西村徳文 ニュース&Wiki etc.

西村 徳文(にしむら のりふみ、1960年1月9日 - )は、宮崎県串間市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)、前千葉ロッテマリーンズ監督、野球解説者、野球評論家。 (出典:Wikipedia)

「西村徳文」最新ニュース

「西村徳文」Q&A

  • Q&A

    ロッテの西村徳文監督はモンスターエンジン西森という芸名でお笑い芸人をやっているのです…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月25日 00:21

  • Q&A

    オリックスの福良淳一監督は来季続投の可能性はありますか? 後任は他球団の監督として日…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月8日 21:10

  • Q&A

    かつての2010年に日本一に貢献した千葉ロッテマリーンズの監督だった西村徳文さんがな…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年8月30日 21:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「西村徳文」のつながり調べ

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た西村徳文

    は開幕を2000年以来12年ぶりとなる2番で迎え、プロ18年目にして初となる開幕戦における3安打猛打賞を記録した。開幕からは6戦連続で2番に座ったが、その後は主に5番打者として活躍し、打率はリーグ7位の.290、得点圏打率はリーグ6位の.306、長打率はチームトップの.421を記録し、チーム3年ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。守備面ではレギュラーシーズンでは一塁手または指名打者としての出場のみで、外野手としての出場はプロ入り後初めてゼロとなっていたが、日本シリーズ第2戦にて、中田翔が死球を受け4回裏に途中交代した際、それまで稲葉が守っていた一塁手にマイカ・ホフパワーが入った為、4回裏よりこの年初めて右翼手を守った。その他にも日本シリーズでは、稲葉は打率.391で首位打者に輝くなどの活躍を魅せ、敢闘選手賞を獲得した。この年は2009年以来3年ぶりにゴールデングラブ賞を獲得したが、一塁手部門としては自身初となった。パ・リーグの選手としては内野・外野の両方でゴールデングラブ賞を獲得したのは西村徳文(1985年二塁手部門、1990年外野手部門で獲得)以来であり、一塁手部門としては初。外野手から内野手の順でゴールデングラブ賞を受賞したのは、高田繁に続き2人目である。11月15日に札幌市在住で元モデルの怜奈と再婚。12月4日から内野手登録となった。(稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 堀幸一

    堀幸一から見た西村徳文

    は、ホセ・オーティズとフリオ・ズレータが前年オフに揃って退団したこともあり出番が増加。打率.259、4本塁打ながら得点圏打率.423、代打打率.417と、ここ一番での勝負強さを見せた。6月11日の対広島戦では、1イニング最多となる15得点を記録した6回の途中から福浦和也(この回2打席目)の代走として出場、その後も攻撃が続き「代走」のまま打席が廻ってくるという珍事があった。7月5日に2年ぶりに三塁でスタメン出場するが、これは西村徳文がボビー・バレンタインよりスタメンを告げられる際、正三塁手・今江敏晃の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞き間違えたことによるミスだった。結局、堀は第1打席で左翼へ犠牲フライを放ったのち、次の回の守備で今江と交代した。同オフには球団よりコーチ就任を打診されるが、現役続行を選択。(堀幸一 フレッシュアイペディアより)

「西村徳文」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「西村徳文」のニューストピックワード