルトスワローズの強行指名も予測されたが、結果的に本人が希望する読売ジャイアンツが2巡目で指名。将来の右の本格派エース候補として入団した。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た阪神タイガース

    7月1日に一軍初昇格。同日の阪神タイガース戦(甲子園)にリリーフとしてプロ初登板するも6失点でノックアウト。7月4日の広島東洋カープ戦では初先発し勝敗つかず。2軍では14試合に登板し、72回を投げ30自責点。 6勝4敗、防御率は3.75だった。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た阪神甲子園球場

    7月1日に一軍初昇格。同日の阪神タイガース戦(甲子園)にリリーフとしてプロ初登板するも6失点でノックアウト。7月4日の広島東洋カープ戦では初先発し勝敗つかず。2軍では14試合に登板し、72回を投げ30自責点。 6勝4敗、防御率は3.75だった。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た西浦直亨

    、前年オフに原監督から先発転向を指示されキャンプから先発再転向の為に準備をしオープン戦でも結果を残したが、マシソンがオープン戦の内容が悪く急遽開幕はリリーフで迎えた。しかし開幕二戦目の対横浜戦、9回に筒香嘉智に本塁打を打たれその回を投げきったがこれが2015年シーズン一軍での唯一の登板となった。二軍で再度先発再転向の準備をした矢先に不運が襲う。5月1日のイースタンリーグのヤクルト戦、西浦直亨の打球が顔面に直撃し、救急車で緊急搬送された。右目瞼を10針縫った。5月30日に復帰登板を果たしたが不幸は続き、6月16日のイースタンリーグのDeNA戦、白崎浩之の打球が左足の脛に直撃し、イニング終了時に降板した。7月2日に復帰はしたものの今度は7月24日のファーム交流戦の対ソフトバンク戦の登板を最後に肘に異変が起き、ノースロー調整を続けたが回復せず8月23日球団から9月初旬に右肘の遊離軟骨除去手術を横浜市内の病院で受けることを発表。全治は二ヶ月と診断されシーズンの復帰は絶望となった。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た涌井秀章

    広島中央シニアで投手に転向し、広陵高校では1年秋からエースとなり、白濱裕太とのバッテリーで4季連続甲子園出場。2年春は2回戦で報徳学園に、同年夏は準々決勝で明徳義塾とそれぞれ優勝チームに敗れたが、2003年春は成瀬善久、涌井秀章擁する横浜高校を破り全国制覇した。同年夏は2回戦で岩国高校に敗れた。甲子園通算9勝。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た松本奉文

    初奪三振:同上、2回裏に松本奉文から空振り三振西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た白崎浩之

    、前年オフに原監督から先発転向を指示されキャンプから先発再転向の為に準備をしオープン戦でも結果を残したが、マシソンがオープン戦の内容が悪く急遽開幕はリリーフで迎えた。しかし開幕二戦目の対横浜戦、9回に筒香嘉智に本塁打を打たれその回を投げきったがこれが2015年シーズン一軍での唯一の登板となった。二軍で再度先発再転向の準備をした矢先に不運が襲う。5月1日のイースタンリーグのヤクルト戦、西浦直亨の打球が顔面に直撃し、救急車で緊急搬送された。右目瞼を10針縫った。5月30日に復帰登板を果たしたが不幸は続き、6月16日のイースタンリーグのDeNA戦、白崎浩之の打球が左足の脛に直撃し、イニング終了時に降板した。7月2日に復帰はしたものの今度は7月24日のファーム交流戦の対ソフトバンク戦の登板を最後に肘に異変が起き、ノースロー調整を続けたが回復せず8月23日球団から9月初旬に右肘の遊離軟骨除去手術を横浜市内の病院で受けることを発表。全治は二ヶ月と診断されシーズンの復帰は絶望となった。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た石毛博史

    は、守護神の地位を確立し、セーブのつく場面でマシソンや山口が用いられる場面はほぼなかった。8月14日の対DeNA戦で球団史上初の2年連続30セーブを達成した。最終的に両リーグ最多の71試合に登板し、巨人の球団新記録となる42セーブを挙げ、10年目で自己初、チームとしては2008年のマーク・クルーン以来、日本人としては1993年の石毛博史以来(この時は最優秀救援投手)の最多セーブ投手のタイトルを獲得した。日本シリーズでは第1戦でセーブをあげるが、第5戦で9回から登板し、同点に追いついた直後の延長10回に勝ち越しを許し敗戦投手になり、2年連続で日本シリーズでは結果を残せなかった。しかし、シーズンの活躍の甲斐があり1億円増の1億8000万円で契約を更改した。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「西村健太朗」のニューストピックワード