56件中 11 - 20件表示
  • 九州旅客鉄道鹿児島支社

    九州旅客鉄道鹿児島支社から見た西村徳文西村徳文

    西村徳文 ? 鹿児島鉄道管理局野球部出身の元プロ野球選手であり、前千葉ロッテマリーンズ監督九州旅客鉄道鹿児島支社 フレッシュアイペディアより)

  • 平井光親

    平井光親から見た西村徳文西村徳文

    1991年はオリックスの松永浩美と壮絶な首位打者争いを繰り広げる。松永は10月6日に全日程を終了して484打数152安打で打率.3140であり、その時点で平井は342打数108安打で打率.3158で松永を上回っていたが、この時点での打席数は383打席であり、シーズンの規定打席である403打席(当時)に20打席不足していた(松永も自身の最終戦は守備についただけで打席には立っていない)。ロッテは残り7試合を残していたが、平井は最初の4試合で17打席に立ち9打数3安打4四球4犠打で乗り切り、打率.3162となった。残りの3打席で2打数無安打なら打率.3144で平井が首位打者、3打数無安打なら打率.3136に後退し、松永が首位打者という状況であった。シーズン128試合目の1回裏に先頭の西村徳文が塁に出ると平井は代打で登場して送りバントを決め、事実上首位打者を確定させた(第1打席を終了した時点で交代していたとしても、首位打者の例外規定で規定打席に不足する2打席分を凡打と計算しても松永を上回るため)。残りの2打席は凡退して規定打席にちょうど到達し、松永とわずか4毛差(.3144)で首位打者を獲得した。また、シーズン111安打(パ・リーグ20位)は2リーグ制導入以降の首位打者の安打数としては史上最少であった。平井光親 フレッシュアイペディアより)

  • 井上洋一

    井上洋一から見た西村徳文西村徳文

    11月、ロッテオリオンズに金銭トレードで移籍する。にレギュラー二塁手となるが、には落合博満に定位置を譲る。翌年は落合が一塁手にコンバートされ二塁手に復帰するが、シーズン後半には西村徳文の台頭により出場機会が減少。限りで現役引退。井上洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た西村徳文西村徳文

    7月28日 - ロッテは監督のボビー・バレンタインが友人の見舞いのため帰国したため、この日のヤフーBBスタジアムでの対オリックス19回戦はヘッドコーチの西村徳文が監督代行を務めた。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 竹原直隆

    竹原直隆から見た西村徳文西村徳文

    に同じ右打ちの外野手の荻野貴司や清田育宏の加入や、新監督の西村徳文が前任のバレンタインと反対にスタメンを固定する方針を取ったことなどで出番が減少。指名打者でのスタメン出場はあったが目立った結果を残すことはできなかった。ファーム日本選手権では9回に一時逆転となる適時二塁打を放ち優秀選手賞を獲得した。竹原直隆 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年の野球

    1991年の野球から見た西村徳文西村徳文

    9月29日 - ロッテの西村徳文が川崎球場での対近鉄25回戦で2盗塁を決め、プロ通算300盗塁を達成。1991年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 小野晋吾

    小野晋吾から見た西村徳文西村徳文

    2012年8月30日の楽天戦に先発し、7回の投球練習中に西村徳文監督が交代を告げていないのにも関わらず、何故か南昌輝がリリーフカーに乗って登場する珍事があった。なお、南はそのままリリーフカーに乗ってブルペンに戻った。小野晋吾 フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た西村徳文西村徳文

    自身が唯一パシフィック・リーグ優勝を経験したにはリーグ第2位の打率.319、には18本塁打をマークする。1982年のパシフィック・リーグプレーオフの西武ライオンズ戦の第3戦で杉本正から勝ち越し二塁打を放った。通算でシーズン打率3割以上を3回経験し、ベストナインを2回、ゴールデングラブ賞を6回受賞する。しかし、福本豊、大石大二郎、西村徳文などの他チームのライバルの高い壁に阻まれ、最多盗塁のタイトル獲得はならなかった。島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た西村徳文西村徳文

    ロッテが4勝2敗(1分)で5年ぶり4度目の日本一達成。中日の落合博満監督とのロッテOB対決を制したロッテの西村徳文監督は就任1年目で日本一となり、初年度での日本一は史上9人目。今シリーズの入場料収入は12億5457万円。選手・監督らへの分配金はロッテが9877万4884円、中日が6584万9923円。球団への分配金は両球団とも2億8838万6934円であった。2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1990年の日本シリーズ

    1990年の日本シリーズから見た西村徳文西村徳文

    NHKラジオ第1 実況:斉藤洋一郎 解説:川上哲治 ゲスト解説:西村徳文(ロッテ)1990年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「西村徳文」のニューストピックワード