62件中 31 - 40件表示
  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た宝島社

    アニメに詳しく、『ひぐらしのなく頃に』や『機動戦士ガンダムSEED』などを好んでいる。『このアニメがすごい!』(宝島社)には過去に2回登場している(2008年、2009年。2008年は『ひぐらしのなく頃に解』、2009年は『CHAOS;HEAD』を1位に選んでいる)。2007年には妻の勧めで選手登場曲にアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の主題歌「ハレ晴レユカイ」を希望したが実現しなかった。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た速球

    2003年のドラフトでは長身から投げ下ろす速球と切れ味のいいスライダーが評価され、複数球団が関心を示した。ヤクルトの強行指名も予測されたが、結果的に本人が希望する巨人が2巡目で指名。将来の右の本格派エース候補として入団した。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見たリリーフ

    前年の守護神だった久保裕也の故障により、開幕前に抑えを託された。4月1日のヤクルト戦で自身5年ぶりのセーブを挙げる。6月末からスコット・マシソンがクローザーになったことでセットアッパーに配置転換されるが、オールスター明けにマシソンが離脱したことで再び抑えを務め、8回・山口鉄也、9回・西村と継投で逃げ切る必勝パターンを築く。2人の平均防御率は0・99と抜群の安定感を保った。優勝へのマジック1で迎えた9月21日のヤクルト戦では30セーブ目を挙げると同時に胴上げ投手となった。クライマックスシリーズでは4試合で4回3失点、日本シリーズでも2試合で1回1/3を1失点でともに1敗を喫し、日本一の際の胴上げ投手も山口に譲る形となった。最多セーブ王は1セーブ差でバーネット、岩瀬仁紀に譲るも、防御率はバーネットの1・82(57試合)、岩瀬の2・29(54試合)を大きく上回る1・14(69試合)を記録。『週刊ベースボール』の「2012年度ベストナイン」ではベスト抑えに選ばれた他、豊田泰光から「巨人の試合で山口、西村の8、9回だけは見応えがあった」と絶賛された。契約更改では、倍増の8000万円で更改した。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見たスライダー (球種)

    2003年のドラフトでは長身から投げ下ろす速球と切れ味のいいスライダーが評価され、複数球団が関心を示した。ヤクルトの強行指名も予測されたが、結果的に本人が希望する巨人が2巡目で指名。将来の右の本格派エース候補として入団した。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見たシュート (球種)

    シーズン前には上原と自主トレを行い、シュートを教える代わりにフォークを教わる。自身初の開幕一軍入りを果たし、5月25日には中継ぎのみの登板でハーラートップタイとなる6勝を挙げ、5月終了時までに両リーグトップの29試合に登板した。しかし、過去数年の登板過多の影響で右肩痛を発症し、交流戦終了後の6月25日に登録抹消。後半戦をほぼリハビリに費やし、復帰した10月22日のクライマックスシリーズ第2ステージの中日戦では2試合無失点と好投。西武との日本シリーズでも中継ぎとしての役割を果たす。2回の二軍落ちに関わらず3年連続の30試合以上登板を達成し、契約更改では勤続手当として年俸増を勝ち取った。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見たCHAOS;HEAD

    アニメに詳しく、『ひぐらしのなく頃に』や『機動戦士ガンダムSEED』などを好んでいる。『このアニメがすごい!』(宝島社)には過去に2回登場している(2008年、2009年。2008年は『ひぐらしのなく頃に解』、2009年は『CHAOS;HEAD』を1位に選んでいる)。2007年には妻の勧めで選手登場曲にアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の主題歌「ハレ晴レユカイ」を希望したが実現しなかった。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見たアニメ

    アニメに詳しく、『ひぐらしのなく頃に』や『機動戦士ガンダムSEED』などを好んでいる。『このアニメがすごい!』(宝島社)には過去に2回登場している(2008年、2009年。2008年は『ひぐらしのなく頃に解』、2009年は『CHAOS;HEAD』を1位に選んでいる)。2007年には妻の勧めで選手登場曲にアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の主題歌「ハレ晴レユカイ」を希望したが実現しなかった。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見たフォークボール

    高校時代は縦スライダーを武器にしていたが、現在は最速153km/h、平均球速144km/hのストレート、2005年オフに修得した平均球速143km/hの高速シュート(ツーシーム)、スライダー、2007年オフに修得したフォーク、2008年のキャンプで岸孝之から教わったカーブ、2010年のキャンプで修得したチェンジアップなど、多彩な球種を修得し用途に応じて使い分けている。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    前年の守護神だった久保裕也の故障により、開幕前に抑えを託された。4月1日のヤクルト戦で自身5年ぶりのセーブを挙げる。6月末からスコット・マシソンがクローザーになったことでセットアッパーに配置転換されるが、オールスター明けにマシソンが離脱したことで再び抑えを務め、8回・山口鉄也、9回・西村と継投で逃げ切る必勝パターンを築く。2人の平均防御率は0・99と抜群の安定感を保った。優勝へのマジック1で迎えた9月21日のヤクルト戦では30セーブ目を挙げると同時に胴上げ投手となった。クライマックスシリーズでは4試合で4回3失点、日本シリーズでも2試合で1回1/3を1失点でともに1敗を喫し、日本一の際の胴上げ投手も山口に譲る形となった。最多セーブ王は1セーブ差でバーネット、岩瀬仁紀に譲るも、防御率はバーネットの1・82(57試合)、岩瀬の2・29(54試合)を大きく上回る1・14(69試合)を記録。『週刊ベースボール』の「2012年度ベストナイン」ではベスト抑えに選ばれた他、豊田泰光から「巨人の試合で山口、西村の8、9回だけは見応えがあった」と絶賛された。契約更改では、倍増の8000万円で更改した。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西村健太朗

    西村健太朗から見た機動戦士ガンダムSEED

    アニメに詳しく、『ひぐらしのなく頃に』や『機動戦士ガンダムSEED』などを好んでいる。『このアニメがすごい!』(宝島社)には過去に2回登場している(2008年、2009年。2008年は『ひぐらしのなく頃に解』、2009年は『CHAOS;HEAD』を1位に選んでいる)。2007年には妻の勧めで選手登場曲にアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の主題歌「ハレ晴レユカイ」を希望したが実現しなかった。西村健太朗 フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「西村健太朗」のニューストピックワード