56件中 31 - 40件表示
  • 有藤通世

    有藤通世から見た西村徳文西村徳文

    現役を引退した1986年オフ、監督を務めていた稲尾和久が解任され、稲尾の後任には現役を引退したばかりの有藤が指名された。就任直後に主砲の落合博満が中日ドラゴンズに移籍、さらに1987年オフにはレロン・リーも退団し、長距離打者を欠いたチームは急速に弱体化(落合とは確執があったために放出し、二塁手だった西村徳文を三塁手にコンバート、入団2年目の古川慎一を4番打者にせざるを得なくなった)。落合の著書によると「監督を引き受ける条件の一つに私(落合)をトレードで出すのが条件」と記している。リーの妻である美樹リーの著書によると「リーを使わない」「仲の悪い落合の放出」の2つを監督就任の条件に挙げたという。また有藤は「落合は確かに良く打つが、走れない、守れないではチームプレーが成り立たない。彼がいなくなって、ウチのピッチャーは喜んでいる」と述べている。在任中の成績は5位→6位→6位と低迷、それまで最下位経験がほとんどなかった(フルシーズンでは1983年のみ)ロッテにとって2年連続最下位は球団史上初の屈辱となり、3年で退任することとなった。有藤通世 フレッシュアイペディアより)

  • 10.19

    10.19から見た西村徳文西村徳文

    ロッテの先発の園川一美に5回まで2安打に抑えられていた近鉄は、6回表二死一・二塁からベン・オグリビーの適時打で同点に追いつく。続く7回表には、一死から吹石、二死から真喜志がいずれもソロ本塁打を放ち2点を勝ち越した。一方、ロッテも7回裏、先頭打者の岡部明一の本塁打、その後、近鉄が投手を先発高柳出己に代えた吉井に対して、二死から西村徳文の適時打で同点に追いついた。10.19 フレッシュアイペディアより)

  • 角中勝也

    角中勝也から見た西村徳文西村徳文

    は、4月14日にジョシュ・ホワイトセルと入れ替わって昇格すると、同年4月21日の対埼玉西武ライオンズ戦(QVCマリンフィールド)から角中が打点を挙げた試合は13連勝と勢いに乗り、チームのシーズン序盤を牽引。その勢いは交流戦でも止まらず交流戦首位打者を獲得し、独立リーグ出身者として初のオールスターゲームに選出される。2012年の首位打者争いは、角中と中島裕之(埼玉西武ライオンズ)が牽引していた。中島は夏場に調子を上げて打率.330に乗せ、秋まで好調を維持して一時は他の打者に3分近い差をつけていたが、9月に入って左脇腹を痛め、打率.310台まで急降下、さらに9月27日からは欠場する。一方、調子を落として一時は打率3割を切った角中は、秋から復調して1ヶ月で1分近く打率を上げていた。迎えた10月1日・2日の対西武戦で2試合連続の猛打賞を記録して中島の打率を上回り、首位打者に躍り出た。首位打者の座から陥落した中島は10月6日の対ロッテ戦で先発出場するも、監督の西村徳文はこの試合で角中を欠場させ、先発投手の藤岡貴裕に中島を敬遠するよう指示した。中島は抗議の意であえて空振りした。角中は、首位打者を取らせてくれようとした西村に対し「自分のために嫌われ役になってくれて、ありがたい」とコメントしている。中島は10月7日の対オリックス戦にも先発出場したが、前述の脇腹痛によって無安打に終わり、角中の首位打者が確定した。中島は「おめでとうと言いたい」と角中の首位打者獲得を称えるコメントを出した。この年は最終的に128試合に出場し、独立リーグ出身者として初の規定打席到達を果たしたほか、打率.312で公式戦首位打者のタイトルを獲得した。石川県出身のプロ野球選手としては松井秀喜以来の首位打者であった。また、独立リーグ出身者としては初めてベストナインにも選ばれ、大きな飛躍の一年となった。角中勝也 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の野球

    1997年の野球から見た西村徳文西村徳文

    5月20日 - ロッテの西村徳文が今季限りで現役引退することが明らかになる。1997年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • HAWKS BASEBALL PARK

