56件中 41 - 50件表示
  • 横田真之

    横田真之から見た西村徳文西村徳文

    落合が中日に移籍したは背番号が2となり、監督の有藤道世の方針で三番を任されるようになった。プレッシャーもあって打率が2割4分台まで低下したが、一番・西村徳文の後の二番に戻ると打撃が復調し、シーズン通算では打率.284と前年の2倍以上の26盗塁を残している。横田真之 フレッシュアイペディアより)

  • 高畠導宏

    高畠導宏から見た西村徳文西村徳文

    引退後は南海・ダイエー(1973年二軍打撃コーチ, 1974年 - 1977年・1991年 - 1994年一軍打撃コーチ)、ロッテ(1978年 - 1979年二軍打撃コーチ, 1980年 - 1983年・1986年・1988年・2002年一軍打撃コーチ, 1984年 - 1985年・1987年一軍打撃兼外野守備コーチ, 1989年スカウト)、ヤクルト(1990年一軍ヘッド兼打撃コーチ)、中日(1995年二軍打撃コーチ, 1996年 - 1997年一軍打撃コーチ, 1998年調査役)、オリックス(1999年二軍打撃コーチ, 2000年 - 2001年一軍打撃コーチ)でコーチ・フロントを歴任。南海コーチ時代は藤原満に対して、グリッブが太く1キロ以上の重量があるタイ・カッブ式バットを特注で制作し、バットを振るのではなく、ボールにバットをぶつけてゴロやライナーを出やすくし、アベレージヒッターに育て上げた。オールスターで野村が捕手に専念する年(かつ前年にチームがAクラスだった場合)は、野村に代わってパ・リーグのコーチを務めた。1977年、野村監督解任に伴い江夏豊、柏原純一と共に球団に反旗を翻す。1978年からは選手専任となった野村と共にロッテへ移籍。野村はわずか1年でロッテを退団するが、高畠はその後も残った。在任中は落合博満に対して、落合の性格を踏まえた上で「グリッブの高さを10cmほど高くしたらどうだ」とアドバイス。右打者だった西村徳文にはスイッチヒッターへの転向を勧め、1年目の秋季キャンプから2ヶ月あまり、川崎球場そばにあったビジネスホテルのシングルルームに泊まり込み、朝・昼・晩つきっきりで指導。水上善雄にはストレート・変化球での打撃の統計をとり、変化球に強いことを実証、認識させた上で、全打席変化球が来るというヤマを張るよう指示。高畠は投手の癖盗みにも長けていた為、ベンチから声を出すことで、次に投げてくる球種を打席に入っている水上に伝えていた。あまりにしつこく、癖がバレてしまう為、西武戦で東尾修がマウンド上からベンチの高畠を睨み付けた。ヤクルトコーチ時代には飯田哲也を育てたが、野村との確執が生じる。大学の後輩となる相手チームの選手、コーチが試合前に高畠に挨拶に来るのを気に入らなかったり、ホームランを打った選手が、ベンチで高畠に感謝の礼を言うと、野村からは「アホ!!、タカに教えてもらってどうするんや!?、自分で打て!!」と怒鳴ったり等、南海時代から非常に僻みっぽくなってしまい性格が変わってしまったという。ダイエーには恩師・鶴岡の誘いで復帰し、吉永幸一郎・浜名千広・小久保裕紀を育てた。中日コーチ時代に指導した山崎武司は著書の中で「バッティングの面では高畠康真さんに感謝しています。指導は分かりやすく、人の意見を聞き入れない自分に対して懇切丁寧に多くの事を教えてくださいました。長距離ヒッターとして長くやってこられた背景には、やっぱり高畠さんの存在も影響していたと思っています。」と記している。オリックスコーチ時代には田口壮に対して、自身の精巣を揺らすような感じでいれば、リラックスして打席に立てるという一風変わったアドバイスをし、「ちんぶら打法」と命名。ロッテコーチ時代(2期目)にはサブローにも同様のアドバイスしているが、その時は「自分の一物が足に当たるくらい腰を早く回せ」というものだった。1998年に日本大学の通信課程に入学し、教員免許を取得。2003年春より筑紫台高等学校(福岡県太宰府市)の教員になり高校野球監督を目指していたが、2004年7月1日、膵臓癌のため東京都新宿区の病院で死去。。高校球児を率い、監督として甲子園球場のグラウンドに立つ夢は叶わなかった。高畠導宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見た西村徳文西村徳文

