39件中 11 - 20件表示
  • 山本一義

    山本一義から見た西村徳文西村徳文

    引退後、1976年?1979年広島一軍打撃コーチ。古葉竹識監督とともに高橋慶彦を球界屈指のスイッチヒッターに育成、球界の先駆となった。1980年?1981年、監督の西本幸雄に誘われ近鉄バファローズ打撃コーチを務め、1982年?1983年ロッテオリオンズ重光武雄オーナーが旧知の鶴岡一人に次期監督を相談、大学の先輩である鶴岡の推薦により監督に就任。1982年落合博満の三冠王獲得に尽力した。1983年は球団史上初の最下位となったが、シーズン後半は、高沢秀昭やスイッチヒッターに転向させた西村徳文ら、若手を我慢して起用して育てた。1984年?1985年は推薦した鶴岡の計らいで南海ホークス一軍打撃コーチに就任し山本和範、吉田博之らを育てた。生一本の性格で現役時代から村山実とウマが合い、村山が阪神監督に復帰した1988年、山本に入閣を打診したが、山本が病気の父親の付き添いで病院に寝泊まりして連絡が取れず、時間切れで実現しなかったという。山本一義 フレッシュアイペディアより)

  • 横田真之

    横田真之から見た西村徳文西村徳文

    2年目のはオープン戦で不調に陥るが、開幕後は一転して調子が上向きになる。最終的に前年を上回る打率.304で長嶋茂雄以来の史上2人目となる新人から2年連続での3割を記録し、ベストナインにも選ばれた。落合が中日に移籍したは背番号が2となり、有藤道世監督の方針で三番を任されるようになった。プレッシャーもあって打率が2割4分台まで低下したが、一番・西村徳文の後の二番に戻ると打撃が復調し、シーズン通算では打率.284と前年の2倍以上の26盗塁を残している。横田真之 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た西村徳文西村徳文

    ロッテの来季監督に西村徳文ヘッドコーチが就任することが決定。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 竹原直隆

    竹原直隆から見た西村徳文西村徳文

    の春季キャンプ中に打撃フォームの改造に失敗。オープン戦から絶不調が続き一軍と二軍を行き来し、同期の大松が初めて規定打席に到達したのと裏腹に遅れをとった。シーズン中に4番を任されたこともあったが成績を残すことができず、前年を上回る67試合に出場しながらも打率.181、本塁打3本(うち1本はランニングホームラン)と不振に終わった。は衰えが顕著になったベニーの後釜として、89試合に出場したものの打率.228、本塁打5本と期待に応えられなかった。に同じ右打ちの外野手の荻野貴司や清田育宏の加入や、新監督の西村徳文が前任のバレンタインと反対にスタメンを固定する方針を取ったことなどで出番が減少。指名打者でのスタメン出場はあったが目立った結果を残すことはできなかった。ファーム日本選手権では9回に一時逆転となる適時二塁打を放ち優秀選手賞を獲得した。竹原直隆 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田泰光

    豊田泰光から見た西村徳文西村徳文

    2010年は前田健太が沢村賞、西村徳文が正力松太郎賞を受賞したが豊田は今年一年の成績だけで授賞させるべきではないし、二人とも来年取れるように頑張りますと宣言して賞を辞退したほうがいいと述べている。その言葉通り翌年度前田は負け越し、西村率いるロッテは最下位に沈んだ。豊田泰光 フレッシュアイペディアより)

  • 磯山 さやか

    磯山さやかから見た西村徳文西村徳文

    2010年3月27日、パ・リーグ公式戦「千葉ロッテマリーンズ」対「北海道日本ハムファイターズ」(千葉マリンスタジアム)において、投手ではなく、捕手(いわゆる女房役)での始球式を行った。この年、婚活をしていたため、衣装は純白の半袖ウエディングドレスで、キャッチャーミットも白であった。投手はルーキーで当時独身の荻野貴司で、左打席に西村徳文ロッテ監督が立った。時速90キロの外角高めの暴投気味の球を好捕した。磯山さやか フレッシュアイペディアより)

  • 1990年の日本シリーズ

    1990年の日本シリーズから見た西村徳文西村徳文

    NHKラジオ第1 実況:斉藤洋一郎 解説:川上哲治 ゲスト解説:西村徳文(ロッテ)1990年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ヒーローインタビュー

    ヒーローインタビューから見た西村徳文西村徳文

    アウェーチームがその試合を以って優勝を達成した場合やアウェーチームに属する選手がその試合で大記録を達成した場合、原則アウェーのインタビューを流さない会場でもヒーローインタビューが場内に流されることがある。一例として、中日ドラゴンズの主力打者・立浪和義が自身のプロ1年目と開場1年目が重なる(読売ジャイアンツの本拠地)東京ドームで2000本安打達成した2003年7月5日、山本昌・大塚晶文のリレーで中日が勝利した事もあり、ドーム側の配慮で(通常ビジターチームの選手にはされない)ドーム全体に聞こえるヒーローインタビューが行われた。また千葉ロッテマリーンズでは2010年シーズンから、千葉マリンスタジアムのホームゲームで勝った場合、「勝利監督インタビュー」として西村徳文からのコメントも流される。ヒーローインタビュー フレッシュアイペディアより)

  • 小野晋吾

    小野晋吾から見た西村徳文西村徳文

    2012年8月30日の楽天戦に先発し、7回の投球練習中に西村徳文監督が交代を告げていないのにも関わらず、何故か南昌輝投手がリリーフカーに乗って登場する珍事があった。南はそのままリリーフカーに乗ってブルペンに戻った。小野晋吾 フレッシュアイペディアより)

  • 堀幸一

    堀幸一から見た西村徳文西村徳文

    は、ホセ・オーティズとフリオ・ズレータが前年オフに揃って退団したこともあり出番が増加。打率.259、4本塁打ながら得点圏打率.423、代打打率.417と、ここ一番での勝負強さを見せた。6月11日の対広島戦では、1イニング最多となる15得点を記録した6回の途中から福浦和也(この回2打席目)の代走として出場、その後も攻撃が続き「代走」のまま打席が廻ってくるという珍事があった。7月5日に2年ぶりに三塁でスタメン出場するが、これは西村徳文がボビー・バレンタインよりスタメンを告げられる際、正三塁手・今江敏晃の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞き間違えたことによるミスだった。結局、堀は第1打席で左翼へ犠牲フライを放ったのち、次の回の守備で今江と交代した。同オフには球団よりコーチ就任を打診されるが、現役続行を選択。堀幸一 フレッシュアイペディアより)

39件中 11 - 20件表示

「西村徳文」のニューストピックワード