前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た西村徳文西村徳文

    1982年以降は投手陣が振るわず、チームが低迷する。特に1985年は落合の三冠王以外にも西村徳文、レロン・リー、新人の横田真之が打率3割をマークしてチーム打率1位になったものの、投手陣は肘の手術から復帰した村田が活躍したのみにとどまった。マスコミからは広岡率いる西武の管理野球に対し稲尾の「無手勝流野球」と賞賛され、1984年と翌1985年は2年連続で勝率2位を確保したものの、1985年はリーグ優勝した西武から15ゲームも離された。1986年は、一転Bクラスの4位に終わる。1985年と1986年には落合博満が2年連続で打撃部門三冠王を達成している。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た西村徳文西村徳文

    【NPB】宮崎県串間市がロッテ・西村徳文監督に市民栄誉賞を贈ることを決定。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高畠導宏

    高畠導宏から見た西村徳文西村徳文

    しかし1977年、野村監督解任に伴い江夏豊、柏原純一と共に球団に反旗を翻し、選手専念となった野村と共にロッテオリオンズに移籍。野村はわずか1年でロッテを退団するが、高畠はその後もロッテに残り、1988年までの12年間で落合博満や水上善雄らを育成。選手から多大なる信頼を得る。当時のロッテからは落合をはじめ高沢秀昭(1988年)、西村徳文(1990年)など多くの首位打者が生まれた。高畠導宏 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎県立福島高等学校

    宮崎県立福島高等学校から見た西村徳文西村徳文

    西村徳文 - 元プロ野球選手、現千葉ロッテマリーンズ総監督宮崎県立福島高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年のスポーツ

    1960年のスポーツから見た西村徳文西村徳文

    1月9日 - 西村徳文(宮崎県、野球)1960年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 九州旅客鉄道鹿児島支社

    九州旅客鉄道鹿児島支社から見た西村徳文西村徳文

    西村徳文 ? 鹿児島鉄道管理局野球部出身の元プロ野球選手であり、現在の千葉ロッテマリーンズ監督九州旅客鉄道鹿児島支社 フレッシュアイペディアより)

  • 森田芳彦

    森田芳彦から見た西村徳文西村徳文

    男三人兄弟の末っ子。宮崎県串間市立有明小学校の5.6年のとき(1972、1973年)少年野球県大会で連続優勝している。宮崎県串間市立福島中学校に進み、1年時(1974年)から二塁手の定位置を与えられ、その年の県大会でレギュラーとして優勝している。その際の球場が当時完成したばかりの宮崎市営球場で、こけら落としの試合から5勝しての優勝だった。この時の主将が二年先輩の西村徳文。甲子園の出場経験はないが、中学3年時(1976年)に宮崎県立福島高等学校が甲子園に出場した際のエースは次兄である。森田芳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た西村徳文西村徳文

    7月5日、西村徳文コーチがボビー・バレンタイン監督よりスタメンを告げられる際に、本来三塁で先発出場する予定だった今江の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞きまちがえてしまい、堀幸一が2年ぶりにスタメン三塁で出場する珍事があった。結局堀は第1打席で犠牲フライを放ったのち、3回表の守備より今江と交代した。チーム4位の60打点を記録したものの、打率は.247と低調に終わり、2005年から受賞していたゴールデングラブ賞は小谷野栄一に譲る形となってしまった。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • ビックリマン プロ野球チョコ

    ビックリマン プロ野球チョコから見た西村徳文西村徳文

    ベース盗騎士 - 西村徳文内野手ビックリマン プロ野球チョコ フレッシュアイペディアより)

  • マリーンズファン

    マリーンズファンから見た西村徳文西村徳文

    2010年の正力松太郎賞の候補として受賞した西村徳文や西岡剛(2010年チームキャプテン)、球団と共に挙がったことがある。理由は「チーム全体を選出するのはどうか」と杉下茂と中西太が提案したため。ファンも含め一丸となったことが評価され、「統率の取れた応援団にもどうか」との意見も出されたためでもある。なお、通常正力松太郎賞は選手・監督・コーチ・審判が対象になるため、特例措置ともいえる。マリーンズファン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示

「西村徳文」のニューストピックワード