    正月返上の猛特訓で三塁守備をものにし、、内野でもレギュラーとして定着。内野手にコンバートされた1年目にも関わらず、ダイヤモンドグラブ賞を外野手に続いて獲得した。外野手・内野手両方での受賞経験は史上初だった。後にロッテの西村徳文も内野手→外野手で受賞するが、外野手→内野手の順での受賞は2012年に稲葉篤紀が一塁手として受賞するまで唯一の存在であった。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 串間市

    串間市から見た西村徳文西村徳文

    西村徳文(プロ野球選手)串間市 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た西村徳文西村徳文

    日本シリーズ第2戦にて、中田翔が死球を受け4回裏に途中交代した際、それまで稲葉が守っていた一塁手にマイカ・ホフパワーが入ったため、4回裏よりこの年初めて右翼手を守った。その他にも日本シリーズでは、稲葉は打率.391で首位打者に輝くなどの活躍を魅せ、敢闘選手賞を獲得した。この年は2009年以来3年ぶりにゴールデングラブ賞を獲得したが、一塁手部門としては自身初となった。パ・リーグの選手としては内野・外野の両方でゴールデングラブ賞を獲得したのは西村徳文(1985年二塁手部門、1990年外野手部門で獲得)以来であり、一塁手部門としては初。外野手から内野手の順でゴールデングラブ賞を受賞したのは、高田繁に続き2人目である。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国有鉄道

    日本国有鉄道から見た西村徳文西村徳文

    西村徳文(元プロ野球選手・監督)日本国有鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田泰光

    豊田泰光から見た西村徳文西村徳文

    2010年は前田健太が沢村賞、西村徳文が正力松太郎賞を受賞したが、豊田は今年1年の成績だけで授賞させるべきではないし、2人とも来年取れるように頑張りますと宣言して賞を辞退したほうがいいと述べている。その言葉通り翌年度前田は負け越し、西村率いるロッテは最下位に沈んだ。豊田泰光 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーベースボール (テレビ朝日系列)

    スーパーベースボール (テレビ朝日系列)から見た西村徳文西村徳文

    西村徳文(2013年。後にオリックスヘッドコーチ)スーパーベースボール (テレビ朝日系列) フレッシュアイペディアより)

  • SAMURAI BASEBALL

    SAMURAI BASEBALLから見た西村徳文西村徳文

    西村徳文(2015年。千葉ロッテ球団制作中継に出演。現:オリックスヘッドコーチ)SAMURAI BASEBALL フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見た西村徳文西村徳文

    牽制でベースに戻ることひとつ取っても、研ぎ澄まされたセンスと能力を持ち合わせており、盗塁の失敗率が低い。また、スタートを判断する嗅覚に優れている。2015年は膝の故障の影響で11盗塁とその数は減少したが、この年のオフに上述のPRP注射を受けたことに加えて膝に負担のかからない走り方をマスターしたことで。2016年9月6日に50盗塁に到達。プロ野球で35歳以上の選手が50盗塁以上を記録した前例は、1983年に福本豊が35歳11か月で54盗塁したのみで、糸井は33年振り史上2人目の快挙を成し遂げた。福本、大石大二郎の34歳11ヶ月を上回る35歳2ヵ月での受賞で、史上最年長盗塁王となった。その背景には、その年に就任したヘッドコーチの西村徳文と打撃コーチの高橋慶彦から、「もっと走れる」と言われ上限を定めずに走るようになった影響がある。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「西村徳文」のニューストピックワード