39件中 21 - 30件表示
  • 有藤通世

    有藤通世から見た西村徳文西村徳文

    1988年には「10勝投手が4人(村田兆治、小川博(最多奪三振も受賞)、園川一美、荘勝雄)、最多セーブ(牛島和彦)、さらに首位打者(高沢秀昭)と盗塁王(西村徳文)がいるのに最下位」と揶揄されるほど、ある意味では必ずしも悪くない戦力を抱えての下位低迷で評価を下げた。有藤通世 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た西村徳文西村徳文

    他には、元南海の広瀬叔功(遊撃手→中堅手)、元阪神の真弓明信(遊撃手→二塁手→外野手)、元ロッテの西村徳文(二塁手→三塁手→外野手)、元横浜の波留敏夫(遊撃手→外野手)、元ヤクルトの福地寿樹(二塁手→外野手)など。現役選手では、ロッテのサブロー(遊撃手→外野手)、DeNAの金城龍彦(三塁手→外野手)、オリックスの赤田将吾(二塁手→外野手)、楽天の鉄平(遊撃手→外野手)、森山周(遊撃手・二塁手→外野手)、日本ハムの陽岱鋼(遊撃手・三塁手→外野手)、ソフトバンクの吉村裕基(三塁手→一塁手→外野手)、福田秀平(遊撃手→外野手)、中日の堂上剛裕(一塁手→外野手)、巨人の大田泰示(三塁手・一塁手→外野手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1960年

    1960年から見た西村徳文西村徳文

    1月9日 - 西村徳文、元プロ野球選手1960年 フレッシュアイペディアより)

  • 1月9日

    1月9日から見た西村徳文西村徳文

    1960年 - 西村徳文、元プロ野球選手・監督1月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 日本選手権シリーズ

    日本選手権シリーズから見た西村徳文西村徳文

    西村徳文(2010年、ロッテ)※リーグ3位から(クライマックスシリーズ突破)のシリーズ制覇。日本選手権シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た西村徳文西村徳文

    西村徳文内野手(1981年ロッテオリオンズドラフト5位)JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 角中勝也

    角中勝也から見た西村徳文西村徳文

    4月14日にジョシュ・ホワイトセルと入れ替わって昇格すると、同年4月21日の対埼玉西武ライオンズ戦(QVCマリンフィールド)から角中が打点を挙げた試合は13連勝と勢いに乗り、チームのシーズン序盤を牽引。その勢いは交流戦でも止まらず交流戦首位打者を獲得し、独立リーグ出身者として初のオールスターゲームに選出される。2012年の首位打者争いは、角中と中島裕之(埼玉西武ライオンズ)が牽引していた。中島は夏場に調子を上げて打率.330に乗せ、秋まで好調を維持して一時は他の打者に3分近い差をつけていたが、9月に入って左脇腹を痛め、打率.310台まで急降下、さらに9月27日からは欠場する。一方、調子を落として一時は打率3割を切った角中は、秋から復調して1ヶ月で1分近く打率を上げていた。迎えた10月1日・2日の対西武戦で2試合連続の猛打賞を記録して中島の打率を上回り、首位打者に躍り出た。首位打者の座から陥落した中島は10月6日の対ロッテ戦で先発出場するも、監督の西村徳文はこの試合で角中を欠場させ、先発投手の藤岡貴裕に中島を敬遠するよう指示した。中島は抗議の意であえて空振りした。角中は、首位打者を取らせてくれようとした西村に対し「自分のために嫌われ役になってくれて、ありがたい」とコメントしている。中島は10月7日の対オリックス戦にも先発出場したが、前述の脇腹痛によって無安打に終わり、角中の首位打者が確定した。中島は「おめでとうと言いたい」と角中の首位打者獲得を称えるコメントを出した。角中勝也 フレッシュアイペディアより)

  • 初芝駅

    初芝駅から見た西村徳文西村徳文

    駅名から各地からマリーンズファンがたびたび訪れ、密かな聖地となっている。また、駅前には、ロッテリアがあったり、初芝駅のかつての駅名は「西村駅」で、こちらもロッテで活躍し同球団の監督経験もある西村徳文が関係している。初芝駅 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た西村徳文西村徳文

    千葉マリンスタジアムでの開催が含まれるため、2005年以来5年ぶりに屋外球場で開催される。また、中日の落合博満監督とロッテの西村徳文監督は、1982年から1986年までロッテのチームメイトだったため、2000年の長嶋茂雄(巨人監督)と王貞治(福岡ダイエー監督)以来の現役時代に同僚だった監督同士のシリーズ対戦となった。2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 平井光親

    平井光親から見た西村徳文西村徳文

    1991年の首位打者は2位の松永浩美とわずか4毛差で、規定打席ちょうどの403打席だった(の白仁天、の藤田平に次いで日本プロ野球史上3例目)。また、シーズン111安打は2リーグ制導入以降、首位打者の安打数としては史上最少であった。この首位打者獲得に際しては、松永は10月6日に全日程を終了して484打数152安打で打率.3140であり、その時点で平井は342打数108安打で打率.3158で松永を上回っていたが、この時点での打席数は383打席であり、シーズンの規定打席に20打席不足していた(松永も自身の最終戦は守備についただけで打席には立っていない)。ロッテは残り7試合を残していたが、平井は最初の4試合で17打席に立ち9打数3安打4四球4犠打で乗り切り、打率.3162となった。残りの3打席で2打数無安打なら打率.3144で平井が首位打者、3打数無安打なら打率.3136に後退し、松永が首位打者という状況であった。シーズン128試合目の1回裏に先頭の西村徳文が塁に出ると平井は代打で登場して送りバントを決め、事実上首位打者を確定させた(第1打席を終了した時点で交代していたとしても、首位打者の例外規定で規定打席に不足する2打席分を凡打と計算しても松永を上回るため)。残りの2打席は凡退して規定打席にちょうど到達し、結果.3144で首位打者となった。平井光親 フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示

「西村徳文」のニューストピックワード