    HAWKS BASEBALL PARKから見た西村徳文西村徳文

    西村徳文(ロッテ球団製作中継解説兼〔当番組の中継パート及びTwellVで放送〕)HAWKS BASEBALL PARK フレッシュアイペディアより)

  • 阿波野 秀幸

    阿波野秀幸から見た西村徳文西村徳文

    初奪三振:同上、1回表に西村徳文から阿波野秀幸 フレッシュアイペディアより)

  • ビックリマン

    ビックリマンから見た西村徳文西村徳文

    また一般発売されなかった商品のシールも非常に高額で取引されることもある。特に「スーパーオリオンシリーズ」と呼ばれる1988年にロッテオリオンズの本拠地川崎球場でファンのみに配布されたものは、希少価値が高い。当時の有藤道世監督の他、牛島和彦、村田兆治、荘勝雄、上川誠二、愛甲猛、横田真之、古川慎一、西村徳文、水上善雄の9人の選手がキャラクターのモデルとなった。「パート1」と「パート2」のヴァージョン違いがあり、市販はされていない。ビックリマン フレッシュアイペディアより)

  • 山本一義

    山本一義から見た西村徳文西村徳文

    大野豊のプロ野球入りは、出雲市で開催された山本と池谷公二郎のカープ野球教室が切っ掛け。古葉の後継監督と見なされていたが、古葉が好成績を続けたため、広島を退団し、西本幸雄に招かれ1980年から1981年まで近鉄バファローズ二軍打撃コーチを務めた。1981年オフ、ロッテオリオンズは、山内一弘の後任監督選定に難航し、最初張本勲に要請したが断られ、続いて有藤道世のプレイングマネージャーも流れ、オーナーの重光武雄が旧知の鶴岡に次期監督を相談、大学の先輩である鶴岡の推薦により山本が監督に就任した。1982年は落合博満の三冠王獲得に尽力した。1983年は球団史上初の最下位となり解任されたが、シーズン後半は、高沢秀昭やスイッチヒッターに転向させた西村徳文ら、若手を我慢して起用して育てた。退任後は鶴岡の計らいで1984年から1985年まで南海ホークス一軍打撃コーチを務め、山本和範・吉田博之らを育てた。南海退団後は1986年から1988年からまで関西テレビ、1989年から1993年まで中国放送の野球解説者、1986年から1992年までサンケイスポーツの野球評論家、カープアカデミーコーチ(1991年 - 1993年。RCC解説者と並行して活動)を経て、1994年から1998年まで古巣・広島の一軍チーフ兼打撃コーチを務めた。金本知憲・木村拓也の育成も有名だが、キャンプで打球が前に飛ばなかったルイス・ロペスをセ・リーグ史上ただ一人、来日1年目から2年連続3割100打点(打点王)を獲らせるなど多くの強打者を育成した。金本は「三村さんと山本一義さんは野球界の恩人」と著書に記している。山本一義 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年

    1960年から見た西村徳文西村徳文

    1月9日 - 西村徳文、元プロ野球選手1960年 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た西村徳文西村徳文

    他には、元南海の広瀬叔功(遊撃手→中堅手)、元阪神の真弓明信(遊撃手→二塁手→外野手)、元ロッテの西村徳文(二塁手→三塁手→外野手)、サブロー(遊撃手→外野手)、元横浜の波留敏夫(遊撃手→外野手)、金城龍彦、(三塁手→外野手)、元巨人の鈴木尚広(遊撃手→二塁手→外野手)、元ヤクルトの福地寿樹(二塁手→外野手)、元日本ハムの赤田将吾(二塁手→外野手)、元楽天の森山周(遊撃手・二塁手→外野手)、元オリックスの鉄平(遊撃手→外野手)など。現役選手では、DeNAの梶谷隆幸(遊撃手→外野手)、桑原将志(二塁手→外野手)、日本ハムの西川遥輝(二塁手→外野手)、大田泰示(三塁手・一塁手→外野手)、ソフトバンクの吉村裕基(三塁手→一塁手→外野手)、福田秀平(遊撃手→外野手)、巨人の堂上剛裕(一塁手→外野手)、立岡宗一郎(三塁手→外野手)、陽岱鋼(遊撃手・三塁手→外野手)、広島の鈴木誠也(遊撃手→外野手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「西村徳文」のニューストピックワード