前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た西村徳文西村徳文

    落合、西村徳文、レロン・リー、新人の横田真之が打率3割をマークしてチーム打率1位になったものの、投手陣は肘の手術から復帰した村田が活躍したのみにとどまった。落合が2度目の三冠王を達成。この年はセ・リーグでもランディ・バース(阪神)が打者三冠王となり、セ・パ両リーグ同時に打者三冠王が出た。マスコミからは広岡率いる西武の管理野球に対し稲尾の「無手勝流野球」と賞賛され、前年から2年連続で勝率2位を確保したものの、リーグ優勝した西武から15ゲームも離された。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た西村徳文西村徳文

    9月28日 - ロッテの新監督にヘッドコーチの西村徳文が就任することが決定。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 岡部明一

    岡部明一から見た西村徳文西村徳文

    入団当時和製ソレイタと評価され即戦力として期待される。しかし、に右肘を故障。オフに軟骨の除去出術を受けるが、術後も成績は振るわずオフには早くもトレード要員に名前が挙がる。交換要員の関係でトレードは流れ、には52試合に先発出場を果たし、11本塁打を記録する。しかし打率は低迷し、翌年から西村徳文が外野手に回ったこともあって出場機会が減少。11月に戦力外通告を受け現役引退。岡部明一 フレッシュアイペディアより)

  • ビックリマン プロ野球チョコ

    ビックリマン プロ野球チョコから見た西村徳文西村徳文

    ベース盗騎士 - 西村徳文内野手ビックリマン プロ野球チョコ フレッシュアイペディアより)

  • 1960年のスポーツ

    1960年のスポーツから見た西村徳文西村徳文

    1月9日 - 西村徳文(宮崎県、野球)1960年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の千葉ロッテマリーンズ

    2010年の千葉ロッテマリーンズから見た西村徳文西村徳文

    2010年の千葉ロッテマリーンズは、西村徳文監督の1年目のシーズンである。2010年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の千葉ロッテマリーンズ

    2011年の千葉ロッテマリーンズから見た西村徳文西村徳文

    この年の千葉ロッテマリーンズは、西村徳文監督の2年目のシーズンである。2011年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸山隆三

    瀬戸山隆三から見た西村徳文西村徳文

    2012年11月、オリックス・バファローズの執行役員球団本部長補佐に就任、2013年11月、同球団の執行役員球団本部長に就任した。2014年は6年ぶりの2位になったが、同年オフ中島裕之、小谷野栄一、トニー・ブランコ、ブライアン・バリントンを大型補強をしたが2015年は5位と低迷した。2016年はロッテ時代コーチ・監督だった西村徳文(監督の福良淳一とも同郷で現役時代から親交が深い)をヘッドコーチ、ロッテ時代瀬戸山自ら招聘したこともある高橋慶彦を打撃コーチで招いたが、開幕から低迷し、一時打線も開幕から2リーグ制となってからワーストとなるチームとして開幕から13試合連続無本塁打、前半戦終わって25ゲーム差離され最下位に低迷。最終的に順位は4年ぶりのリーグ最下位、チーム防御率リーグ最下位、チーム打率・得点が同最下位、本塁打同5位に終わり、同年10月25日にオリックスの球団本部長から退任し、顧問に就任。瀬戸山隆三 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た西村徳文西村徳文

    西村徳文内野手(1981年ロッテオリオンズドラフト5位)JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の千葉ロッテマリーンズ

    2012年の千葉ロッテマリーンズから見た西村徳文西村徳文

    この年の千葉ロッテマリーンズは、西村徳文監督の3年目のシーズンである。2012年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「西村徳文」のニューストピックワード